仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」とネットバンクの「GMOあおぞらネット銀行が「即時入金サービス」で連携開始

VOIX編集部VOIX編集部 お金 暗号資産・仮想通貨
仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」とネットバンクの「GMOあおぞらネット銀行が「即時入金サービス」で連携開始

Coinbase(コインベース)が新機能「即時入金サービス」においてGMOあおぞらネット銀行と取り組みを開始

世界最大級のビットコインなど仮想通貨の取引所「コインベース」の日本法人Coinbase株式会社は、即日開設できるネットバンク法人口座などを展開する GMOあおぞらネット銀行株式会社が提供する「かんたん組込型金融サービス」を活用し、Coinbaseの新機能「即時入金サービス」の提供を開始しました。

GMOあおぞらネット銀行の利用者は手数料無料でCoinbaseに即時入金が可能

CoinbaseとGMOあおぞらネット銀行 の連携により、GMOあおぞらネット銀行の口座開設者でCoinbaseの口座に手数料無料で即時⼊⾦することができるようになります。

さらに、GMOあおぞらネット銀行との提携により、日本国内の銀行口座からCoinbaseのアカウントへ直接入金することができるようになります。

Coinbase(コインベース)会社概要

Coinbase株式会社は、世界最大級のビットコインなどの仮想通貨取引所「Coinbase」を運営するCoinbase Global, Inc.(コインベース・グローバル)の日本法人です。

Coinbase Global, Inc.は、2012年に設立されて以来、Coinbaseはビットコインやイーサリアム等の世界の主要デジタル資産取引のプラットフォームを構築し、世界中の個人、企業、及び機関などに簡単かつ安全な暗号資産へのアクセスを提供しています。

  • ホームページ:https://www.coinbase.com/
  • Coinbase公式Twitter:https://twitter.com/CoinbaseJapan
  • 認証済みユーザー数:1億300万人以上
  • 四半期取引額:2,170億ドル
  • プラットフォーム上資産:960億ドル
  • 利用可能国数:100カ国以上
  • 従業員数:従業員数 4,900名

(2022年6月30日時点)

≪暗号資産を利用する際の注意点≫
暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
インターネット上でやりとりされる電子データです。暗号資産は、価格が変動することがあります。
暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、その価値を失う可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

 


【GMOあおぞらネット銀行の法人口座】

GMOあおぞらネット銀行は振込手数料が毎月20回まで無料
GMOあおぞらネット銀行は、2018年7月に誕生した比較的新しいインターネット専業銀行です。
「スモール&スタートアップ向け銀行No.1」を掲げており、申し込みに”印鑑・固定電話が不要”であったり、設立1年未満の法人向けには”振込手数料が毎月20回まで無料プラン”を提供するなど、特に新設法人向けに便利でお得なサービスを提供しています。

▼毎月20回無料プランはこちら▼
GMOあおぞらネット銀行 スタートアップ用法人口座【公式サイト】

▼法人&個人事業主はこちら▼
GMOあおぞらネット銀行 法人口座【公式サイト】

▼詳しくはこちら▼
GMOあおぞらネット銀行法人口座の開設に必要な書類や審査落ちしない秘訣とは
手数料が安い おすすめのネット銀行法人口座 を徹底比較
GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」のメリットや審査について
「GMOあおぞらネット銀行キャンペーン」開催中のお得な最新イベントをご紹介
「GMOあおぞらネット銀行デビットカード」のキャッシュバック率は?




※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ