孝芳堂株式会社が「土佐生姜を使用したジンジャーシロップ」のクラウドファンディングを開始

VOIX編集部VOIX編集部 注目のリリース
孝芳堂株式会社が「土佐生姜を使用したジンジャーシロップ」のクラウドファンディングを開始

アジアンジンジャーエール専門店の孝芳堂クラウドファンディング開始

ジンジャーエールベンチャーの孝芳堂株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 城垣誠朗)は、2022年5月10日より、土佐生姜を使用したジンジャーシロップを提供するクラウドファンディングプロジェクト ( https://camp-fire.jp/projects/view/558627 )を開始いたしました。
   ▼プロジェクトはこちら▼

孝芳堂とは

「孝芳堂」はアジアンカルチャーを取り入れながら、生姜を通じて人々の健康増進を目指すジンジャーエールブランドです。また、6月中旬に東京九段南にてジンジャーエール工房兼店舗を設立する予定です。九段南を含む麹町番町エリアは、明治期から大使館や教会、ミッションスクールが多く立地し、国際色豊かで多様性を尊重し合える地域でした。そんな街角から新たに香りが立ちのぼる、エキゾチックなジンジャーエールブランドを醸成したいと考えています。

本作の特徴

今回クラウドファンディングにて先行販売するジンジャーシロップの甘口・辛口は、土佐生姜とレモン、様々なハーブ・スパイスで作られています。芳しい香りで、甘口はすっきりと爽やか、辛口はスパイシーでフルーティーな味わいが特徴です。

近年、ノンアルコールや微アルコール、クラフトコーラやハードセルツァーが台頭し、アルコールのない飲料、低い飲料の選択肢も増えてきました。この状況に合わせ、孝芳堂は様々な気分や考えに合わせることができるようにジンジャーシロップとして提供します。炭酸を割ってジンジャーエールにするのはもちろんのこと、お湯やミルク、ビール等お好きなもので割ってもお楽しみいただけます。毎日の生活に生姜を取り入れたい女性を対象に開発しました。

またパッケージは、古い薬瓶を想起させるデザインを採用。和紙柄にハンコや漢字を使うことで東アジアの世界観を表現しています。

商品概要

  • 商品名:ジンジャーシロップ甘口/辛口
  • 品目:ジンジャーシロップ(清涼飲料水)
  • 容器・容量:瓶200ml/720ml
  • クラウドファンディング期間:5月10日から5月31日
  • クラウドファンディングサイト:https://camp-fire.jp/projects/view/558627

店舗情報

  • オープン日:6/19 (日) 予定
  • 住所:東京都千代田区九段南4-2-3
  • 最寄り駅:市ケ谷駅A3出口徒歩3分、半蔵門駅5番出口徒歩8分、九段下駅2番出口徒歩15分

お問合せ先

  • 会社名:孝芳堂株式会社
  • メールアドレス:contact@drinkkohodo.com



広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ