一般社団法人白馬村観光局が「ハクバ・カード」を販売開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 注目のリリース
一般社団法人白馬村観光局が「ハクバ・カード」を販売開始

ハクバ・カードを販売開始します!!

白馬村の5つのスキー場のリフト券を繰り返しチャージできるハクバ・カードのサービスが始まります

 一般社団法人白馬村観光局(所在地:白馬村北城7025、代表理事 伊藤英喜)は、オリジナルブランド「HAKUBA ORIGINAL」より『ハクバ・カード』の販売、及び、マイページを通じて繰り返しリフト券をチャージできるサービスを2023-2024ウインターシーズンから開始いたします。
持続可能なリゾートを目指す白馬村でスキー場のリフト券販売のDX化の推進は、スキー場利用者にとって、事前チャージでリフト券売り場に並ばずにリフト・ゴンドラに乗車できる利便性向上、各スキー場リフト料金がお得なチャージ料金となる経済性がメリットとなり、スキー場にとっては、チケット売り場での混雑緩和の他、数万枚にもおよぶ使用済みリフト券のゴミを減らすことに繋がりサステイナブルの取組の一つとなります。

ハクバ・カードとは

白馬村内のスキー場のリフト券を繰り返しチャージできるICカードです 。裏面の二次元コードをスマホで読み取り、オンライン決済いただくことでリフト券をチャージできます。

  • 本体価格:500円(税込)

ハクバカードの3つの特徴

  • 利便性:ハクバ・カードにスマホからリフト券をチャージできるので、リフト券売り場に並ばず、リフト・ゴンドラ乗り場に直行し、ゲートを通過いただけます。
  • 経済性:各スキー場のお得なチャージ料金が適用されます。
    (例:エイブル白馬五竜 & Hakuba47 では1日券が窓口購入より1,000円安くなります)
  • 持続可能性:白馬村内で多くのリフト券が破棄されています。ハクバカードに繰り返しチャージしてリフト券として使っていただくことで、白馬村のサステイナビリティへの取り組みにご協力いただけます。

ハクバカードの購入方法

白馬村観光局インフォーメーション(snow peak LANDSTATION HAKUBA内)、白馬村観光局のオンラインショップで購入いただけます。(オンラインショップの購入には金額に応じて別途送料がかかる場合がございます)

販売場所は順次拡大して参ります。

ハクバカードの使い方

  1. カードのウラにある二次元コードをスマホで読み取って、白馬村マイページを開きます。
  2. 初めての方は「新規登録」を行なってください。ICカード番号はオモテ面の左上にある番号です。
    「カメラでスキャンする」を押していただくとスマホのカメラで番号を読み取れますので、確認して登録してください。
  3. 登録が完了した、または既に登録している方はメールアドレスとパスワードでログインしてください。(ご利用の前に必ず利用規程をご確認ください)
  4. スキー場を選んで、各スキー場のリフト券購入画面からお手元のハクバカードにチャージしてください。
  5. リフト券売り場に並ばず、そのままゴンドラ・リフトのゲート通過し、乗車できます。
  6. 白馬を思いっきり楽しんでください。

ご注意ください!!

  • スキー場のチケット販売窓口、発券機ではハクバカードへのチャージはできません。必ず、マイページからチャージしてください。
  • 1枚のカードに同時に複数のリフト券をチャージすると、正しく利用できません。必ず、前にチャージしたリフト券を使い終えてから、新しいリフト券をチャージしてください。
  • ハクバ・カードはお客様に購入いただくものですので、スキー場での回収・保証金の返金はいたしません スマートフォンの機種やブラウザによっては、裏面の二次元コードを読み取れない場合があります。
    読み取れない場合はこちらのURLを入力してマイページを表示させてください。
    https://my.booking.vill.hakuba.nagano.jp/top

HAKUBAORIGINALとは?

白馬ならではの自然・観光資源を活かした「デザインやスタイル」を提案するブランドとして2017年に誕生したHAKUBAORIGINAL。白馬村のブランディング事業の一環として、白馬村観光局の新ブランドとして生まれた。ロゴマークは白馬村のシンボル白馬三山をモチーフに「ハクバ」の文字をロゴ化。さまざまなオリジナル商品やプロモーションを展開し、新たにサステナブル商品の展開もはじめています。

今回の「ハクバ・カード」の販売は、HAKUBAORIGINALサステナ商品の第1弾として販売します。

プロジェクトの背景

ハクバ・カードは村内観光事業のDX化の取り組みの一環として、長野県の「アウトドアアクティビティ事業者強化支援事業」として、長野県、白馬村の支援を受けて実施しております。

プロジェクトには白馬村観光局を主催として、村内の索道運営会社(株式会社岩岳リゾート、八方尾根開発株式会社、白馬観光開発株式会社、株式会社白馬フォーティセブン、株式会社五竜、株式会社大糸、株式会社White Resort白馬さのさか)、コンサルティング・システム開発会社(わさびや株式会社)が参加しています。

長野県北部の北アルプス山麓に位置する雄大な山々に囲まれた地”白馬村”は、スキーやスノーボードが楽しめるウィンターシーズンのみならず、オールシーズンで北アルプスの大自然を満喫できる唯一無二の「マウンテンリゾート」です。持続可能なリゾートの実現に向けたサステナブルな取り組みを積極的に推進しています。


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
広報の転職エージェント・転職サイト特集、未経験は難しい?
医師とチャットで無料相談できるサービス
オンライン 音楽教室 おすすめ 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円にする攻略法
イオンカード ミニオンズで映画を1000円にして当日見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ