ホップジャパンがクラフトビール「いちごとカシスのゴーゼ」の限定販売を開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 注目のリリース
ホップジャパンがクラフトビール「いちごとカシスのゴーゼ」の限定販売を開始

あぶくま地域の生産者とコラボレーションしたクラフトビール「いちごとカシスのゴーゼ」限定販売

コラボシリーズ第一弾は復興のシンボル『おおくまベリー』を使用した真っ赤なゴーゼ

株式会社ホップジャパン(所在地:福島県田村市、代表:本間 誠)は、地域の生産者とのコラボレーションにより開発したクラフトビール「いちごとカシスのゴーゼ」の販売を、2022年9月10日から開始しました。コラボレーションの第一弾では、株式会社ネクサスファームおおくま(所在地:福島県双葉郡大熊町、代表:島 和広)が生産する「おおくまベリー」と、市内で生産されたカシスを使用し、真っ赤な見た目と酸味が特徴のゴーゼスタイルビールに仕上げました。

本コラボレーションシリーズの取り組みは、地元産ホップをふんだんに使用したクラフトビールを製造するホップジャパンがあぶくま地域を中心とした福島県の生産者と共同で、ローカルサステナビリティを意識したクラフトビールを開発するものです。一時は避難区域にも指定されていたホップジャパンが、あぶくま地域の豊かな自然環境や地産品の魅力を発信するとともに、風評被害の払拭や地域への誘客の促進を図る目的で企画・開発を行いました。

あぶくま地域とは

北は宮城県南部から南は茨城県北部にまたがる「阿武隈(あぶくま)⾼地」は、独⾃の⾃然環境を有する広⼤な⾼原地帯です。この阿武隈⾼地を中⼼とした「あぶくま」エリアでは、豊富な⽔源や豊かな⾃然により多くの魅⼒的な⾷材が⽣産されているだけでなく、優れた天体観察環境による美しい星空や、独特な地質環境による鍾乳洞の形成など、⼈々をひきつける⼤⾃然の恵みが溢れています。近年では、こうした優れた⾃然環境と酒⽂化を⼟台に、ワインやクラフトビール、⽇本酒、その他の酒類といった多様なクラフト酒造品が楽しめる地域となっており、「あぶくま」という新たな地域ブランドが全国的に認知されつつあります。

おおくまベリー(株式会社ネクサスファームおおくま)について

東日本大震災により地域農業に大きな被害を受けた福島県大熊町で2019年から栽培が開始され、復興のシンボルとしても注目を集めるイチゴ「おおくまベリー」。ネクサスファームおおくまでは、日本の農業事業者においては取得率が1%にも満たない厳しい国際基準「グローバルG.A.P」の認証を取得し、最先端の栽培技術と厳格な検査体制によって安心して食べていただける美味しいイチゴを提供しています。

「いちごとカシスのゴーゼ」商品概要

株式会社ネクサスファームおおくまが生産する「おおくまベリー」と、田村市内で生産された「カシス」を使用した、美しいルビーレッドの真っ赤な見た目と酸味が特徴のゴーゼスタイルビール。大熊町産いちごと田村市産カシスを合わせ、爽やかな酸味と塩味が感じられる鮮やかな紅いゴーゼに仕上がりました。

  • 内容量: 330ml
  • 本体価格:600円(税込)
  • ビアスタイル:Fruit Gose
  • アルコール度数:4.5%
  • IBU:12
  • 販売場所:県内の小売店や株式会社ホップジャパンECサイトでの販売に加え、2022年9月に開催される「あぶくまオクトーバーフェスト2022」にて提供を行います。
▼株式会社ホップジャパンECサイト
▼あぶくまオクトーバーフェスト2022公式サイト

商品開発の想い

株式会社ホップジャパン 代表取締役 本間 誠

ネクサスファーム様は、東北でも最大規模の生産能力、非常に考え抜かれた効率的な生産管理システムを駆使した大変美味しい「おおくまベリー」を作っており、大熊町のキャラクターにまで使われているほど復興のシンボルとして期待されています。弊社は、こうした地域の素晴らしい産品をビールでコラボさせて頂くことにより、地域の活性化に少しでも貢献したいという思いで日々商品開発に励んでおります。イチゴとカシスの美しいルビー色と心地よい酸味が過ぎゆく夏の余韻にぴったりな、地域コラボの自信作をご賞味ください!

株式会社ネクサスファーム 代表取締役社長 島 和広

「人」×「もの」×「こと」を繋ぎ、循環型のコミュニティーを創りたいというホップジャパン様の想いに、弊社の苺「おおくまベリー」ものせていただく事になりました。「人」の繋がりからご縁をいただき、田村市のカシスと大熊町の苺という「もの」を通じて「いちごとカシスのゴーゼ」が生まれました。そして、あぶくまオクトーバーフェストという形で「こと」に繋がっていく、まさにホップジャパン様の想いが具現化されたコラボ商品だと思います。カシスと苺の「赤と酸味」が際立った、見た目も楽しめるさっぱりとした飲み口に仕上がっておりますので、ぜひこの機会にお試しいただければと思います。

会社概要

株式会社ホップジャパン

事業内容:福島県田村市都路町でクラフトビールを醸造・販売、ロッジの運営を行うとともに、市の指定管理者としてキャンプ場、農場などを併設したアウトドアパーク施設「グリーンパーク都路」を運営。2022年9月には、地域で初となるビアフェス「あぶくまオクトーバーフェスト2022」の開催を予定。酒造メーカーや飲食事業者等、あぶくまエリアを中心とした約30の企業・団体が、9月24日、25日の二日間にわたってグリーンパーク都路に集結し、作り手と飲み手が一緒になって大地の恵みとお酒を楽しみます。


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
無料 プレスリリース 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
広報の転職エージェント・転職サイト特集、未経験は難しい?
医師とチャットで無料相談できるサービス
オンライン 音楽教室 おすすめ 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円にする攻略法
イオンカード ミニオンズで映画を1000円にして当日見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料のおすすめを比較
法人カードをおすすめできる中小企業とは
最強法人カード 特集
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ