世界銀行が発行するグリーンボンドを引受、Citigroup のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
世界銀行が発行するグリーンボンドを引受、Citigroup のSDGsへの取り組み

世界銀行が発行するグリーンボンドを引受 複数の本邦生命保険会社が共同で投資

本邦生命保険会社向けに発行するニュージーランド・ドル建てのグリーンボンド発行において取扱証券会社に指名

​シティグループ証券株式会社は、世界銀行(正式名称: 国際復興開発銀行(IBRD)、ムーディーズ: Aaa、スタンダード&プアーズ: AAA)が本邦生命保険会社向けに発行する総額2億7400万豪ドル建て、及び2億4100万ニュージーランド・ドル建て(総額408億円相当)のグリーンボンド発行において取扱証券会社に指名されました(引受証券会社はシティグループ・グローバル・マーケッツ・リミテッド)。
本件は、2021年11月開催予のCOP26を前に(気候変動対策に向けた)機運が高まる中、開発途上国の気候変動対策並びに気候変動ファイナンスおける国際開発金融機関の重要な取組みを支援するために、複数の本邦生命保険会社が共同で投資するものです。

世界銀行のグリーンボンドは、開発途上国の低炭素化と気候変動に対する強靭性を高めるための特定の基準を満たす開発プロジェクトへの融資資金として活用され、気候変動の進行の「緩和」または気候変動の影響に対して人々が「適応」できるよう支援しています。世界銀行のグリーンボンドの対象となるプロジェクトには、再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率化、廃棄物処理や農業への温室効果ガス排出を削減する新技術の導入等、低炭素社会への移行を進めるための取組みが含まれています。同じく対象となる森林管理や河川流域管理などのプロジェクトでは、温暖化により増発する洪水の被害を抑え、災害に対する備えを強化しています。

シティグループ証券市場営業本部長の松本圭太は次のように述べています。「COP26を前に気候変動対策への国際的な機運が高まっている中での世界銀行のグリーンボンドへの本邦機関投資家による協働投資は、日本の官民セクターによる開発途上国支援を更に後押しするものと確信しています。シティグループは低炭素経済への移行を目的とした環境ファイナンスを2030年までに5,000億米ドル実施することをコミットしており、今後も世界銀行や本邦機関投資家などの重要なステークホルダーと連携し環境ファイナンスを推進していきます」

シティは、20年以上にわたりサステナビリティに取り組んでおり、1997年に国連環境計画の金融イニシアティブに参加以後、業界内外の取り組みに参画しています。2019年には、世界で初めてサステナビリティ・ボンドの発行を手掛け、こうした実績を本債券のアレンジに活かしています。シティは2030年までに総額1兆ドルのサステナブル・ファイナンスの実行および支援を表明しており、本債券のアレンジを含め、金融の側面から持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。

発行概要 

発行体:   世界銀行(正式名称: 国際復興開発銀行(IBRD))
格付け:   Aaa /AAA (Moody’s/S&P)※全て無登録格付
発行額:   AUD 274,000,000          NZD 241,000,000
決済日:   2021年9月30日              2021年9月30日
償還日:   2036年9月30日              2036年9月30日
発行価格:100%                            100%
利率:       1.780%                         2.410%
取扱証券会社: シティグループ証券株式会社
(引受証券会社はシティグループ・グローバル・マーケッツ・リミテッド)

シティについて

シティは、世界160以上の国と地域に約2億の顧客口座を有する世界有数のグローバルな金融機関です。個人、法人、政府機関などのお客様に、個人向け銀行業務、クレジットカード、法人・投資銀行業務、証券業務、トランザクション・サービス、資産管理など、幅広い金融商品とサービスを提供しています。
www.citigroup.jp | www.citigroup.com | Twitter: @Citi | YouTube: www.youtube.com/citi | Blog: http://blog.citigroup.com | Facebook: www.facebook.com/citi | LinkedIn: www.linkedin.com/company/citi

——————————————————————————————————————–

金融商品取引法第 37 条に定める事項の表示

金融商品取引を行われる場合は、各商品等に所定の手数料等(株式取引の場合には、事前にお客 様と合意した手数料率の委託手数料および消費税、投資信託の場合には、銘柄ごとに設定された 販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)をご負担いただく場合があります。 また、すべての金融商品には、関連する固有リスクがあり、国内外の政治・経済・金融情勢、為 替相場、株式相場、商品相場、金利水準等の市場情勢、発行体等の信用力、その他指標とされた 原資産の変動により、多額の損失または支払い義務が生じるおそれがあります。 さらに、デリバティブ取引の場合には、お客様との合意により具体的な額が定まる保証金等をお 客様に差し入れていただくこと、加えて、追加保証金等を差し入れていただく可能性もあり、こ うした取引についてはお取引の額が保証金等の額を上回る可能性があります。 デリバティブ取引にあたり差し入れていただく保証金等の額は担保契約の内容により異なるた め、現時点ではお取引の額の保証金等の額に対する比率上限を算出することはできません。 また、上記の指標とされた原資産の変動により、保証金等の額を上回る損失または支払い義務が 生じるおそれがあります。さらに、取引の種類によっては、金融商品取引法施行令第 16 条第 1 項第 6 号が定める売付けの価格と買付けの価格に相当するものに差がある場合があります。 権利行使期間がある場合は権利を行使できる期間に制限がありますので留意が必要です。 期限前解約条項、自動消滅条項等の早期終了条項が付されている場合は、予定された終了日の前 に取引が終了する可能性があります。 商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書 またはお客様向け資料をよくお読みください。

商号等: シティグループ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第130号 加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人第二種金融商品取引業協会

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ