アイドマ・ホールディングスが「ソーシャルボンド」に投資、独立行政法人日本学生支援機構が発行

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 ESG
アイドマ・ホールディングスが「ソーシャルボンド」に投資、独立行政法人日本学生支援機構が発行

アイドマ・ホールディングスのSDGsに関する取り組み/ESG投資

 株式会社アイドマ・ホールディングス(代表者名:三浦陽平、以下「当社」という)は、このたび、独立行政法人日本学生支援機構(以下、「同機構」という)が発行するソーシャルボンド(第64回日本学生支援債券、以下「本債券」という)への投資を決定しましたので、お知らせします。

 「ソーシャルボンド」とは、社会的課題の解決に資するプロジェクト(ソーシャルプロジェクト)の資金調達のために発行される債券のことであり、グリーンボンドとともに、ESG(1)投資の対象となります。本債券は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するソーシャルボンド原則に適合する旨、世界的なESG評価機関であるヴィジオアイリス(Vigeo Eiris・フランス)からセカンドオピニオンを取得しており、「ソーシャルボンド」として発行されます。本債券の発行による調達資金は、同機構が担う奨学金事業の内、貸与奨学金の財源として活用されます。奨学金事業は、日本国憲法第26条や教育基本法第4条に定められる「教育の機会均等」や、国連の持続可能な開発目標(SDGs)(2)の内、目標4「すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。」の達成に資する等、我が国の教育面の課題解決に貢献します。

弊社は「すべての人の夢の実現に貢献する」ことを経営理念とし、「世界の可能性を広げる」というビジョンを掲げています。現在は、様々な事情を抱える働き手と企業とをマッチングする事で、人口減少での採用難という問題を解決する事業に取り組んでいます。夢を実現したい人が、場所や時間、そして環境などで実現を妨げられる様々な制約を無くし、「すべての人が夢を実現できる社会」を実現するための事業展開をこれからも行い、さらに本債券を始めとしたグリーンボンド・ソーシャルボンドへの投資も継続的に実施することで、社会的責任を果たして参ります。

<本債券の概要>

  • 銘柄 : 第64回日本学生支援債券
  • 年限 : 2年
  • 発行額 : 300億円
  • 発行日 : 令和3年9月8日

(1)ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉。「ESG投資」とはこれらの要素を重視・選別して行う投資のこと
(2)持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連持続可能な開発サミットにて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が掲げる、加盟各国が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットのこと

_以 上

<会社概要>

  • 設立:2008年12月22日
  • URL:https://www.aidma-hd.jp/
  • 代表者:代表取締役 三浦 陽平
  • 資本金:1,074百万円(2021年7月21日現在)
  • 事業内容:営業支援事業、業務支援事業、経営支援事業
  • 本社所在地:東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館 4F
  • TEL:03-5985-8290/FAX:03-5985-8291
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ