「DGFT請求書カード払い for CAPIMA 」がサービス開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
「DGFT請求書カード払い for CAPIMA 」がサービス開始

「DGFT請求書カード払い for CAPIMA」について

アバンダンティアキャピタル株式会社と株式会社デジタルガレージと提携し、機関投資家などプロ投資家にのみ販売されてきたファンド案件を直接購入できる貸付(融資)型クラウドファンディングプラットフォーム「CAPIMA」において主に中小企業におすすめのビジネスカードを活用した資金繰り改善ができるサービス「DGFT請求書カード払い」の取り扱いを開始しました。

個人事業主も使えるDGFT請求書カード払いは事業者間におていやり取りされる請求書の支払いを銀行振り込みからクレジットカード払いに簡単に切り替えることができ、最大60日間の支払い延長が可能となっていることから、主に中小企業の資金繰り改善や業務効率化に貢献し、事業成長を支援できるサービスとなっています。

株式会社デジタルガレージは大塚商会と協業し「DGFT請求書カード払い for 大塚商会」を提供、そして株式会社MCデータプラスと提携し「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」を提供しています。

関連▶DGFT請求書カード払いの評判は審査が早く当日から使える!

このニュースのポイント
  • キャピマ、新たな請求書カード払いサービス提供
  • 支払い期日最大60日間の延長可能
  • 資金繰り改善と業務効率化を目指す

 

<以下リリース>

キャピマ、事業者向けに請求書のカード支払いサービスを開始。最大60日の支払い延長が可能に

貸付型クラウドファンディングプラットフォーム「CAPIMA(キャピマ)」を運営するアバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区:代表取締役 舩越亮)は、株式会社デジタルガレージ(東証プライム 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁)のサービスである「DGFT請求書カード払い」の提供を開始しました。

これによりBtoBの請求書をクレジットカード支払いにでき、支払い期日を最大60日間延長できるようになります。本サービスを提供することでスタートアップ・中小企業の資金繰り改善や業務効率化に貢献し、事業成長への支援をより一層強化してまいります。

「DGFT請求書カード払い for CAPIMA 」サービスサイト

サービス内容

1. 導入背景

貸付(融資)型クラウドファンディングは、お金を借りたい事業者と資産運用先を検討している個人投資家をマッチングさせる金融仲介サービスです。事業性や成長速度は十分にあるものの、金融機関からの借入やスケジュールが難しいという事業者の活用も多く見られます。当社では一般的な不動産案件に限らず、クリーンエネルギー発電設備の開発案件や成⻑企業、海外事業を展開する企業など、幅広い融資先を持っています。

「DGFT請求書カード払い for CAPIMA 」の提供により、あらゆる事業者の資金繰り課題に対し新たな解決策をご提案できることで、新規事業の立ち上げや事業拡大の支援を強化し、スタートアップや中小企業の拡大・発展に貢献してまいります。

2. サービス特徴

「DGFG請求書カード払い for CAPIMA」は、株式会社デジタルガレージが提供している請求書支払いプラットフォーム「DGFG請求書カード払い」を基盤としたBtoB決済サービスです。

本サービスは、銀行振込の請求書をJCB/Visa/Mastercard/Diners Clubブランドのクレジットカードでの支払いに切り替えることができ、実質的な支払い期日を繰延しできます。また取引先がカード決済に対応していない場合にも利用可能です。季節要因による資金不足や突発的な資金調達などの資金繰りの改善や、支払いをクレジットカードに集約させることによる買掛管理の業務効率化に繋がります。

3. メリット

(1) あらゆる請求書のお支払いを最大60日間先延ばしすることが可能

請求書の支払いを銀行振込からクレジットカード払いに切り替えることで、入金は期日通りに行いつつ、資金繰りを改善し事業を加速できます。

※実際の繰延べ日数は、カード支払いを申請した日時や、ご利用されるクレジットカードの引落日によって異なります

※繰延べの対象となるのは、クレジットカードによる支払いに限ります(デビッドカードはご利用できますが繰延べできません)

(2) クレジットカードでの支払いができない請求書もお手持ちのカードで支払い可能

材料費や仕入れ、広告費、賃料など、銀行振り込みのみの請求書もクレジットカードでの支払いにできるため、振り込みや管理の工数が削減されます。

※法人カードだけでなく、個人で発行したカードもご利用いただけます

(3) 主要な国際ブランドに対応

JCB/Visa/Mastercard/Diners Clubブランドのクレジットカードに対応しているので、お手持ちのカード毎に使い分けが可能です。

4. 利用料金

導入費や固定費はかかりません。無料で始められ、カード支払いに切替えた請求金額(税込)の3%が利用手数料となります。

※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります

CAPIMAでは、今後も熱意に溢れ実直な経営者を支援する取り組みを行い、事業成長のサポートを進めてまいります。

CAPIMA(キャピマ)について

CAPIMAとは、伝統ある金融機関で実績を持つメンバーが、金融商品を厳選して提供する貸付(融資)型クラウドファンディングプラットフォームです。機関投資家などプロ投資家にのみ販売されてきたファンド案件を直接購入できるため、一般的な不動産案件に限らず、クリーンエネルギー発電設備の開発案件や成長企業、海外事業を展開する企業への短期資金投資案件など、個人投資家のニーズに合わせて分野を絞らず幅広い投資が可能です。

アバンダンティアキャピタル株式会社について

『資本市場に風穴を開け 投資の民主化を実現する』をビジョンに掲げ、資産運用に悩んでいる多くの方々に門戸を開くべく、一般の方でも資本市場へのアクセスを可能にする世界を目指しています。

  • 会社名:アバンダンティアキャピタル株式会社(https://abundantia-capital.com/
  • 所在地:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル
  • 代表者:舩越 亮
  • 設 立:2019年9月20日
  • 資本金:69,000,000円
  • 第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3347号
  • 加入協会:一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

【免責事項等】

当プレスリリースは、CAPIMAにおけるサービスのリリース情報を公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。CAPIMAで取り扱うファンドは、元本が保証されているものではなく、欠損が生じる可能性があります。実際の投資に際しては、CAPIMA記載の注意事項・リスク、匿名組合契約約款、締結前交付書面等をご確認のうえ、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

<以上>

法人向け後払いサービス「請求書カード払い」の利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ