農業ロボットベンチャーのAGRIST(アグリスト)株式会社が宮崎銀行とビジネスマッチング契約を締結

VOIX編集部VOIX編集部 お金
農業ロボットベンチャーのAGRIST(アグリスト)株式会社が宮崎銀行とビジネスマッチング契約を締結

アグリストが宮崎銀行とビジネスマッチング契約を締結

地場の企業との連携をさらに強め、テクノロジーで農業革命を起こします

農業ロボットベンチャーのAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 共同代表取締役:秦裕貴 齋藤潤一、以下 アグリスト)は、2022年6月に宮崎銀行(本店:宮崎県宮崎市)とビジネスマッチング契約を締結しました。宮崎銀行のお取り引き企業とアグリストが連携し、宮崎県の主要産業の一つである農業を持続可能な産業にしていきます。

なお、アグリストはピーマン自動収穫ロボット「L」と自社技術や製品を組み合わせることで「更に儲かる農業」の実現を目指す企業とのマッチングを目指しています。
ご関心のある方は弊社ホームページよりお問合せください。

 ▼お問合せ先

 

ビジネスマッチング連携の背景

日本の農業には沢山の問題があります。離農や高齢化による担い手不足、食料自給率の低下、耕作放棄地の拡大、海外の安価な農産物の輸入による影響など多岐にわたります。これらの問題から「農業は衰退産業だ」と思っている人は多いですし、未だに「3K」(きつい、危険、稼げない)のイメージも強く残っています。

宮崎銀行が地域経済の中心として培ってきた企業との信頼関係やパートナーシップを通じて、アグリストが保有するロボット、AI、画像解析等のテクノロジーと地場の企業が保有する技術を掛け合わせることが可能になります。これにより、更に農業のDX化を加速させ、宮崎銀行がフィロソフィに掲げる地域の持続可能な成長を共創していきます。

宮崎銀行について

本店所在地 〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東四丁目3番5号
設立 1932年7月27日
従業員数 1,356人
預金残高 2兆9,980億円
拠点 国内支店:71/出張所:25

 

AGRIST株式会社について

アグリストはテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。
高齢化が進み農産物の収穫の担い手が不足している課題を、自動収穫ロボットで解決します。
2017年から宮崎県新富町の農家らと勉強会を開催し、現場の農家らからロボットの必要性を聞いてきました。
2022年には宮崎県から販路を開拓し、地方から世界の農業課題を解決するグローバルベンチャーへの成長に向けて事業を展開していきます。

ピーマン自動収穫ロボット「L」

「人をサポートするロボットが必要だ。」という農家の声を受け、開発されたのがアグリストのピーマン自動収穫ロボット「L」です。より多くの農家にロボットを使ってもらおうと、機能をシンプルにし手の届きやすい価格のロボットがコンセプトです。

アグリストのロボットを導入することで、人が取り切れなかったピーマンを収穫し、農業の人材不足という課題を解決します。
人をロボットがサポートすることで100年先も続く持続可能な農業の実現を目指して事業を展開しています。

 ▼詳しい自動収穫ロボットの詳細

AGRIST株式会社 概要

採用について

アグリストでは、ミッションである「100年先も続く持続可能な農業」を実現するため、全職種で採用を強化しております。ご興味・ご関心がある方は、ぜひお問い合わせください。

  • 募集職種一覧:ロボット開発エンジニア、バックオフィス、営業など
  • 採用サイト:https://agrist.com/recruit
  • 担当・連絡先:山口 孝司 recruit@agrist.com

アライアンスについて

アグリストでは、AI自動収穫ロボットを活用した「次世代農業モデル」の構築・普及を、一緒にお取り組みいただけるパートナーを募集しております。

協業例:金融機関・地域金融機関、農業資材メーカー、商社、投資ファンドなど





タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ