請求管理サービス「MakeLeaps」が新機能「取引ポータル」を追加

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
請求管理サービス「MakeLeaps」が新機能「取引ポータル」を追加

請求管理サービス MakeLeapsの「取引ポータル」機能について

リコーグループのメイクリープス株式会社は、クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps」に新機能「取引ポータル」を追加しました。 この機能は、電子帳簿保存法に準じた見積書や請求書を取引先がWeb上で直接閲覧・管理できるように設計されており、帳票の一元管理とセキュリティの強化が可能です。さらに、過去1年間の書類を一括ダウンロードできるため、経理・総務担当者の業務負荷が軽減されます。

関連▶請求書をカード払いにするメリット一覧

このニュースのポイント
  • 見積書や請求書の一元管理と高セキュリティ
  • 書類は1年間Web上で閲覧・保存可能
  • 帳票書類の完全電子化への対応

 

<以下リリース>

クラウド型請求管理サービス MakeLeaps 新機能「取引ポータル」機能を提供開始

発行された帳票を1年間閲覧・保存可能 専用受信箱で高いセキュリティを担保

リコーグループのメイクリープス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:岡田 泰、以下メイクリープス)が提供するクラウド型請求管理サービス「MakeLeaps」は、新機能「取引ポータル」を提供開始したことをお知らせいたします。

従来の仕様では、電子帳簿保存法に則った送付は「メール送付」形式のみであり、メールに都度DLリンクが添付される形式のみでした。

取引ポータルを使用することで「MakeLeaps」で作成した見積書や請求書などの帳票伝票を、受け取り手の取引先はWeb上にて一括閲覧・ダウンロードすることができるようになり、電子帳簿の管理がより確実に行えるようになります。

インボイス制度や改正電子帳簿保存法により、バックオフィス業務の電子化は急務となりました。経理・総務担当者の負荷軽減を実現することで、日本企業の事業発展に貢献いたします。

取引ポータル「取引先受信箱」サンプル画面

「取引ポータル」のメリット

  1. 情報の可視化
    過去1年間に受領した書類一覧の閲覧・一括ダウンロード可能。また、請求書の支払い・支払いステータスも管理できます (※1)
  2. メールよりも安全
    不特定のサーバーを仲介する電子メールは、第三者による改ざんや情報漏洩のリスクがあります。ポータルだと閲覧する時にSSLで通信データが暗号化され、かつセキュリティ対策の取れた環境に置かれるので、データを傍受されるリスクが低減します。
  3. 容量制限の心配要らず
    取引先受信者の方はメールアドレスを認証するだけでポータルへアクセスすることができるようになります。メール添付の容量制限も、受信ボックスの空き容量も、もう心配要りません。
    ※1 カード決済機能利用時のみ

対象プラン・費用

「MakeLeaps」ご契約の方皆様が無料でご利用できます。

ご利用開始方法

別途お申し込みは必要ありません。
事前に設定が必要となります。詳細は下記のヘルプセンターをご覧ください。
取引ポータル by MakeLeapsとは[送付側]  https://help.makeleaps.jp/ja/articles/8823886
取引ポータル by MakeLeapsを利用する [受領側] https://help.makeleaps.jp/ja/articles/8687205

年々高まる帳票書類の電子化に対応:販売管理〜請求書の作成、送付、入金管理まで一元管理

電子帳簿保存法の認知拡大や普及に伴い、見積書や請求書など書類の電子化への期待も年々高まっています。しかし、印刷・原本送付の慣習があるなど、請求関連業務は紙文化が根強く残っているのが現状です。

その理由のひとつとして、帳票・伝票は受取手である取引先の希望により電子化に切り替えることが難しいことなども挙げられます。そのため、請求関連書類は完全に電子化へ移行することは非常に難しく、経理担当者の業務負荷を押し上げ、押印や印刷などの作業がテレワーク実現の妨げになっていました。

「MakeLeaps」を利用することで、今まで手作業で行っていた、印刷・封入・切手貼付・ポスト投函などの郵送に必要な一連の業務を電子送付することができ、経理担当者の工数の削減や出社の必要性を下げることができます。作成した見積書や請求書のデータは一元管理できるため、電子帳簿保存法に準じた書類の送付側の管理にも対応しています。

会社概要

  • 会社名:メイクリープス株式会社
  • 代表:代表取締役社長 岡田 泰
  • 本社:東京都目黒区中目黒3-1-5 YK中目黒ビル2F
  • ホームページ:https://www.makeleaps.jp
  • 事業内容:ビジネス向けのクラウド型請求管理サービス『MakeLeaps』の開発・運営

※本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

※情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

※リリース内に記載の価格は、全て税別表記です。

<以上>

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ