グリーンカルチャー株式会社が動物性原料不使用の植物肉「Green Meat™」の一般販売を本格的に開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 注目のリリース
グリーンカルチャー株式会社が動物性原料不使用の植物肉「Green Meat™」の一般販売を本格的に開始

グリーンカルチャー開発・動物性原料不使用の植物肉「Green Meat™」一般販売を本格的に開始

開発から約2年、外食事業者向け販売での好評を受け一般消費者向けECサイトオープン!ご家庭での調理に適したレシピ情報も展開

植物肉の研究開発を事業としているグリーンカルチャー株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役:金田郷史)(以下当社)は、この度独自技術に基づき大豆やエンドウの植物性たんぱくを原料としてお肉に近い満足感や美味しさを感じる当社人気製品「Green Meat™」において、2022年7月1日(金)より公式ECサイトを展開するなど一般消費者向け販売を本格的に開始することを発表いたします。
  ▼ECサイトURL

開発から2年、多くの外食事業者にて採用いただき好評を得て実現

ご家庭調理にピッタリなサイズ&パッケージにリニューアル!植物肉初心者でも簡単にできる39 種類のレシピも公開。

プラントベースの植物肉については、米国のビヨンドミート、インポッシブルフーズを皮切りに近年マーケットが急拡大しており、大手企業も参入している今注目の市場となっています。その背景には、発展途上国における経済成長により畜肉需要量が増加している反面、工業的畜産が環境負荷を初めとする様々課題を抱えていることで、畜肉の供給量は減少が見込まれ、需要過多になっている実態があります。そんな中、畜肉の代替としての植物肉は世界的に注目を集めており、市場規模の拡大が見込まれています。日本国内でも、昨今ではコロナ禍における健康志向、また環境に対する意識の高まりから、コストの抑制と規制緩和が進むと植物肉が「第三の肉」として一定の市場規模に拡大すると想定されています

当社の独自技術に基づき、大豆やエンドウの植物性たんぱくを原料としてお肉に近い満足感や美味しさを感じる製品として開発した植物肉「Green Meat™️」は、2021年4月より外食事業者向けに販売を展開しており、環境・健康に配慮したサスティナブルな植物肉として多くの大手飲食店や食品メーカーとコラボしてまいりました。調理方法次第で牛肉料理、豚肉料理、鶏肉料理など肉の種類に縛られず、どんな料理にも馴染みやすく調理しやすいことから好評いただき、今後さらに多くの方へ商品を手に取っていただきたいという思いのもと一般消費者向けの販売を本格的に開始する運びとなりました。

第1弾の取り組みとして、2022年7月1日(金)より公式ECサイトをオープン。よりご家庭での調理に活用いただけるようサイズやパッケージをリニューアルし発売いたします。ECサイトでは「Green Meat™️」を使用したレシピを7月6日(水)より39種類も展開。さらに、より気軽にご購入いただけるよう7月1日(金)から特別割引のあるキャンペーンも実施します。

「Green Meat™ 」ECサイト概要

販売商品:Green Meat™️(220g)

2022年7月1日(金)よりECサイトで2個、4個、8個セットで本格的発売開始。便利な4個、8個セットの定期購入もご利用可能です。健康と地球にやさしい植物からできたお肉をぜひお試しください。

レシピ

2022年7月6日(水)より、Green Meat™️で作成できる39種類のレシピをECサイトにて公開。Green Meat™️の公式サイトをご覧ください。

左から「ラザニア」「ハンバーグ」「肉団子風とパクチーのエスニックスープ」。

キャンペーン

この度、一般消費者向け発売を記念し2022年7月1日(金)より、キャンペーンを行います。

【1】<1500名様限定!>初回購入キャンペーン
  • 実施日:2022年7月1日~ ※先着順。なくなり次第終了。
  • 内容:Green Meat™️220g×2個セット(送料込み定価2,450円)を先着1500名、初回定期購入のお客様に735円、送料無料(実質70%OFF)で販売いたします。
【2】<50名様に!>Green Meat™️ (220g)が当たるプレゼントキャンペーン
  • 実施日:2022年7月15日(金)~2022年7月25日(月)
  • プレゼント内容:Green Meat™️(220g)×2パック
  • 応募方法:@greenmeat.officialをフォローし、キャンペーン投稿に「いいね!」で応募完了。

グリーンカルチャー株式会社 代表取締役社長 金田郷史コメント

グリーンカルチャーが創造したい未来は、美味しいプラントベースフードを提供することで、世界を健康的にそして持続可能な地球を後世に残していくことです。そんな当社の想いを形にしたのが植物肉「GreenMeat™」です。多くの料理人の方にご評価いただきながら製品の完成度を高めて参りました。ミンチ肉のタイプで使いやすく、普段の家庭料理にぴったりです。ぜひ多くの方に新しいお肉の未来を感じ取ってもらえると嬉しいです。

植物肉「Green Meat™️」概要

グリーンカルチャー株式会社が 2021年4月に外食事業者向けに販売を開始した「Green Meat™️」は、大豆ミートとは異なり、当社の独自技術に基づき大豆たんぱく等を原料とした動物性原料不使用の植物肉で、お肉に近い満足感や美味しさを感じる製品です。ミンチ状のため畜肉と同様に様々なレシピに使用することができます。調理方法次第で牛肉、豚肉、鶏肉料理など肉の種類に縛られず調理しやすいことから好評いただいており、環境・健康に配慮したサスティナブルな植物肉として多くの飲食店から選ばれています。

グリーンカルチャー株式会社について

グリーンカルチャー株式会社は、「健康と地球とずっと。」をテーマに掲げ、サステナブルな未来をつくるため、植物肉の開発・製造・販売を行っております。代表の金田郷史氏が、米国留学時に日本より多様性に富んだ現地の食環境に衝撃を受け、日本でもプラントベース食品を身近にしたいとの思いから、通信販売専門店として2011年に創業いたしました。2021年4月には、事業を運営する中で蓄積したプラントベース食品開発のノウハウを活かし、植物肉「Green Meat™」の開発に成功し外食事業者向けの販売を開始しました。設立から11年間、顧客に誠実に向き合う中で得た最終消費者の嗜好に関する知見や、独自の研究開発データベースを活用することで、既存の畜肉を補うだけではなく、「畜肉よりおいしくて健康的」な植物肉を皆様の食卓へお届けできる未来を創造していきます。

  • 会社名 :グリーンカルチャー株式会社
  • 住所 :東京都千代田区神田駿河台二丁目3-12 5階(本店営業部)
  • 設立年月:2011年2月14日
  • 資本金 :2.6億円(資本準備金を含む)
  • 事業内容:植物肉Green Meat™️ 事業の展開、プラントベース食品専門通販サイト、Green’s Vegetarian等の運営
  • URL :https://greenculture.co.jp/
【仕入れに関する問い合わせ先】

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
広報の転職エージェント・転職サイト特集、未経験は難しい?
医師とチャットで無料相談できるサービス
オンライン 音楽教室 おすすめ 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円にする攻略法
イオンカード ミニオンズで映画を1000円にして当日見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ