名古屋園芸株式会社が名古屋市で”花のデリバリー販売”を開始、Uber Eatsを活用

VOIX編集部VOIX編集部 注目のリリース
名古屋園芸株式会社が名古屋市で”花のデリバリー販売”を開始、Uber Eatsを活用

名古屋園芸、2022年4月18日(月)より名古屋市で初、デリバリーサービス『Uber Eats』を利用した花の販売を開始しました。

すでにご注文をいただいております!配達対象エリア内でアプリを開き、「すべて表示」をクリック。「花」を選んで下さい。

名古屋園芸、2022年4月18日(月)より

名古屋市で初デリバリーサービス『UberEats』を利用した花の販売を開始しました

名古屋園芸株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役:小笠原 誓)は、オンラインデリバリーサービス『Uber Eats(ウーバーイーツ)』を利用したお花の販売を2022年4月18日(月)より開始いたしました。

『Uber Eats』によるデリバリーの対応となる商品は、そのままお祝いとして渡せる「本日のブーケ」やご自宅の花瓶に挿せる「季節の花パック」、勝負の花の「赤バラ」、お墓参り用の「お参りパック」などです。
ご自宅にお届けするだけでなく、友人宅や墓地にお届けすることも可能です。
また、Uber Eatsの「お持ち帰り」機能を使えば、注文後店舗での受け取りも可能です。

『Uber Eats』は、料理のみならず、日用品や食料品などのデリバリーにもサービスを拡充しており、名古屋市内でのお花の取り扱いは名古屋園芸の商品が初となります。

本日のブーケF

本日のブーケF

名古屋園芸では、実店舗や自社オンラインショップでの販売だけではなく、お客様のさまざまなニーズに合わせたサービスを導入するとともに、それぞれの販売チャネルに対応した商品ラインナップを強化し、花や観葉植物などを通じて心豊かな生活シーンづくりを応援していきたいと考えております。

名古屋園芸株式会社について

1957年創業。1966年より名古屋市中区の新栄町駅近くの現在の所在地に移転。1996年に新社屋竣工。
1階では、名古屋市内では他にはない数の胡蝶蘭の陳列販売を行っている他、季節の鉢花やバラなどの生花の販売。2階では、大型観葉植物も販売。併設するガーデンプラザでは季節の苗などを販売している。園芸植物の販売のみならず、年間300回をこえる花の講座も実施して、花や緑のある豊かな生活の提案を行っています。

本サービス概要

  • サービス開始日:2022年4月18日(月)~
  • 販売店舗:名古屋園芸株式会社 名古屋市中区東桜2-18-13
  • 営業時間:午前10時~午後7時まで、店舗営業時間と同じ
  • 配達可能エリア
    中村区(一部地域)、中区(一部地域)、東区(一部地域)、千種区(一部地域)
    配達エリアは『Uber Eats』アプリにてご確認ください。
    配達手数料は、店舗からの距離に応じて変動いたします。

取扱商品の一例

※価格はすべて税込、UberEatsサービス料・配達手数料別

本日のブーケA(メインとなる花の色が選べます) 2,640円

本日のブーケA

本日のブーケA

おまかせミニブーケA(お花の色はおまかせ) 660円

おまかせミニブーケA

おまかせミニブーケA

赤バラ1輪(王道の赤いバラ)  660円

バラ1輪バラ1輪

季節の花パックA(花瓶にそのまま飾れるように) 1,100円

季節の花パック

季節の花パック

お参りパック(墓地に直接お届けも可能です) 1,320円

お墓参りパック

お墓参りパック

今後取り扱い商品の種類を増やしてまいります。

5月の「母の日」に合わせた商品も5月上旬より販売開始いたします。




※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ