支払い.comの仕組みを詳しく解説

支払い.comの仕組みを詳しく解説

支払い.comの仕組み

支払いドットコム」は、株式会社クレディセゾンと株式会社UPSIDER(アップサイダー)が共同で運営する、ビジネスローンやファクタリングより簡単に借り入れなしで短期資金の調達ができる話題の金融サービスです。

仕組みはどうなってる

支払いドットコムは、請求書の支払い方法を銀行振り込みからクレジットカード決済に簡単に変更できるサービスですが、どのような仕組みになっているのか調べてみました。

「支払いドットコム」は、相手にバレずに銀行振り込みからクレジットカード決済に簡単に切り替えることができる事業者向けの金融サービスです。 メリットも多いですが、サービス内容をよく理解して利用してください。
支払いドットコムについての詳しいサービス概要は別ページにまとめています。
支払い.comについて
詳しくはこちら

支払いドットコム(支払い.com)の仕組み

クレジットカードを使い慣れている経営者の方においては、仕入代金や外注費、オフィス賃料などを銀行振り込みではなくカードで払いにして、ポイントも貯めたり支払日を先延ばしにしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、カード決済に対応するには取引先がカード会社や決済代行会社の加盟店手続きをするなど、手続きのわずらわしさからクレジットカード払いによる支払いを受け付けていないことが一般的です。

「支払いドットコム」は取引先がクレジットカード決済に応じていなくても、簡単な手続きで銀行振り込みの支払いを法人カードなどのクレジットカード決済に切り替えることができる事業者向けの新しい後払いサービスです。

どうやって取引先に知られずに銀行振り込みからカード払いにできるのか調べてみました。

支払いドットコム(支払い.com)の流れ

支払いドットコムの仕組みと支払いの流れ

まず、支払いドットコムを使用するときの支払いの流れは以下のようになっています。

  1. 支払者(支払いドットコムの利用者)が取引先から請求書を受取り、その請求書の情報(支払先の口座情報、金額、支払日など)を「支払いドットコム」に設定し送金依頼をします。
  2. 「支払いドットコム」が設定された期日通りに銀行振り込みで立て替え払いをします。その際に振り込み人名を支払者名にすることができるので、取引先は「支払いドットコム」から振り込まれていることに気づくことはありません。
  3. 最長60日後に支払者の銀行口座からクレジットカード会社により立て替え代金+手数料が引き落としされます。

上記のような流れで取引先には”期日通りに支払者名”で代金が振り込まれ、最長60日後に支払者が使ったクレジットカードの銀行口座から代金が引き落としされるだけのシンプルな仕組みになっています。

平たくいうと「支払いドットコム」は決済の代行会社という立ち位置になります。

一番大きなメリットは支払い日の先延ばし

支払いドットコムの仕組みを使った一番大きなメリットは何といっても支払日を最長60日先延ばしすることによって、簡単に資金繰り対策ができるという点です。

例えば、銀行振り込みでの支払いが3日後に迫った請求書があります。 普通に払えればよいのですが、諸事情により資金不足の場合このタイミングでは、ビジネスローンやファクタリングを新規に申し込んだりすると審査落ちのリスクもあるのでとても心配です。

支払いドットコム(支払い.com)の仕組み②(VOIX)

そこで、請求書とクレジットカードを支払いドットコムに登録すれば、最短翌日から2営業日後に振り込みが実行され、カード会社への支払いは最長60日後になるのでスケジュール的にかなり余裕が生まれます。

支払いドットコム(支払い.com)の仕組み①(VOIX)

支払いドットコムにも利用規約があり、利用できるカードや使用目的の制限があるので詳しくは下記を確認してください。

支払い日が先延ばしにできる仕組み

”後払い”や”BNPL”という言葉が流行ってますが、実はクレジットカードは最も一般的な手数料無料の後払いサービスです。

クレジットカード払いを利用してお店で商品を購入をすると、その場で商品は手に入り支払いは後日カード会社から請求され、予め登録してある銀行口座から引き落としされます。

もう少し細かく説明すると、商品を購入した後にクレジットカードの”締め日”で締め切って、利用内容が集計された利用明細に基づいて引き落とし日に銀行口座から引き落としされます。

セゾンカードの場合は、”締め日は毎月10日”、”引き落とし日は翌月4日”となります。 例えば、2023年12月11日にカードを利用した場合、2024年1月10日に締め切り集計した代金が2024年2月5日(4日は日曜日のため5日になります)と約2ヶ月後に引き落としされます。 この約2ヶ月の間は金利もかかずポイントまで貯まるので、お金にシビアな経営者はできるだけクレジットカードを利用しようとします。

※締め日と引き落とし日はカード会社によって異なります。
※4日が土日祝日など銀行の休業日になる場合は翌営業日の引き落としになります。

まとめると、本来であれば銀行振込で支払う請求書も 支払いドットコム を活用することで、取引先への入金は期日通りに行われつつ、口座からの引き落としはカード会社から最長60日後になるのでスマートに支払いを先延ばしできます。

「支払いドットコム」の支払いスケジュール

<画像引用>

Visaの”BPSP”とMastercardの”BPAP”の仕組みを活用

支払いドットコムのようなクレジットカード払いをしたい支払者とクレジットカード払いに対応していない請求者の両社の要望を満たすことはクレジットカードの制約でできなかったのですが、VisaやMastercardが2022年ころからB2B決済の新しい仕組みが提供されたので支払いドットコムのようなサービスが実現できるようになりました。

このようなクレジットカードを活用した事業者間決済の仕組みはVisaにおいては2017年に「Business Payment Solution Provider(BPSP)」というソリューションを、Mastercard®では「Business Payment Aggregator Program(BPAP)」が提供されており、海外でも浸透し始めていると言われています。

「支払いドットコム」は、請求書の支払いを銀行振り込みからクレジットカード決済に簡単に切り替えることができる点が大きなメリットですが、デメリットと思える注意点をまとめました。 サービスをよく理解して利用してください。
支払いドットコムについての詳しいサービス概要は別ページにまとめています。
支払い.comについて
詳しくはこちら

※ この記事は2023年11月14日現在の内容です。

他社サービスとの比較

支払いドットコムと他社サービスとの簡単な比較です。

サービス名 DGFT請求書カード払い
「DGFT請求書カード払い」のロゴ画像(VOIX)
支払いcom
支払いドットコム(支払い.com)のロゴ画像(VOIX)
INVOYカード払い
INVOYカード払いのロゴ画像
支払い
延長期間
最長60日 最長60日 最長60日
決済手数料 3% 4% 3%
手続き日数 最短即日 最短即日
最短60秒
最短即日
支払い日数 最短3営業日 最短翌営業日 最短3営業日
公式ページ 【公式】ページ 【公式】ページ 【公式】ページ
詳しい解説 DGFT請求書カード払い とは 支払いcom とは INVOYカード払い とは
より詳しい比較はこちら

支払いドットコムの類似サービス

おすすめのクレジットカードの条件とは

支払いドットコムにおすすめできるクレジットカードの重要な条件は”限度額”と”還元率”の2点です。 新たにカードを作るなら”維持費の安さ”と”発行スピード”も加えた4点が重要な要件になるでしょう。

4つの基準で厳選した3枚のおすすめのクレジットカードを紹介しておきます。

UPSIDERカード

UPSIDERカード

UPSIDERカードはポイント還元率1.0%以上で実質的に支払いドットコムの手数料が1.0%安くなるのと同等の効果があり、限度額はなんと最高10億円、年会費永年無料、そして最短即日発行もできる驚異のスペックを誇ります。
特に限度額に余裕をもてるので資金需要の旺盛な急成長企業の間で人気急上昇中、支払いドットコムには一番向いているクレジットカードといえます。
詳しくはこちら

UPSIDER法人カード
評判とおすすめ理由を解説

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードのナンバーレス新デザイン

セゾンプラチナビジネスアメックスはJALマイル還元率1.125%なので実質的に支払いドットコムの手数料が1.0%以上安くなるのと同等の効果があり限度額1000万円以上も可能です。
保険・補償、空港ラウンジ、専用コンシェルジュなど、アメックスプラチナとして充実した内容のハイグレードなビジネスカードを年会費初年度無料で作ることができるので、質の高い法人カードを持ちたい中小企業経営者におすすめです。
詳しくはこちら

セゾンプラチナアメックス
最強の理由とは

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズは三井住友カードの個人カードとの2枚持ちでポイント還元率1.5%となり実質的に支払いドットコムの手数料が1.5%安くなるのと同等の効果があります。
限度額も最高500万円、年会費永年無料、そして最短3営業日発行の手続きスピードにより支払いドットコムに向いています。
申し込み時に審査書類が不要なこともこのカードの大きな魅力でしょう。
詳しくはこちら

三井住友ビジネスオーナーズ
メリットと2枚持ちの評判

おすすめクレジットカード
の詳しい情報はこちら

支払いドットコムにおすすめのクレジットカード

よくある質問

Q

どんなサービスですか?

A

支払いドットコムは法人カードなどクレジットカードを利用して支払いを最長60日延長できる法人向けの資金繰りを改善するサービスです。
詳しく⇒ 支払いドットコムとは

Q

メリットとデメリットを知りたい。

A

メリットは借入不要・書類提出不要・審査不要・担保不要・面談不要などとにかく手軽に・気軽に利用できる点が秀逸です。 従来では考えられないメリットがある資金繰り改善手段です。
詳しく⇒ 支払いドットコムのメリット
デメリットとしては手数料がかかることと、クレジットカードを利用することに起因よる制限が挙げられるでしょう。
詳しく⇒ 支払いドットコムのデメリット

Q

利用方法と手続きの流れは?

A

利用する前に簡単な新規ユーザー登録を行います。 登録ができたら実際に利用手続きを行いますが、3ステップで完了する簡単な流れで手続きは完了します。
詳しく⇒ 支払いドットコムの使い方

Q

どうやって支払いを行うのですか?

A

Visa、Mastercard®などのクレジットカードネットワーク会社が提供する新しいBtoB決済スキームを活用して、振り込みをクレジットカード払いにする仕組みを実現しています。
詳しく⇒ 支払いドットコムの仕組み

Q

誰でも利用できますか?

A

クレジットカードを所有する法人、個人事業主、フリーランスならだれでも利用できるサービスです。
詳しく⇒ 支払いドットコムが使えない条件
個人での利用については下記ページに詳しく解説されています。
詳しく⇒ 支払いドットコムは個人でも使えるのか

Q

利用できるクレジットカードは何ですか?

A

Visa、Mastercardのクレジットカードであれば、法人カードやビジネスカード含め利用できます。 アメックスとJCBはセゾンカードが発行するカードが利用できます。
詳しく⇒ 支払いドットコムで使えるクレジットカード

Q

審査に必要な書類はありますか?

A

審査に必要な書類はありません、決済に利用するクレジットカードとカード払いに切り替えたい請求書だけが必要です。
詳しく⇒ 支払いドットコムの審査

Q

サービスを利用するための手数料は?

A

手数料は、請求金額の4%です。 利用額に応じてポイント還元があり還元率が1%のクレジットカードを使うことにより手数料を実質3%にすることができます。
詳しく⇒ 支払いドットコムにおすすめのクレジットカード

Q

利用できる金額の上限を知りたい。

A

支払いに利用するクレジットカードの利用額の制限に準じますので、限度額が高めの法人カードを利用することをおすすめします。 例えばUPSIDERカードは限度額が最高10億円、セゾンプラチナアメックスも1000万円以上が可能です。
詳しく⇒ 支払いドットコムにおすすめのクレジットカード

Q

振り込みはいつ実行されますか?

A

振込日は手続きをしてから最短2営業日以内に振り込みが行われます。 UPSIDERカードとセゾンカードは翌営業日に振込が実行されます。
詳しく⇒ 支払いドットコムの支払いスケジュール

Q

利用できる請求書に制限はありますか?

A

クレジットカード払いにしたい請求書は、日本国内の法人が発行する請求書に限られるなど一部制限があります。
詳しく⇒ 支払いドットコムが使えない条件
現金化など利用制限については下記ページに詳しい解説があります。
詳しく⇒ 支払いドットコムと現金化について

Q

類似サービスはありますか?

A

支払いドットコムは「請求書カード払いサービス」といって、類似のサービスが10種類程度あります。
詳しく⇒ 支払いドットコムと類似サービスとの比較

ファクタリングとの違いはなんですか?

A

支払いドットコムは「請求書カード払いサービス」というカテゴリに分類されるサービスなのでファクタリングとは違います。 ただし、支払いドットコムとファクタリングは利用対象者が同様でよく比較されるサービスです。
詳しく⇒ 支払いドットコムとファクタリングとの比較

Q

対象ユーザーは?

A

対象ユーザーは、主に中小規模の法人と個人事業主、フリーランスになります。 銀行融資やビジネスローンなど使い慣れない方でも簡単に資金繰りの改善ができるなど多くの経営者が利用しています。 数は少ないですがネット上に投稿されている口コミなどをまとめたページなありますので参考にしてください。
詳しく⇒ 支払いドットコムの評判と口コミ

Q

零細企業でも使えますか?

A

法人と個人事業主でクレジットカードがあれば原則誰でも使えます。 与信審査もないので金融サービスの審査が不安な経営者の方でも安心して利用できます。
詳しく⇒ 支払いドットコムの審査

Q

何か注意点はありますか?

A

手数料や利用制限、振り込み日数などの注意点はいくつかありますので、よく理解してから使用してください。
詳しく⇒ 支払いドットコムの注意点

審査なしで借り入れなしの資金調達ができる「支払いドットコム」を利用するには、無料アカウント登録が必要です。
提出書類も不要、最短60秒で登録完了、当日から利用できます。

最短当日利用可能
無料登録はこちら
\24時間受付中/

支払い.com【公式】
アカウント登録ページ

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ