DOCKET STOREが新しい文具「toto レシートスキャンボード」の購入受付を開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 注目のリリース
DOCKET STOREが新しい文具「toto レシートスキャンボード」の購入受付を開始

レシート電子化をもっとスマートに 「toto レシートスキャンボード」をクラウドファンディングサービス BOOSTER(ブースター)にて発表

家計簿アプリや電子帳簿保存法によって身近となったレシートや領収書のデータ化。スマホカメラを使ったスキャンにまつわる面倒事をスッキリ解決するアイテムをリリースしました。

文具と収納用品を中心としたセレクトショップDOCKET STORE(代表:山下義弘)は、クラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」にて、レシート電子化をもっとスマートにする新しい文具「toto レシートスキャンボード」のプロジェクトを2022年8月16日よりスタート致しました。

文具と収納用品のセレクトショップ DOCKET STORE(ドケットストア・大阪府箕面市、代表:山下義弘)は、“レシート電子化のラストワンマイルを革新する”ことをコンセプトとした『toto(トト)レシートスキャンボード』を企画しました。

2022年8月16日よりクラウドファンディングサイト『BOOSTER(ブースター)』に掲載を開始。現在もプロジェクトが進行中です。

レシート電子化をもっとスマートに『toto レシートスキャンボード』とは

私達の生活を便利にしてくれるスマートフォン。年々進化していくカメラ機能は、書類のデータ化にも活用できる水準となり、誰もが気軽に使えるスキャナとして活躍の場を広げています。
特に、レシートをスキャンすることで家計簿アプリへの入力の手間がかからないだけに留まらず、電子帳簿等保存制度の改正によって、2022年1月以降は適切なシステムを用いてデータ化を行えば、レシート原本を撮影後に廃棄も可能となりました。

今の時代、スマートフォンのカメラを使ったレシートのデータ化は、手軽で簡単。
そう思いきや、撮影のためには面倒なことも多く、下準備が必要となってしまうことに多いことを皆さんも体験したことは無いでしょうか?

レシートがポケットの中でしわくちゃになってしまったり、レシートを撮影する際に自分の指や影、天井照明の反射が写りこんでしまったり、そもそもデスクが散らかっていてレシートを置けない……。そんなこともしばしば起こってしまいます。

toto レシートスキャンボードは、レシートをスマートフォンのカメラでスキャンする際の面倒事を解決してくれる新しい文具です。家計簿管理から、領収書の記載情報がきれいに読み取れる状態でのデータ化が求められる電子帳簿保存の効率を上げる、これからの時代に必要なアイテムとなっています。

toto レシートスキャンボードの特徴

「toto レシートスキャンボード」の使用方法は簡単です。
本体に搭載された低反射シートに、撮影したいレシートや領収書を挟むだけで準備完了です

低反射シートとそれを挟んでいるバインディングボードに挟まれると、適度な摩擦と静電気の発生により、レシートが動きにくい状態となります。斜めに傾けても撮影することができるため、デスクにスペースがなくても大丈夫。その場でレシートのスキャンを始めることが可能となります。

レシートの背景は黒色で構成されているため、スマートフォンのアプリでもレシートの輪郭が認識しやすく、スピード感をもってレシートの撮影が可能となっています。

また、低反射シートは国内の老舗デスクマットメーカー ミワックスが手掛けており、クリアホルダーに挟むと発生する天井照明の反射を防止することが可能です。

また、低反射シートはレシートをセッティングする際に「めくる」動作が必要となるため、めくるためのフラップをスライドさせてバインディングボードからはみ出させることが出来ます。この機構により、爪と肉の間が痛くなってしまうような小さなストレスも取り除いています。

また、低反射シートはバインディングボードに搭載されたマグネットで固定されているだけなので、簡単に取り外して交換が可能。

レシートスキャンのクオリティに直結するパーツであるため、今回のクラウドファンディングでは予め余分に低反射シートをセットとするエントリーパックとして販売をいたします。また、低反射シート単体での販売も、クラウドファンディングの発送作業終了後の一般販売で予定しております。

リターンについて

「toto レシートスキャンボード」は既に試作を完了し、クラウドファンディングの発送作業終了後は店舗での一般販売も予定しています。
家計簿アプリを使う方や、電子帳簿保存法に対応して事務効率を改善したい個人事業主や会社員の皆様に必要されるかどうかを確かめるためにも、クラウドファンディングにて先行販売を行っております。
クラウドファンディング期間中は先行販売用の特別価格でお買い求めいただけます。

また、期間中は同じく新発売となるレシートを入れていい財布「toto ポルタフォリオ」も先行販売を受け付けております。

「toto ポルタフォリオ」単体での購入はもちろん、「toto レシートスキャンボード」とのお得なセットもご用意しております。

クラウドファンディングは2022年9月30日まで継続していく予定です。
クラウドファンディング終了後は、2022年11月末までにリターンとしての商品を発送。その後、DOCKET STORE店頭、及びネットストアで通常販売を開始する予定しております。

▼BOOSTER プロジェクト掲載ページURL

また、2022年8月19日(金)から8月21日(日)まで、無印良品 銀座 3Fで開催されるイベント「JAPAN A4 STATIONERY」 by DOCKET STORE では、商品プロトタイプの展示も行います。

DOCKET STORE(ドケットストア)について

DOCKET STOREは、文具と収納用品のセレクトショップ。情報発信のプラットフォーム「note」での発信がSNS上で話題となり、​セレクトショップとしては異例の8,000名をこえるフォロワーを集めている。過去には「ありそうでなかった付け替えられるハードカバー IDEAL」をクラウドファンディングを通して制作。500名を超える支援者を集め、120万円を超える支援も獲得。また、シンガポールのMUJIでのワークショップ開催や、三角コーンを使った看板作成サービスの展開など、様々な挑戦を続けている。

 ▼note
 ▼HP

<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
無料 プレスリリース 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
広報の転職エージェント・転職サイト特集、未経験は難しい?
医師とチャットで無料相談できるサービス
オンライン 音楽教室 おすすめ 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円にする攻略法
イオンカード ミニオンズで映画を1000円にして当日見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料のおすすめを比較
法人カードをおすすめできる中小企業とは
最強法人カード 特集
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ