愛媛銀行がESG投資、船舶投資ファンド「アンカー・ディスカバリー合同会社」に出資

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ESG
愛媛銀行がESG投資、船舶投資ファンド「アンカー・ディスカバリー合同会社」に出資

株式会社愛媛銀行がESG投資としてアンカー・シップ・パートナーズ株式会社の船舶投資ファンド「アンカー・ディスカバリー合同会社」に出資

株式会社愛媛銀行(頭取:西川義教)が、アンカー・シップ・パートナーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:篠田哲郎)が組成した船舶投資ファンド「アンカー・ディスカバリー合同会社」に対する出資契約を締結した。

「アンカー・ディスカバリー合同会社」とは

「アンカー・ディスカバリー合同会社」は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱するポジティブインパクト金融原則に基づき、海運業への積極的なESG投資を予定しており、三井住友信託銀行株式会社からESG評価認定に係るモニタリングを受けるとともに、格付機関である日本格付研究所より第三者意見を取得している。

本ファンドの主な投資対象は、石炭や石油と比べて環境負荷の低い液化天然ガス(LNG)を燃料とするLNG運搬船を予定している。

 


【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、企業が銀行に法人口座を開設すると利用できるおすすめの資金調達手段です。
私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。 企業の資金繰りを楽にする「法人カード おすすめ を専門家が解説」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ