株式会社長田製作所が”見せる”防災備蓄庫「ストックストックDS」を販売開始

VOIX編集部 公開 注目のリリース
株式会社長田製作所が”見せる”防災備蓄庫「ストックストックDS」を販売開始

企業やマンションの災害初動対応をスムーズに!すぐに使う防災備蓄をスマートに備蓄。見せる防災備蓄庫「ストックストックDS」が新登場。

オフィスやマンションのロビーに美しく防災用品を備蓄。防災備蓄の見える化を推進し、災害時のスムーズな対応を!

防災備蓄収納の専門ブランド「ストックストック」を展開する株式会社長田製作所(本社:大阪市平野区、代表取締役:長田隆幸)では、ストックストックの新型の「DSシリーズ」の販売を開始します。DSシリーズは「防災備蓄を見える場所に置く」をコンセプトにして、BCP計画では重要となる、災害発生後すぐに行う「防災組織の立上げ用物品」が収納できるようにしています。扉のアイコンにより探す必要がないデザインのためスムーズな防災活動を行うことができます。さらに設計や製造方法を見直すことで、既存製品より40%の値下げを実現し導入しやすくなりました。2022年10月5日から7日までの開催の危機管理産業展2022で初お披露目します。

2019年末から株式会社長田製作所は、防災備蓄を分散配置することで災害時のリスクヘッジを図ることをコンセプトに、オフィス内やマンションのロビーに設置しても美観を損なわない防災備蓄収納専門ブランド「ストックストック」を展開してきました。ストックストックは、扉に備蓄品のアイコンがついているので、「防災備蓄の見える化」を推進するという社会的な役割を果たしてきました。様々な企業様に導入されてきた中で、新たな課題も生まれてきました。新製品のDSシリーズは、導入されたお客様の声を反映し、これまで以上に前向きに防災備蓄を導入しやすくするという想いで開発しました。

製品の特徴1:災害発生後の初動活動に必要な物品を収納できる

「防災備蓄を見える場所に置く」という商品コンセプトから、企業やマンションなどでは災害発生後にすぐに行う必要があるのが「防災組織の立上げ」です。防災組織の立上げは災害発生5分後には開始するのが理想であることから、すぐ近くにあることが必要です。見える場所にあるとスムーズに防災組織を立ち上げることができます。DSシリーズでは、防災組織を立ち上げるための備蓄一式を収納できるように開発しました。

製品の特徴2:人気の防災備蓄品をダンボールのまま収納できる

2019年末から「ストックストック」をスタートして3年になります。3年の間に我々のチームも人気のある防災備蓄品を知ることができるようになりました。人気がありお客様も希望する備蓄品の梱包が既存のストックストックには入らないことが多々あり、人気製品のダンボールサイズの徹底解析により収納部のサイズを決定しました。
(※法人での導入時はばらばらにならないように梱包状態で備蓄することが一般的)

製品の特徴3:レッドに加えてホワイトを標準色で選択可能

既存製品は、災害時に発見しやすいようにレッドを標準色としていましたが、DSシリーズでは空間になじむホワイトも標準色として選択できるようにしました。オフィスやマンションのロビーの雰囲気を変えることなく、空間に調和したデザインにすることができます。

製品の特徴4:拡張可能な備蓄庫

防災備蓄を段階的に調達する企業様も多く、ストックストックでは備蓄庫も一つからスタートできる設計としています。将来的に備蓄が増えた場合でも横方向や縦方向に連結できるシステムとなっています。

製品の特徴5:価格の見直し

設計や製造方法を見直すことで、既存製品より40%の値下げを実現しました。
これまで、社内への導入検討をされたお客様の中で導入を断念されたお客様の一番の理由が「予算に合わない」ことでした。既存製品でも梱包などの見直しで価格を下げる方向で改定は行っておりましたが、ゼロから見直す必要があると意識し、再設計を行いました。

製品は3タイプから選べます

ストックストックDSシリーズは3タイプから選べます。キャスター付きの可動タイプのDS4-CT、固定タイプのDS4、縦長タイプのDS8です。DS4とDS8は横連結もでき、拡張が可能です。

16種類から選べるアイコンマグネット(オプション)

オプションのアイコンマグネットは16種類から選ぶことができます。
(本体には付属していません。)

ストックストックが提唱する防災備蓄の分散配置について

災害が発生した場合、必ずしも備蓄倉庫に行くことができるとは限りません。さらにビルなどでは、災害時はエレベーターが停止する場合もあるため、備蓄倉庫から階段で物資を運ぶのもBCP活動の側面から言うと効率が悪くなります。弊社では、防災備蓄は分散配置することで、備蓄を確保できる確率を高める必要があると考えます。

さらに、災害発生からの時間によって、近くに必要な物品と離れて置いてもいい物品の二種類があると考えます。

これらの2つの考え方から、備蓄の配置などを考えていき、ストックストックが必要なシーンとそうでないシーンに分けて考えています。

株式会社長田製作所について

百貨店での陳列家具製作、券売機、タブレット充電保管庫などの製造を続けて創業50年を迎え、様々な収納物の保管庫を製造を災害で役立てることはないかと考え、デザイン性と機能性を兼ね備えた新しいタイプの防災備蓄庫を開発しました。 社内の防災備蓄について、そこで働いている従業員が知っているような社会になることを実現するために存在する会社であり続けたいと考えています。ストックストックは現在、IT企業様、化学工場、自動車工場、商社様等で採用されています。防災備蓄庫のみならず、防災用品の販売も行い、特に備蓄食のフードロスなどを減らすための取り組みなどで、持続可能な社会を構築するためのSDGsへの取り組みを進めていっています。

危機管理産業展(RISCON TOKYO)2022出展について

あらゆるリスクに対処する国内最大級の危機管理総合トレードショー「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2022」に株式会社トリイデザイン研究所ブースに2022年10月5日(水)~7日(金)に参加いたします。新製品のストックストックDSの展示とともに、初動対応用の物品の展示も行います。

危機管理産業展(RISCON TOKYO)2022

  • 会期:2022年10月5日(水)~7日(金) 10:00-17:00
  • 会場:東京ビッグサイト⻄1・2ホール
  • 主催:株式会社東京ビッグサイト
  • ブース番号:1Z23 (株式会社トリイデザイン研究所)
  • 来場料:無料(来場登録制)

会社概要

  • 社名:株式会社長田製作所
  • 代表:代表取締役 長田 隆幸
  • 所在地: 大阪市平野区平野南3-2-22 TEL:06-6706-0020
  • 設立:1969年 資本金:1000万円
  • 従業員数:10名(パートを含む)
  • 事業内容:精密板金製造、防災備蓄サービス提供
  • ホームページ:https://stock-stock.jp/
本件に関するお問い合わせ
  • 株式会社長田製作所 ストックストック事業部
  • 担当:伊藤、鳥居
  • TEL:03-5821-7282
  • Mail:info@stock-stock.jp

<以上>

【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
医師とチャットで相談できるサービス
「puhha(プッハ)」ビックカメラのウォーターサーバーがおすすめ
「@FROZEN(アットフローズン)」の店舗はイオンスタイル新浦安、通販もOK
「イオンシネマとなみ」が2023年夏に開業
「オンライン音楽教室」おすすめ5選
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ優待チケットの買い方
ミニオンカード映画当日でも即日発行して安くできるイオンシネマ特典とは
ネット銀行・ネットバンクで法人口座開設をおすすめする理由とは
年会費無料のおすすめ法人カード
中小企業におすすめの法人カード・ビジネスカード
副業におすすめのクレジットカード 特集
初心者におすすめのクレジットカード
ナンバーレスカード おすすめ
アプリに即時発行してすぐ使えるクレジットカード
コンビニ最強のおすすめクレジットカード
三井住友カード(NL) とナンバーレスカードのデメリット
イオンカード入会キャンペーン
三井住友カード(NL)キャンペーン
JCBカードW キャンペーン
楽天カード入会キャンペーン
イオンカードミニオンキャンペーン、2つのミニオンカードの違いとデメリットも解説

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ