株式会社駐車場をさがせ が地域の自慢の商品を販売する自販機「自慢機」を群馬県庁に設置

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社駐車場をさがせ が地域の自慢の商品を販売する自販機「自慢機」を群馬県庁に設置

「自慢機」を群馬県庁に設置

自慢機は、各自治体の名産品を販売し、購入者の感想を自治体に還元する自販機です。
地域の生産者と購入者をつなぐ温かみのあるコンセプトで、地域振興を図ります。

このニュースのポイント
  • 群馬県庁32階で自販機「自慢機」を開始
  • 地域の名産品を販売し地域振興を促進
  • キャラクター「マンジロ―」を新たに導入

<以下リリース>

【自販機初の取り組み!!?自販機を起点とした新たな地域振興のカタチ】

町に人を呼び込む自販機「自慢機」が群馬県庁に誕生

~安全大国・日本の自販機文化を活用した、無人だけれど温かみのある地域PR企画が群馬の中心でスタート~

2024年6月1日より群馬県庁32階の官民共創スペース「NETSUGEN(ネツゲン)」にて、地域の自慢の商品を販売する自販機「自慢機(じまんき)」が始動します。

この自販機は、2022年9月から同所で「イノベーション自販機」として稼働していたものを、より親しみを感じさせる名称とコンセプトにリニューアルしたものです。取り扱う商品も各自治体の名産品を厳選し、規模を拡大しています。

【コンセプトについて】

自慢機は「地域の自慢」で「購入した人が周りに自慢したくなる」商品を取り扱います。各地域の生産者(つくり手)が想いを込めて作った商品を集めて発信・販売し、購入者(買い手)の感想を自治体に還元する仕組みとなっており、無機質な自販機でありながら、生産者と購入者の想いをつなぐ温かみのあるコンセプトになっています。

発案者である株式会社駐車場をさがせ(本社:群馬県高崎市、代表取締役:船越谷尚彦)の船越谷社長は次のように語ります。

「イノベーション自販機で地域の素晴らしい事業者様と膝を突き合わせてお話しをしてきたなかで、消費者に商品を知ってもらい、手に取ってもらう過程で課題を感じる声が多くありました。近江商人の商売十訓にもある『良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり』を具現化する手段として、自慢機の基本コンセプトが生まれました。この取り組みは、地域の活性にも寄与できると考えています。」

また、自慢機は地域への集客を促すことも目的としており、チラシ等を併設し広告塔として地域の観光情報や魅力を発信します。

【イメージキャラクター「マンジロ―」】

今回新たに自慢機をイメージとした「マンジロ―」というキャラクターを作成。この「マンジロー」は、群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」の作者、中嶋史子さんによって制作されました。マンジロ―は地域の商品を自慢する高い鼻を持ち、飛躍を連想させる羽とマント、自販機の要素を取り入れたコイン投入口のワッペンや取り出し口を模したポケットのある洋服を着ています。

今後のキャラクターの活用として、参画する自治体の名産品を持たせたご当地マンジロ―も制作予定です。

【ラッピングデザインへのこだわり】

自販機のデザインには糸車や糸巻きをあしらい、人々の縁を紡ぎ地域をつなぐ様子をイメージしています。吹き抜ける風のデザインは、群馬のからっ風とともに前身から引き継いだイノベーションの旋風の意味を含んでいます。だるまや焼きまんじゅう、温泉のイラストに加え、絹の輝く色をベースに使用し、群馬県の要素をふんだんに取り入れた仕上がりです。

【「自慢機ガチャ」にも誘客の仕掛け】

自慢機の隣にはガチャが設置されています。自慢機で商品を購入し、自慢機に掲示されているQRコードから自治体のアンケートに回答すると、NETSUGEN受付でガチャコインがもらえます。ガチャには自治体のノベルティや地域に訪問することで使えるクーポンなどが入っています。

【トップバッターの参画は群馬県甘楽郡の下仁田町】

第1弾として参画するのは群馬県南西部の下仁田町です。広大な自然観光スポットと特産の下仁田葱やこんにゃくで有名な町です。

販売される商品は以下の5つで、販売期間は年内8月末までを予定しています。

– 『ちょこっと酢っぱ』/茂木食品工業株式会社( https://www.shimonita.net/product/suppa.html

– 『マンゴープリン&ももプリンセット』/株式会社ヤマキ( https://yamaki-shimonita.jp/

– 『神津牧場ジャージーバームクーヘンミニ』/公益財団法人神津牧場( http://www.kouzubokujyo.or.jp/

– 『下仁田ねぎカレー』/有限会社産業開発しもにた( https://michinoeki-shimonita.com/#

– 『下仁田の下仁田ねぎ味噌』/上州下仁田屋( https://shimonitaya.com/

ぜひこの機会に一度、下仁田町の自慢の商品を手に取って、周りに自慢し、町を訪れる体験を楽しんでください。

【全国展開も視野に】

群馬県庁32階の自慢機は、この取り組みの中核となる1号店です。「地域の自慢の商品を発信する」というコンセプトのもと、ブランディングを強化し、いずれは群馬県外への進出も目指しています。

【イベント登壇のお知らせ】

自慢機の運営主体である株式会社駐車場をさがせ(本社:群馬県高崎市、代表取締役:船越谷 尚彦)が、自治体の担当者とともに地域課題解決の観点から自慢機プロジェクトの事例を紹介します。

– イベント名:NETSUGEN 地域課題解決セミナー

– 場所:NETSUGEN(群馬県庁32階)+オンライン(Zoom)

– 日時:2024年6月19日(水)14時~16時

– 詳細:https://www.netsugen.jp/event/e00005870/


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
無料 プレスリリース 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース配信サービスを無料で効果的に活用する方法
広報の転職エージェント・転職サイト特集、未経験は難しい?
医師とチャットで無料相談できるサービス
オンライン 音楽教室 おすすめ 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円にする攻略法
イオンカード ミニオンズで映画を1000円にして当日見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料のおすすめを比較
法人カードをおすすめできる中小企業とは
最強法人カード 特集
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ