「ロボデブ」のメリットは~ROBOT PAYMENTの業務プロセスを自動化するBPaaS

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
「ロボデブ」のメリットは~ROBOT PAYMENTの業務プロセスを自動化するBPaaS

ROBOT PAYMENTが「ロボデブ」で業務フロー自動化支援サービスを提供開始

請求書カード払いサービスなど法人向けの決済事業を主に展開する株式会社ROBOT PAYMENTが、業務プロセス自動化(BPA)を支援する新たなBPaaS事業として、業務フロー自動化支援サービス「ロボデブ」の提供を開始します。

このサービスは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を目的とし、専門的なIT技術を活用したリカーリング型の支援を行うことで、業務の効率化やコスト削減を実現します。

「ロボデブ」の4つのメリット

  1. 決済の専門知識とスキルの提供
  2. 柔軟性とスケーラビリティ
  3. コスト削減
  4. プロジェクトリスク分散

「ロボデブ」は専門的なサポートサービスも提供

「ロボデブ」は、専門的なエンジニアや技術者が多数在籍しており、プロジェクトの規模やフェーズに応じた柔軟なサポートを提供、決済サービスに関する専門知識と経験を持つスタッフも協力して、高度な技術支援が提供されます。

ROBOT PAYMENTは、「ロボデブ」を通じて、間接人員の最適化やシステム統合によるデータの一元化に貢献し、企業のDX推進を包括的に支援するとしています。

このニュースのポイント
  • ROBOT PAYMENTが業務フロー自動化支援サービス「ロボデブ」を開始
  • 専門的なIT技術を活用し、企業のDX推進を包括的に支援
  • プロジェクトの規模やフェーズに応じた柔軟なサポートを提供

 

関連▶ロボットペイメント「1click後払い(1クリック後払い)」のメリットやデメリット

<以下リリース>

ROBOT PAYMENT、業務フロー自動化支援サービス「ロボデブ」の提供開始

IT技術を活用したリカーリング型の業務フロー自動化支援

株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下 当社)は、2023年12月期通期決算(2月14日発表)にて、BPA(※1)を支援するBPaaS(※2)事業の開始を発表しました。第一弾として、業務フロー自動化支援サービス「ロボデブ」の提供を開始し、企業のDX推進を包括的に支援します。

当社のBPaaS戦略について

日本の一人当たり労働生産性がOECD加盟38カ国中31位(2022年)という低水準であり(※3)、さらに生産年齢人口である15〜64歳人口の現象が中長期的に予測される中(※4)、DX(デジタルトランスフォーメーション)が急務となっています。これらの社会的背景から、当社は企業のDX推進を包括的にバックアップするためBPaaS戦略を策定しました。

当社は、創業当初から運営している決済サービスを中心に、「サブスクペイ」「請求管理ロボ」「請求まるなげロボ」「1click後払い」等のSaaSを展開し、企業のお金周りの課題解決や業務改善に貢献しています。

今後、当社のIT技術を活用したリカーリング型の業務フロー自動化支援を行う「ロボデブ」の提供を開始し、間接人員の最適化およびシステム統合によるデータの一元化に貢献します。

「ロボデブ」について

「サブスクペイ」や「請求管理ロボ for Salesforce」等のクラウド開発経験を積んだエンジニアの専門性の高いスキルを提供することで技術支援を行います。プロジェクトの規模やフェーズに合わせて、必要なエンジニアの人数や稼働時間を調整します。

例:システムエンジニア(上流対応)が週2人日/月(64h/月相当)稼働する場合 40万円〜/月

※参考価格となりますので、要件やスキルにより変動する可能性があります。

「ロボデブ」のメリット

1. 決済の専門知識とスキルの提供

専門的なエンジニアや技術者が多数在籍しているため、プロジェクトに必要な高度な知識とスキルを迅速に提供します。蓄積されるノウハウによって内製化を進めることも可能です。

2. 柔軟性とスケーラビリティ

プロジェクトの拡大・縮小に合わせて柔軟に人員を調整できます。繁忙期や一時的な業務増加にも迅速に対応します。

3. コスト削減

採用や教育・研修、福利厚生などにかかるコストを削減し、お客様がコア業務に集中できる環境を整えます。

4. プロジェクトリスク分散

豊富な経験と専門知識を持つ人材がプロジェクトに参画するため、技術的なリスクを軽減することができます。また、プロジェクトの遅延やトラブルにも当社が迅速に対応します。

※1 BPA(Business Process Automation)とは、社内の業務フローを自動化・カスタマイズすること。
※2 BPaaS(Business Process as a Service)とは、ITを活用して業務をアウトソーシングし、業務プロセスを効率化するソリューションのこと。
※3 公益財団法人 日本生産性本部「労働生産性の国際比較 2023」(2023年12月22日)https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/report2023.pdf
※4 厚生労働省「将来推計人口(令和5年推計)の概要」(2023年5月8日)https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/001093650.pdf

株式会社ROBOT PAYMENT 会社概要

株式会社ROBOT PAYMENT 会社概要

<以上>

法人向け後払いサービス「請求書カード払い」の利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ