富士見町の精密機械産業プロジェクト「SEIMITSU FUJIMI」、1周年を記念しブランドを伝える動画を公開|長野県富士見町

VOIX編集部VOIX編集部 注目のリリース
富士見町の精密機械産業プロジェクト「SEIMITSU FUJIMI」、1周年を記念しブランドを伝える動画を公開|長野県富士見町

八ヶ岳が育む環境と技術を描く

「東洋のスイス」として、精密機械で名高い長野県諏訪地域にある富士見町(町長:名取重治)は、富士見町の精密機械産業を紹介するプロジェクト「SEIMITSU FUJIMI」(セイミツ フジミ)で、「精密の町・富士見」としてのブランドを伝える動画を本日2022年4月7日に公開しました。
「SEIMITSU FUJIMI」は2021年3月より開始した富士見町の精密機械産業推進プロジェクトで、現在までに21社の精密機械企業を紹介しています。ブランディング動画はプロジェクト1周年を記念して作成し、精密機械産業を育む八ヶ岳がもたらす豊かな自然環境と、技術を支える人を描きます。

ブランディング動画の企画背景

諏訪地域6市町村の中でも、最も標高の高い地に位置する富士見町。戦後多くの精密機械工場が誕生し、70年を超える歴史のある企業も複数あります。作られた製品は日本のみならず海外へも供給されています。
優れた技術と品質の理由のひとつには、精密部品の洗浄に最適な不純物のない水や、部品管理に適した温度と湿度といった、八ヶ岳がもたらす豊かな環境があります。
「SEIMITSU FUJIMI」開始1周年を機に、八ヶ岳がもたらす自然環境の姿と、この地で技術を磨く人々の様子を地域内外へ向けてあらためて強いメッセージとして伝え、「精密の町・富士見」としてのブランド作りを推進することを目指し、動画を作成しました。

ブランディング動画の掲出

「SEIMITSU FUJIMI」サイトおよび「SEIMITSU FUJIMI」YouTubeチャンネルで掲出します。ウェブ広告掲出も行い、メーカーの設計部門や商社の調達部門を中心とした層への発信を行います。
また今後は、富士見町内、諏訪地域内での認知・理解の拡大を目指し、「SEIMITSU FUJIMI」参加企業や、富士見町役場等での動画の活用も検討していきます。

富士見町とは

八ヶ岳と南アルプスの間に立地し、山梨県との県境、長野県でも関東圏に近いエリアにあり、東京都から電車・車とも約2時間でアクセスができます。標高700m〜1200mの立地を生かし、避暑地や冬のスノーリゾート地として人気があり、レタスやセロリなど高原野菜栽培がさかん。その一方で、「東洋のスイス」と呼ばれる諏訪湖を中心に広がる諏訪地域に属し、富士見町内の精密機械企業は約70、主要な産業の一つです。

富士見町ホームページ

SEIMITSU FUJIMIとは

コロナ禍を機にスタートした、富士見町の精密機械産業を育んできた風土と環境、精密機械を作り出す各社の独自技術を伝える情報発信プロジェクトおよびウェブサイト。
富士見町には約70の精密機械企業がありながら、小規模事業者が圧倒的に多く、詳細な自社サイトを持つ企業も少数。また、精密機械で知られる諏訪地域にありながら、富士見町単独では精密機械産業での認知がありません。一方で、1社ごとは小規模であっても、小さな町だからこそ企業同士が協力する気風があり、複数社が連携しての取り組みも実施しています。
記事と動画で継続的に発信し、ターゲットであるメーカーの設計部門や商社の調達部門に情報を届けます。
また、町のPRに合わせ、工場等を始めとした企業誘致を含む情報発信を行います。




※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ