dスマホローンの審査の厳しさを比較して紹介 ドコモのdスマホローン – スマホ完結のカードレスローン

dスマホローンの審査の厳しさを比較して紹介 ドコモのdスマホローン – スマホ完結のカードレスローン

この記事の目次

ドコモの「dスマホローン」について

dスマホローンはドコモが提供する、スマートフォンで申し込みから借入れ、返済まで完結できるカードレスのローンサービスです。ドコモのサービス利用状況に応じて最大年率3.0%の金利優遇があり、その実質年率は0.9%~17.9%※1で、お借入れ限度額は1万円~300万円(要審査)。

申込みはdアカウントがあれば可能で、ドコモ回線を利用していない方でも申し込むことができます。1,000円単位で必要なだけ借りられる便利性と、d払い残高への即時チャージ機能が特徴です。

この記事のポイント
  • スマホだけでローン申込みから返済まで完結
  • 実質年率0.9%~17.9%※1、1万円~300万円の融資
  • dアカウントがあれば誰でも申し込み可能

注釈

※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。
適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit/

dスマホローン【公式】ページ

まず、dスマホローンの審査について知ろう。独自審査が特徴的!

メリットなどの説明の前にまず、誰しもがきになる審査について説明していきます。

dスマホローンの審査は、ドコモが提供するサービスの一つで、審査プロセスには独自の特色があります。主に、「属性・信用情報」を中心に審査が行われ、ドコモのサービス利用状況も加味されます。ドコモユーザーであれば、特に長期間ドコモのサービスを利用している人は審査で有利になる可能性があると言われています​​​​。

dスマホローンの審査に関する内容まとめ

  1. 継続的な収入があれば、アルバイトやパートでもOK
  2. SMSがあれば誰でも作れるdアカウントが必須
  3. 満20歳以上満68歳以下
  4. 勤務先に在籍確認がかかる可能性がある
  5. ドコモ系サービスでの実績次第で審査が通りやすい?
  6. ブラックリストに載っている人は難しいかも

ドコモスコアリングという信用スコアが大事とされる

dスマホローンの審査においては、「ドコモスコアリング」という独自の信用スコアリングシステムが利用されることがあります。これは、ドコモの様々なサービス利用データを基にした信用スコアで、dスマホローンの申込者に対してより適切な融資判断を下すために活用されています​​​​。

審査プロセス

審査プロセスにはいくつかのステップがあります。まずはオンラインでの申し込みから始まり、本人確認書類の提出、属性情報や信用情報に基づく審査、そして場合によっては在籍確認の電話が行われます。審査に通過すると、契約手続きを経て融資を受けられます​​。

審査に落ちるケースも有る

審査に落ちる可能性があるケースもいくつか挙げられています。

審査に落ちる主な理由には、過剰な借入額の申し込み、他のキャッシングサービスの利用、返済能力の不足、所得証明が困難な場合などがあります。これらの理由に該当する場合、借入額を見直す、他社の消費者金融を検討するなどの対策が有効です​​。

また、年収が低すぎる、勤続年数が短すぎる、信用情報に問題がある、他社からの借入が多い、総量規制の影響などが挙げられます。

総量規制により、借入総額が年収の3分の1を超えることはできません。また、18歳と19歳の方は申込みができない点に注意が必要です​​。

dスマホローンに申し込む必要事項とdアカウントについて

dスマホローンに申し込む際は、dアカウントの保有や本人確認が完了していることが必要です。20歳以上68歳以下で、日本国内に居住し、安定した収入がある方が申込条件に該当します​​。

参考(dアカウントとは):https://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/ctop_about.html

dアカウント必須だが、決してドコモユーザーである必要はない

dアカウントが必要となりますが、ドコモユーザーでなくても、SMSを受信できる環境があれば誰でも申し込みが可能です。安定した収入があることが審査通過のためには重要であり、月収が一定であることも審査において考慮されます​​。

以上の点を踏まえ、dスマホローンの利用を考える際は、自身の信用情報を把握し、ドコモのサービス利用状況を最適化することで、審査通過の確率を高めることができるでしょう。

dスマホローンの審査は他と比べて厳しいか

dスマホローンの審査は、独自の審査基準を持っているため多くの方がその厳しさについて気にされていますが、審査については特段厳しいということはありません。

先ほど申し上げた通り、審査は一般的な情報である安定した収入や信用情報の他にドコモのサービス利用歴などを基に行われます。特に、ドコモユーザーである場合や、dアカウントを持って安定的に実績を積んでいる方は審査において有利になる可能性があります​​​​。

審査が厳しいと感じる方もいるがメリットが大きいサービス

dスマホローンの審査は厳しいと感じる方もいるようですが、その分、契約に成功した際には優遇金利が0.9%〜17.9%(実質年率)※1と下限が非常に低い融資を受けることが可能で、WEBやアプリで手続きを完結できるというメリットがあります。特に、dスマホローンを効果的に利用することで、返済時の利息を節約することも可能です​​​​。

審査が不安な方や、dスマホローンの利用を検討している方は、これらの点を踏まえた上で申込みを検討すると良いでしょう。

注釈

※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。
適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit/

dスマホローンの審査時間は最短即日

dスマホローンの審査は、申込から審査、契約、借り入れ、返済までのプロセスをWebまたはアプリで完結でき、特に審査完了後の連絡はメールやアプリで行われます。

申込みはサーバーメンテナンス等の不測の事態を除き基本的に24時間365日オンライン受付しています。

審査と融資は最短即日だが条件があり

審査の速度は迅速で最短即日。また、最短で即日の融資可能※2です。

dスマホローンで即日審査を行うのであれば17時までに申し込みをしなければいけません。それ以降になると審査完了が翌日以降にずれることがあります。また、年末年始も最短即日審査は適用外となりますのでご注意ください。

さらに、在籍確認のために勤務先に電話がかかる場合もありますので、基本的に最短即日を狙うのであれば平日の申し込みをおすすめします。

審査の際には、個人の属性や信用情報、ドコモのサービス利用情報が考慮されます。ドコモユーザーの場合、回線契約年数などが審査にプラスの影響を与えることもあります​​。

注釈

※2 システムメンテナンス時間はご利用いただけません。振込実施のタイミングはご利用の金融機関により異なります。

借入方法はd払い残高と金融機関口座の2種類

申込から借り入れまでのプロセスはオンラインで完結し、借り入れ方法にはd払い残高と金融機関口座の2種類があり、どちらも24時間365日、手数料無料で利用可能です。追加返済や一括返済もアプリを通じて行えます​​。

このように、dスマホローンは手続きの利便性や速さ、ドコモユーザーにとっての利点などが特徴ですが、審査を通過するためには信用情報のクリーンさや、安定した収入の証明が重要となります。

dスマホローンの在籍確認は場合により一部の方に行われる。

dスマホローンの在籍確認は、返済能力を確認する重要なステップの一つです。基本的に、申込者が提出した勤務先で実際に働いているかどうかを確認するために行われます。

ただし、在籍確認が必ずしも全ての申込者に対して行われるわけではなく、申込情報や審査内容によって一部の方に行われる可能性があるといったものになります。

しかし、審査時には連絡可能な時間帯を事前に伝えることが推奨されており、在籍確認の電話に出られない場合は審査に影響を及ぼす可能性があります​​​​。

在籍確認が行われやすい場合と在籍確認電話の内容

特に、借入額が50万円を超える場合や他の借入れを含めて総借入額が100万円を超える場合には、在籍確認が行われることが一般的です​​。

在籍確認は主に勤務先への電話によって行われますが、申込者本人が電話に出る必要はなく、勤務先に在籍していることが確認できれば問題ありません。電話での在籍確認に抵抗がある場合、書類提出による在籍確認を行う金融機関もありますので、そのようなサービスを選択することも一つの方法です​​。

在籍確認では、「dスマホローン」を名乗らず、担当者の個人名でかかってくるケースが多いようです。その際にも、在籍を確認するだけでローンのことなどはバレませんのでご安心ください。

勤務先に対する在籍確認を避けたい場合は、他のカードローンサービスの利用を検討することも一つの選択肢です。アイフルやアコムなど、原則として在籍確認の電話がないサービスも存在します。これらのサービスでは、書類や申告内容での確認を行うことが多く、よりプライバシーを重視したい方に適しています​​。

dスマホローンの審査はブラックリストでも通るか

dスマホローンの審査において、ブラックリストに記載されている場合は審査通過が難しいと考えられています。ブラックリストとは、信用情報機関に金融事故の履歴が残っている状態を指し、特に債務整理を行っている場合、返済能力に疑問が持たれ、審査落ちの一因になる可能性が高いです​​。

審査に落ちる主な理由としては、安定した収入がないこと、年齢が審査の基準外であること、他社からの借入が年収の1/3以上あることなどが挙げられます。特に、ブラックリストに記載されている場合、返済の際にトラブルを起こしていると判断され、審査が厳しくなる可能性があります​​​​。

ブラックリストの確認方法は開示請求

ブラックリストに載っているかどうか不安な場合は、信用情報機関に個人信用情報の開示を請求することで確認することが推奨されます。このプロセスを通じて、現在の信用情報を確認し、審査に臨むことが可能です​​。

dスマホローンの審査は、信用情報機関のデータだけでなく、ドコモのサービス利用状況も加味されるため、ドコモの長期ユーザーであれば、それが審査で有利に働く可能性もあります。しかし、最終的には返済能力や信用情報が重要な判断材料となるため、ブラックリストに記載されていると審査通過は難しいと考えられます​​。

dスマホローンのメリット

さて、審査の情報を細かく見てきましたが、dスマホローンのメリットはどうでしょうか。

dスマホローンは、ドコモが提供するカードローンサービスであり、その利便性と柔軟性から多くのユーザーに選ばれています。このサービスが注目される理由は、以下のメリットに集約されます。

スマホで完結する手軽さ

最大の特徴は、申し込みから借入れ、返済までがスマホ一つで完結する点です。店舗に行く必要がなく、自宅や外出先からでも手続きが可能であるため、忙しい現代人にとって大きなメリットと言えます。

即日融資の可能性

dスマホローンは、審査に通過すると最短即日での融資が可能です。急な出費にも対応できるため、金銭的なピンチに迅速に対応できる点が魅力です​​。

注釈

システムメンテナンス時間はご利用いただけません。振込実施のタイミングはご利用の金融機関により異なります。
年末年始を除く。最短即日審査は17:00までのお申込みに限ります。なお、お申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合がございます。

ドコモユーザーにはさらなる金利優遇

ドコモユーザーは、さらに低い金利での利用が可能です。ドコモの様々なサービスとの連携を通じて、金利が最大年率3.0%下がる優遇があり、長期間の利用ではその差は大きな節約につながります​​。

  • 優遇適用後金利 (実質年率):0.9%~17.9%
  • 基準金利(実質年率):3.9%~17.9%

ドコモの回線やその他対象サービスのご契約・ご利用状況に応じて、おトクな優遇金利が適用されます。dスマホローンの優遇金利は、一定の条件に基づいて基準金利から差し引く金利(優遇する金利)のことです。

ドコモのスマホローン

ドコモ回線の契約による優遇

優遇金利適用条件 ドコモの回線契約等
優遇金利(実質年率) -1.0%

dカードの契約による優遇

カード種別 dカード GOLD dカード
優遇金利(実質年率) -1.5% -0.5%

d払い残高からのお支払い

優遇金利適用条件 d払い残高からのお支払い
優遇金利(実質年率) -0.5%

上記3つの条件を満たすことで0.9%~17.9%(実質年率)という金利を受けることができるのですね。ちなみに、下限金利の0.9%というのは他のどのカードローンサービスと比較しても最低基準の低さです。

優遇金利適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit

少額融資からの利用が可能

1,000円からの少額融資が可能であるため、大きな借入れを希望しないユーザーにとっても使いやすいサービスです。自分が必要とする額だけを借りることができるため、無理な返済計画を立てる必要がありません​​。

学生や主婦でも利用可能

アルバイト等で安定した収入があれば学生や主婦でも利用可能です。dスマホローンならば利用しやすい条件が整っています​​。

これらのメリットを踏まえ、dスマホローンは日常生活における様々な場面で役立つサービスとして注目されています。特に、ドコモユーザーであれば、さらにお得に、より手軽に利用できる点が大きな利点となっています。

dスマホローンのデメリット

dスマホローンは便利で柔軟なカードローンサービスを提供していますが、利用する前に知っておくべきいくつかのデメリットがあります。

審査が厳しいとされる点

dスマホローンは比較的新しいサービスで、他の金融機関と同様に審査が厳しいとされています。安定した収入が必要であり、過去に金融関連のトラブルがあった場合、審査に通過するのが難しい場合があります。特に、年収の3分の1を超える借入は法律により制限されています​​​​。

また、ドコモ関連サービスでの実績のない方には審査も厳しくなるでしょう。

dカードのキャッシング利用者は注意が必要

dスマホローンを利用するには、dカードのキャッシングサービスを利用している場合、その利用を停止する必要がある場合があります。これはdスマホローンとdカードキャッシングサービスの併用ができないためです​​。

ドコモユーザーでないと審査が不利?

dスマホローンの審査では、ドコモの独自スコアリングシステムを利用しています。長年ドコモのサービスを利用しているユーザーは審査で有利になる可能性がありますが、そうでない場合はその恩恵を受けられない可能性があります。

審査時間と融資のタイミング

dスマホローンの審査は迅速に行われ、最短で即日融資が可能ですが、申し込みのタイミングによっては翌日以降になることがあります。特に夜間や休日の申し込みでは、即日融資が難しい場合があります​​。

これらのデメリットを踏まえた上で、dスマホローンの利用を検討することが重要です。利用条件や審査基準をしっかり理解し、自身に合ったカードローン選びを行いましょう。

dスマホローンの金利について

dスマホローンは、ドコモが提供するスマートフォンを通じて完結するローンサービスで、その料金体系は特に利用者にとって重要なポイントです。このサービスでは、金利が特に注目される部分であり、ドコモの回線やサービスを利用している場合には、金利の優遇が受けられることが大きな特徴となっています。

参考:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit/

基準金利

dスマホローンの基準金利は年率3.9%から17.9%となっており、これは利用者の信用情報や借入条件によって変動します。

優遇金利

ドコモの回線契約や、dカード、d払いの利用状況に応じて、金利が最大で年率3.0%まで優遇される可能性があります。この優遇金利の適用により、実質年率は0.9%から17.9%の範囲になります。

  • ドコモの回線契約をしている場合、最大で年率1.0%の金利優遇が適用されます。
  • dカード GOLDを持っている場合、年率1.5%の優遇が、通常のdカードでは年率0.5%の優遇が適用されます。
  • d払い残高からの支払いを利用している場合、年率0.5%の金利優遇が適用される条件があります。

優遇金利適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit

これらの金利優遇は、dスマホローンをよりお得に利用するためのキーとなります。特に、ドコモの様々なサービスを利用しているユーザーにとって、金利優遇は大きなメリットと言えるでしょう​​​​。

また、手続きはアプリやWebを通じて行えるため、面倒な郵送手続きは不要で、必要な時に必要な分だけ借入れが可能です。借入れはd払い残高へのチャージが1,000円から、金融機関口座へのお借入れは10,000円から利用できるので、利用者のニーズに応じた柔軟な金融サービスを提供しています​​。

「dスマホローン」のご返済について

dスマホローンのご返済期日は毎月27日で、この日に口座から自動引き落としが行われます。休業日(土・日・祝日)に27日があたる場合、翌営業日がご返済期日になります。

初回のご返済期日はお借入日によって異なります。1日から10日の間に借入れを行った場合は同月の27日が初回返済期日となり、11日以降に借入れを行った場合は翌月の27日が初回返済期日です。次回のご返済期日と金額は、dスマホローンのアプリやWebで確認可能です。また、追加返済はd払い残高からも行うことができ、指定口座にお振り込みして早めの返済も可能です。

返済期日まとめ
  • 毎月27日が自動引き落としの返済期日
  • 初回返済期日はお借入日によって変動
  • 追加返済でより早く返済可能

参考(返済期日):https://loan.docomo.ne.jp/repay/term/

dスマホローンの評判

dスマホローンに関する評判は、利用者の間で分かれています。その特徴やメリットを活かし、多くのユーザーが便利さや金利の優遇を評価していますが、一方で名前に関する混乱や、特定のニーズには合わないという意見もあります。

良い評判

  • 審査のスピードと手続きの簡便さ利用者は、申し込みから審査完了までが非常に迅速であることを高く評価しています。例えば、夜に申し込んで翌日の昼には審査が完了するケースや、昼に申し込んで夕方には審査が完了する事例が報告されています​​。
  • 母体が株式会社NTTドコモという安心感
    dスマホローンは消費者金融専門の業者ではなく株式会社NTTドコモが運営しています。CMなどでもよく目にする大手企業が運営している安心感はありましうよね。
  • 金利の優遇dスマホローンの金利は、ドコモユーザーの場合、最大で年率3.0%の優遇が受けられる点が魅力的です。実際に優遇金利を適用され、低金利で借り入れができたという声もあります​​。

評判から得られる考察

dスマホローンは、金利で見ると他の銀行や消費者金融のカードローンと比較して競争力があり、特にドコモユーザーには金利優遇のメリットが大きいです。しかし、限度額に関しては他の金融機関と比べると低めに設定されており、個々のニーズに応じて最適な選択が求められます​​。

dスマホローンの選択を考える際には、審査のスピードやサービスの便利さ、金利の優遇条件など、自身の状況に最も適したサービスかどうかを検討することが重要です。また、公式サイトでの詳細情報の確認や、必要に応じてサポートへの相談もおすすめします。

dスマホローンと他のスマホ完結型のローンサービスを比較

dスマホローンと他のスマホ完結型のローンサービスを比較すると、いくつかの重要な特徴が見えてきます。

dスマホローンは、他のオンライン完結型のカードローンサービスと同様にWeb契約完了後にすぐにIDやパスワードが発行され、その後アプリをインストールすることで利用できるようになります。

これにより、書類の提出や契約額が50万円以下の場合は収入証明書なしで借り入れが可能となっています。

他のアプリとの比較では、アコム、アイフル、プロミスなどの消費者金融から提供されているアプリが即日融資に対応しており、原則として郵送物がないため家族にバレにくいという特徴があります。

dスマホローンには他のサービスにはないドコモユーザーなら最大年率3.0%の金利優遇がある点が大きなメリットです​​​​。

また、dスマホローンの融資速度は最短即日※2※3であり、カードレスで利用可能で、優遇適用後金利は0.9%〜17.9%(実質年率)※1と下限が非常に低く設定されています。借入最少金額は1,000円からで、即日融資、カードレス利用が可能で、ドコモのサービス利用状況に応じた金利優遇を受けられる点で他のアプリと比較しても魅力的です​​。

注釈

※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。
適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit/

※2 システムメンテナンス時間はご利用いただけません。振込実施のタイミングはご利用の金融機関により異なります。

※3 年末年始を除く。最短即日審査は17:00までのお申込みに限ります。なお、お申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合がございます。

どんなユーザーにおすすめか

この情報から、dスマホローンは特にドコモユーザーにおすすめできるサービスであることが分かります。即日融資※2※3が必要な場合や、少額融資を希望する場合にも適しています。しかし、利用する際には、自分のニーズや利用条件をしっかりと確認することが重要です。

dスマホローンの申し込みは、アプリまたはWebから24時間365日いつでも可能です。申し込みにはdアカウントのログインが必要で、本人確認書類をアプリで撮影またはアップロードして提出します。審査を経て、金融機関口座の登録などの契約手続きを行い、契約完了後に借入れができます。書類の郵送や来店は不要で、手続きは簡単です​​。
dスマホローン【公式】ページ

商品名 dスマホローン
ご契約額(ご契約極度額) 1万円以上300万円以内(1万円単位)
お借入利率 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)
基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)※基準金利は審査結果に応じて異なります。※1
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)
お申込みいただけるお客さま ドコモ所定の要件を全て満たす方がお申込みいただけます(詳細はご利用規約を参照ください。)
なお、所定の要件には以下の事項が含まれます。

  • 審査申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下の日本国内に居住する個人の方
  • 安定した収入がある方
  • 審査申込者本人名義のドコモ所定の携帯回線契約を締結している方又はdアカウントを保有されている方
  • 当社が発信するSMS(ショートメッセージサービス)を受信できる方

※ご契約には所定の審査があります。

ご返済期日 毎月27日

※27日が土・日・祝日の場合、翌営業日となります。

ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長8年1ヶ月(96回)
ご返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
担保・保証人 不要

貸付条件表:https://loan.docomo.ne.jp/focus/file/kashitsukejoukenhyo_240401.pdf

注釈

※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。
適用条件詳細はこちら:https://loan.docomo.ne.jp/borrow/benefit/

※2 システムメンテナンス時間はご利用いただけません。振込実施のタイミングはご利用の金融機関により異なります。

※3 年末年始を除く。最短即日審査は17:00までのお申込みに限ります。なお、お申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合がございます。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ