デジタルガレージが「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」をリリース

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 更新 公開 請求書カード払い
デジタルガレージが「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」をリリース

「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」サービスとは

法人および個人事業主向けに請求書カード払いサービスを提供する株式会社デジタルガレージが、建設事業者の資金繰り支援を目的としたB2B決済サービス「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」の提供を開始しました。

「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」は、建設事業者が抱える資金繰り課題への対応として、人件費や外注費の請求書支払いを実質的に繰延べることが可能となっており「DGFT請求書カード払い」を基盤とした本サービスは、建設業界特有の受発注から代金入金までの長期間をカバーし、資金繰りの柔軟性を高めます。

また、「建設サイト早払い」サービスを利用している建設事業者向けに中小企業向け法人カードでの決済を可能とすることで、業務効率化と省人化を推進します。

関連▶DGFT請求書カード払いの評判を口コミから分析

このニュースのポイント
  • 建設事業者の資金繰りを支援する新サービス
  • 請求書支払いの実質的繰延べが可能に
  • 建設業界の生産性向上とDX推進に貢献

 

<以下リリース>

デジタルガレージ、建設事業者の資金繰りをサポートするB2B決済サービス「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」を提供開始

人件費や外注費の請求書支払を実質的に繰延べ

株式会社デジタルガレージ(東証プライム 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)は、株式会社MCデータプラス(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:瀧田 晃一、以下:MCデータプラス)が提供するサービス「建設サイト早払い」の登録建設事業者向けに、資金繰りを支援する、B2B決済サービス「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」(https://lp.dginvoice.jp/kensetsu-site-hayabarai/)の提供を開始しましたのでお知らせいたします。

「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」は、2022年よりDGが展開しているサービス「DGFT請求書カード払い」(※1)を基盤とした、建設事業者向けB2B決済サービスです。本件は当社グループ戦略「DG FinTech Shift」で重要な位置付けとなる、B2B市場向け決済サービスのさらなる拡大を目指す取り組みです。

▽「DGFT 請求書カード払い for 建設サイト早払い」サービスサイト

※ 本リリース後半の<ご参考資料>もぜひご参照ください。

(※1)「DGFT請求書カード払い」について

銀行振込の請求書をクレジットカードでの支払いに切り替えることで、実質的な支払い期日を繰延できるB2B決済サービスです。銀行振込の支払いを、JCB/Visa/Mastercard®/ダイナースクラブのカード(JCBブランドで発行されたプリペイドカードを除く)での支払いに切り替えることで、実質的な支払い期日を最大60日程度繰延するサービスです。取引先がカード決済に対応していない場合でも利用できます。季節要因による定期的な資金不足や突発的な資金調達など、中小事業者の資金繰りをサポートしています。

「建設サイト早払い」について

 MCデータプラスが展開する建設現場の業務効率化と省人化を実現するサービス「建設サイト・シリーズ」をご利用中の企業様に向けたサービス「建設サイト早払い」は、支払い期日前の請求書(売掛金)を、発注元企業の承諾をもってMCデータプラスが買い取ることにより、支払い期日前に現金化できる「3者間ファクタリング方式」の請求書買取サービスです。

本件サービス開発の背景

建設業界では、資材の高騰や人件費の上昇等が収益を圧迫し、慢性的な課題とされています。また、建設業の特性上、受発注から工事完了後代金が入金されるまでの期間が長くなるケースも多く、その間も必要経費の立替払いは毎月発生する点、特に中小事業者においては資金調達手段が限られる点で、資金繰りについても課題とされています。

加えて、いわゆる「2024年問題」(※2)への対応として、生産性向上のための人的・設備投資に向け、手元の資金を確保するニーズも高まっています。

このような背景のもと、DGは、MCデータプラスと連携し、「DGFT請求書カード払い for 建設サイト早払い」を提供することで、建設事業者の資金調達を含めた取引の活性化を支援し、さらなるサービスの利便性向上を目指します。

※2:いわゆる「2024年問題」について

2019年に施行された改正労働基準法による時間外労働時間の上限規制が、建設業、自動車運転業、医師などに2024年4月から適用されることによる影響を指します。これにより当該業界において、さらなる生産性向上が求められています。

 今後もDGは、建設業界が抱える業界の構造課題から生じる資金繰りに対応し、建設現場の生産性向上とDXの推進への貢献を目指します。また、より幅広い業界の企業に向け、厳格な審査基準による高品質なB2B領域のフィンテックソリューションを提供することで、便利で安全・安心なキャッシュレス社会の実現に貢献してまいります。

 会社概要

 株式会社デジタルガレージ  

パーパス「持続可能な社会に向けた “新しいコンテクスト” をデザインし、テクノロジーで社会実装する」のもと、社会インフラを担う国内最大級の決済代行事業者として、多様な総合決済プラットフォームを提供する決済事業を有しています。またデジタル・リアル領域においてワンストップでソリューションを提供するマーケティング事業、国内外の有望なスタートアップやテクノロジーへリーチするスタートアップ投資・育成事業などを展開しています。

株式会社MCデータプラス   

MCデータプラスは、2005年1月に提供開始した労務安全書類作成サービス「グリーンサイト」を中心に、「ワークサイト」「スキルマップサイト」「cacicar for 建設」など建設業界に特化したクラウドサービスである「建設サイト・シリーズ」を展開しています。

建設業における社会課題を解決すべく、パートナー企業との新たなビジネスモデルの検討を行っています。

※「建設サイト」「グリーンサイト」「ワークサイト」「cacicar」は株式会社MCデータプラスの登録商標です。

────────────────────────────────────────────

ご参考資料

B2B決済市場へ向けた、当社サービス「DGFT請求書カード払い」の戦略的意義と位置付けについて

DGグループは、社会や産業構造が大きく変化する中、幅広い事業者のDXを牽引すべく、決済とデータ、テクノロジーを融合したグループ戦略「DG FinTech Shift」 を掲げています。本戦略のもと「シェア拡大」「新サービス開発」「収益構造の改善強化」「収益の多層化」の各側面に寄与する施策実行を通じて、より高次な成長を目指しております。

本リリースでご紹介するB2B決済サービス「DGFT請求書カード払い」は、DGグループが25年に渡りサービスを提供してきた「B2C決済事業」に加え、より市場規模が大きな「B2B決済市場」への進出という戦略上重要な施策として2022年に開始したものです。

日本ではB2B取引において約9割が銀行振込で決済され、クレジットカード決済の利用は6.2%に留まるという調査結果(※1)があります。銀行振込決済においては請求者側にとっては「与信審査」「貸し倒れや支払い遅延」といった課題感があり、請求書業務にも多くの時間が割かれています。また、支払い側にも「資金繰り」「キャッシュフロー」といった課題が多く挙げられます。現在、約1,400兆円(※2)と言われるB2B決済領域において、これらの課題解決に寄与する、キャッシュレス決済・DX・資金繰りをシームレスに提供するFintechサービスが求められています。

このような背景のもと、DGグループはB2B取引において、B2B決済サービス「DGFT請求書カード払い」により、クレジットカード決済を安定したシステム基盤で提供しています。また独自の与信モデル構築や、ファクタリング他サービスの拡充、さらに、業務効率化SaaSサービスと決済のシームレスな連携をDGの持つテクノロジーと銀行・クレジットカード会社・商社・業務用アプリケーション提供会社・SaaS企業とのパートナーシップの有効活用を通じ、B2B取引の多種多様な課題の解決に寄与する、新たな決済インフラサービスの提供を目指しています。

また、DGグループは「DGFT請求書カード払い」事業を手始めに、クレジットカードおよびその取引データを活用した資金繰りや事業効率の改善などに資する、DX・フィンテック事業領域の金融サービス群を今後展開、事業開発をしB2BのDX化支援を目指します。

(※1)出典:企業間決済白書(2022年度)

(※2)出典:法人企業統計調査(2022年度)

────────────────────────────────────────────

<関連リリース>

2022.11.10
デジタルガレージ、JCBとB2B向け決済サービスを開始
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2022/11/20221110/

2022.12.12
デジタルガレージが提供するB2B向け決済サービス、JCBに続きVisa/Mastercard®に対応
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2022/12/20221212/

2023.03.30
デジタルガレージとカカクコム、飲食業界向けフィンテック事業を共同で企画・開発
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2023/03/20230330/

2023.05.25
デジタルガレージ、欧米で中小事業者向けに急成長の早期回収スキーム「DGFT請求書カード払い for 請求者」を提供開始
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2023/05/20230525/

2023.9.28
デジタルガレージとGACCI、建設業界向けにB2B決済サービス「DGFT請求書カード払い」を提供開始
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2023/09/20230928_02/

2023.10.31
デジタルガレージ、B2B決済サービス「DGFT請求書カード払い」のインボイス制度へ対応と、ユーザの利便性向上を目的に複数の機能をアップデート
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2023/10/20231031/

2023.12.19
デジタルガレージ、大塚商会と建設業界向けにB2B決済サービス「DGFT請求書カード払い for 大塚商会」を提供開始
https://www.garage.co.jp/ja/pr/release/2023/12/20231219/

<以上>

関連▶JCBも使える請求書カード払いの審査について

法人向け後払いサービス「請求書カード払い」の利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ