株式会社マーキュリーの「CoinTrade」が新規暗号資産を取扱開始

VOIX編集部VOIX編集部 お金
株式会社マーキュリーの「CoinTrade」が新規暗号資産を取扱開始

「CoinTrade」新規暗号資産取扱い開始予定のお知らせ

株式会社マーキュリー(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:都木 聡、以下、「当社」)は、当社の提供するサービス「CoinTrade」(コイントレード)において、エイダコイン(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)の取り扱いを近日中に開始することをお知らせいたします。これにより「CoinTrade」(コイントレード)では8種類の暗号資産を取り扱うこととなります。

エイダコイン(ADA)について

エイダコイン(ADA)は、元イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務める会社Input Output Globalと、ブロックチェーンの研究開発をする会社Emurgo、そしてCardano Foundation(カルダノ財団)によって開発された独自のプラットフォーム「カルダノ」において利用される暗号資産です。

  • 名称 :エイダコイン
  • シンボル :ADA
  • 時価総額 :2,254,213,587,541円(2022年6月27日時点)
  • 単価 :約66.70円(2022年6月27日時点)

パレットトークン(PLT)について

パレットトークン(PLT)は、株式会社セレスも出資する株式会社HashPortの子会社である株式会社HashPaletteが開発した日本発のエンターテインメント分野に特化した独自のプラットフォーム「パレット」において利用される暗号資産です。

  • 名称 :パレットトークン
  • シンボル :PLT
  • 時価総額 :9,103,493,891円(2022年6月27日時点)
  • 単価 :約22.54円(2022年6月27日時点)

アイオーエスティー(IOST)について

アイオーエスティー(IOST)は、2018年1月にシンガポールのInternet of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産で高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用ができる独自のプラットフォーム「IOST」において利用される暗号資産です。

  • 名称 :アイオーエスティー
  • シンボル :IOST
  • 時価総額 :35,931,508,728円(2022年6月27日時点)
  • 単価 :約1.93円(2022年6月27日時点)

当社は2021年2月17日に正式に暗号資産交換業者の登録を完了し、2021年3月15日に「CoinTrade」(コイントレード)のサービスを開始いたしました。「CoinTrade」(コイントレード)はシンプルなトレードビュー、直感的なインターフェース、東証プライム市場上場企業グループが提供する世界最高水準セキュリティを持つ安心で快適なトレードが可能な暗号資産販売所サービスです。

マーキュリー会社概要

  • 会社名 株式会社マーキュリー
  • 所在地 東京都世田谷区用賀4-10-5 世田谷ビジネススクエア ヒルズ4 5階
  • 代表者 代表取締役社長 都木 聡
  • 登録番号 暗号資産交換業者(登録番号 関東財務局長 第00025号)
  • 設立年月 2017年9月
  • 資本金 2.5億円(2022年5月末現在)
  • 加入協会
    一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)
    一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)
    一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)
  • ホームページ https://coin-trade.cc/

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

リスク情報について

CoinTrade(コイントレード)で取り扱っている商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。なお、本プレスリリースは投資の勧誘や仮想通貨の売買を推奨するものではありません。




※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ