岡山県笠岡市がフリーマガジン「カサオカスケッチ」vol.3を発行し2月28日(月)より配布開始

VOIX編集部 公開 注目のリリース
岡山県笠岡市がフリーマガジン「カサオカスケッチ」vol.3を発行し2月28日(月)より配布開始

岡山県笠岡市がフリーマガジン「カサオカスケッチ」vol.3を発行 笠岡暮らしをテーマに、まちを面白くする“人”を紹介

2月28日(月)より笠岡周辺地域で配布開始

岡山県笠岡市(笠岡市中央町1番地の1 市長:小林嘉文)は、移住・定住促進プロジェクトの一環で発刊した、笠岡の “いま” を伝えまちへの愛着を育むフリーマガジン「カサオカスケッチ」のvol.3を2月28日(月)より配布いたします。
今回は”笠岡で暮らすということ”と題し、廃校を活用したシェアアトリエのクリエイターや、地元民から愛されるカフェのご夫婦など、まちを面白くする“人”をご紹介しています。

「カサオカスケッチ」公式サイト:https://kasaoka-sketch.jp/

第三弾のテーマ:笠岡で暮らすということ

今回のテーマは、笠岡で暮らすということ。フリーマガジンを制作するうえで欠かせないのが人との出会いです。第一弾、第二弾のフリーマガジンを支えてくださったのは、笠岡で暮らす人たちでした。

第三弾は、笠岡でいま会いたい人をピックアップしています。北海道から笠岡へ移住した木工職人や、笠岡産の野菜を全国へ広める農業女子、故郷の笠岡で長年愛される喫茶店を営む夫婦などなど。どのページを開いても、その人らしい笠岡での暮らしがあります。

今回のテーマの“暮らす”とは、単に住むというだけではありません。働いたり、遊んだり、食べたり、寝たりしながら、日々を営むことを意味しています。笠岡の良いところ、魅力、課題、このまちで今どんなことが起きているのかを知るには、そのまちで暮らす人に会って話しを聞くのがいちばん。自分のために、誰かのために、まちのために、何かを頑張っている魅力的な人が笠岡にはたくさんいます。まちを面白くするのは、間違いなく“人”だから。笠岡で暮らす人を通して、まちの“いま”が分かる一冊です。

目次

  • 海の見える木造校舎が クリエイターのアトリエに
  • 時代を超え受け継がれる唯一無二の家具を作りたい
  • 日常を豊かにしてくれる使い心地の良い“道具”
  • 仲良し夫婦がつむぐカラフルな糸小物たち
  • 独自の感性で切り拓く地域に根ざした食の世界
  • 笠岡産の野菜を全国へ 農業女子の挑戦は続く!
  • おおらかであったかい地域の人たちに愛されて
  • まちの未来を明るく照らす私設公民館&図書室
  • 我がまち、自慢のイッピン

特集:廃校を活用したシェアアトリエ「海の校舎」

今回は2018年3月で廃校となった笠岡市立旧大島東小学校をクリエイターのためのシェアアトリエとして利活用している「海の校舎」を特集しています。昔ながらの木造校舎の教室に、木工職人や皮・布職人、老舗の帽子メーカー、デザイン事務所など、多種多様なクリエイターが集まって制作活動をしています。教室の窓からは海を眺めることも。新しい廃校の利活用の形と、そこでものづくりをするクリエイターたちをご紹介します。

フリーマガジン「カサオカスケッチ」概要

  • 雑誌名          :笠岡のまちの“いま”を描く、届ける「カサオカスケッチ」
  • 発行              :年3回予定(変更になる場合もございます)
  • 配布場所       :笠岡市役所定住促進センター、笠岡市立図書館、取材店舗(その
  • 他にも配布予定)
  • 編集               :クラモトマオ
  • デザイン         :長友浩之
  • 写真               :西はる子(hale)
  • 発行元           :笠岡市政策部定住促進センター
  • 公式サイト      :https://kasaoka-sketch.jp/
  • 問い合わせ先 :笠岡市政策部定住促進センター 片山宛
    teijyuu@city.kasaoka.okayama.jp

お知らせ

2月28日(月)19:00より、vol.3の発行を記念したインスタライブを開催予定。
定住促進センターの職員とライターが、制作の裏側についてゆるく語ります。
みなさまの参加をお待ちしております。

▼笠岡市公式Instagramにて開催

https://www.instagram.com/kasaoka_sketch/

笠岡市について

笠岡市は岡山県の西南部に位置する小さな港町。南は瀬戸内海に7つの有人島,北は緑豊かな山や田んぼが広がっています。日本で2番目に大きい笠岡湾干拓地にある道の駅では,菜の花やひまわりが咲く広大な花畑があり,年間を通して多くの観光客が訪れています。また、宝島社が発行する移住者向け月刊誌「田舎暮らしの本」2021年2月号が発表する「2021年版住みたい田舎ベストランキング」において,小さな市部門の自治体269の中で総合部門第12位を獲得。穏やかな気候や充実の子育て支援が支持されています。

■フリーマガジンをご希望の方は、切手を下記住所まで送っていただければ郵送いたします。

  • 〒714-8601笠岡市中央町1-1
  • 笠岡市役所定住促進センター
  • 参考)1冊=140円、2冊=210円

■笠岡市公式Instagramも日々更新中!ぜひ見てみてくださいね。
https://www.instagram.com/kasaoka_sketch/


【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
医師とチャットで相談できるサービス
「puhha(プッハ)」ビックカメラのウォーターサーバーがおすすめ
「@FROZEN(アットフローズン)」の店舗はイオンスタイル新浦安、通販もOK
「イオンシネマとなみ」が2023年夏に開業
「オンライン音楽教室」おすすめ5選
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ優待チケットの買い方
ミニオンカード映画当日でも即日発行して安くできるイオンシネマ特典とは
ネット銀行・ネットバンクで法人口座開設をおすすめする理由とは
年会費無料のおすすめ法人カード
中小企業におすすめの法人カード・ビジネスカード
副業におすすめのクレジットカード 特集
初心者におすすめのクレジットカード
ナンバーレスカード おすすめ
アプリに即時発行してすぐ使えるクレジットカード
コンビニ最強のおすすめクレジットカード
三井住友カード(NL) とナンバーレスカードのデメリット
イオンカード入会キャンペーン
三井住友カード(NL)キャンペーン
JCBカードW キャンペーン
楽天カード入会キャンペーン
イオンカードミニオンキャンペーン、2つのミニオンカードの違いとデメリットも解説

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ