「エシカルコンビニ」阪神梅田本店2Fに10月8日オープン、倫理と向き合う新しい形のコンビニ

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
「エシカルコンビニ」阪神梅田本店2Fに10月8日オープン、倫理と向き合う新しい形のコンビニ

ダイアモンドヘッド株式会社 のSDGsへの取り組み、倫理と向き合う新しい形のコンビニ「エシカルコンビニ」が阪神梅田本店2Fに10月8日オープン

〜 手の届く範囲のものから、より身近にエシカルを 〜

ダイアモンドヘッド株式会社(本社:東京都港区・北海道札幌市)は、「阪神梅田本店」の建替え先行オープンとなる10月8日(金)に、「エシカルコンビニ」新店舗を営業開始いたします。
「エシカルコンビニ」は、地球上の様々な問題に対し、日常的に手に届く範囲のものを通してメッセージをお届けする、『倫理と向き合う新しい形の提案型コンビニ』であり、4店舗目となる阪神梅田本店は初の常設店舗となります。循環素材・環境負荷低減素材をコンセプトに据えた空間設計や、「エシカルコンビニ」としては初となる、環境に配慮した量り売りの導入など、訪れるお客様に、新しい気づきを与える同店舗に、ぜひご注目ください。
エシカルコンビニ(ethical-conveni)

エシカルコンビニ(ethical-conveni)

阪神梅田本店とのパートナーシップ

今回、阪神梅田本店とエシカルな取組みについて共創することで、人材、環境、商品等々全てにおいてエシカル・サステナブルな売場が実現いたしました。
「エシカルコンビニ」はディレクター早坂奈緒の世界観が反映された店舗として、阪神梅田本店の社員と共創する店舗となります。
また、阪神梅田本店が目指すエシカル・サステナブルは、アッシュ・ペー・フランス株式会社においてエシカル事業を約10年牽引してきた、エシカルディレクターの坂口真生がアドバイザーとしてサポートします。

ノムラデュオによるサスティナブル素材を使用した空間内装

「エシカルコンビニ」の空間造作は、循環素材・環境負荷低減素材をコンセプトに据え、株式会社ノムラデュオさまの協力により、素材×素材、素材×発想の組み合わせで可能な限りエシカルな空間を体現しています。例えば、アルミ缶の再生スキームから生まれたリサイクル・アルミを使用したテーブルトップ。管理された森林から計画的に伐採された木材を使い、流通、加工までが認証された証明であるFSC®認証を取得した木工家具。
他にも、天然石や鉄など、自然由来でオーガニックな材料をふんだんに使うなど、未来の豊かさにつながるエッセンスを商品だけでなく空間作りにも導入しています。

「エシカルコンビニ」のコンセプトに基づく商品ラインナップ

今回の店舗では、「エシカルコンビニ」としては初となる、ドライフルーツや洗剤の量り売りを導入します。量り売りは日本初のゼロ・ウェイスト・スーパーをプロデュースする斗々屋(ととや)のシステムを導入。そのほか取り扱うアイテムは食品や日用品などいわゆる『コンビニ』にあるものだけではなく、アパレルやアクセサリー類など幅広く取り揃えています。
Stasher

Stasher

Stojo

Stojo

mana.ORGANIC LIVING

mana.ORGANIC LIVING

KISSACO

KISSACO

ALISHAN

ALISHAN

SONETT

SONETT

OSKLEN

OSKLEN

ikue

ikue

エシカルコンビニ とは

URL:https://ethical-conveni.com/pages/about
コンビニというネーミングには、「日常の手に届く範囲のものを通じて、倫理と向き合い、暮らしを変えていきたい」というメッセージがこめられています。自然への配慮から、気づきの連鎖まで、6つのエシカルキーワードを軸に商品展開。現在では国内外のおよそ100のブランドを取り扱っています。
大きな特徴は積極的な接客をしないこと。店頭でご質問いただければ喜んでお伝えしますが、情報を押し付けたりはしません。どうしてこれがエシカルなのかを考えたり調べたりすることで、気づきの連鎖が生まれ、それが本来の豊かさにつながったらという想いがあるからです。可能な限り皆さまの手の届くところに【エシカルコンビニ】 があるようにという願いを込めて、これからも邁進してまいります。

エシカルコンビニ 阪神梅田本店 店舗概要

店名:エシカルコンビニ 阪神梅田本店
所在地:〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 阪神梅田本店2階
営業時間:午前10時~午後8時(当面の間。詳細は阪神梅田ホームページをご確認ください)
URL:https://ethical-conveni.com/

Ethical Convenience Store
https://www.instagram.com/ethicalconvenience_store/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ