東日本高速道路株式会社 発行のESG債を七十七銀行が購入

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 ESG
東日本高速道路株式会社 発行のESG債を七十七銀行が購入

株式会社七十七銀行が東日本高速道路株式会社 発行のESG債を購入

株式会社七十七銀行(頭取 小林 英文)が、SDGsの達成に向けた取組みの一環として、グリーンボンドなどのESG債への投資を積極的に推進しており、東日本高速道路株式会社発行のESG債を購入した。 ESG債は、環境面・社会面において持続可能な経済成長の実現に向け支援することを目的として、国際資本市場協会が定める原則等に則って発行された債券。

七十七銀行が購入した東日本高速道路株式会社 発行のESG債概要

発行体 東日本高速道路株式会社
種類 ソーシャルボンド
年限 10年
発行額 700億円
発行日 2021年7月15日
資金使途 防災・減災に資する高速道路の新設・修繕
関連するSDGs 関連するSDGs

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ