Forbes JAPAN「最強のサステナブル企業100 社」を発表、AIでサステナブルな取り組みをスコア化

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
Forbes JAPAN「最強のサステナブル企業100 社」を発表、AIでサステナブルな取り組みをスコア化

Forbes JAPANが「最強のサステナブル企業100 社」を発表、リンクタイズグループ のSDGsへの取り組み

AIを使って東証一部上場の全2189社を対象にサステナブルな取り組みをスコア化。未来を創る「最強のサステナブル企業100社」を発表

グローバルビジネス誌『Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)』(発行元:リンクタイズ株式会社、代表取締役会長:高野真)は、8月発売の号より「インクルーシブ・キャピタリズム(包括的な資本主義)」をテーマに掲げ発信をしています。その第2弾として、AIを使って東証一部上場の全2189社を対象にサステナブルな取り組みをスコア化。未来を創る「最強のサステナブル企業100社」を発表しました。

サステナブルランキングとは?

ひとことで表すと「数字では表しにくい非財務データから見た企業の総合格付け」です。非財務、つまり、企業が取り組むサステナブルな活動とその発信に重きを置き、財務データも参照しAIでスコアリングするという、かつてない視点で算出した総合格付けランキングを今回「サステナブルランキング」として作成し発表しました。

今回、『Forbes JAPAN』とともにランキングの策定を行い、AIでのスコア算出に協力頂いたサステナブル・ラボ代表の平瀬錬司氏はランキングの意図について次のように説明しています。

サステナブル・ラボ代表 平瀬錬司氏コメント

「これまでの企業格付けの多くは、収益力という1軸で見るものが多かった。しかし昨今、現実の世界では収益だけでなく、社会へのインパクトが重視されています。いま稼いでいても、世の中の何かを破壊したり、下請け企業に負荷がかったり、従業員や消費者に直接的、間接的に何らかの不利益をもたらしていては企業活動は持続しません。消費者も企業の振る舞いに敏感に反応するようになりましたし、資金調達でも投資家の目は環境問題に厳しくなっています。収益力と社会へのインパクトを、私たちは“強さと優しさ”と言っていて、この2軸で算出したのがサステナブルランキングなのです」

このような観点から、東証一部上場の全2189社を対象に、総合ランキングと以下の6つの部門ランキングを算出しました。

・経営陣の発言一貫度ランキング
・女性活躍ランキング
・長期コミットメントランキング
・ポテンシャルランキング
・サプライヤー配慮ランキング
・CFO・財務視点ランキング

決算書や株価では見えにくい部分を読み取る試み

時価総額が高いからといってサステナブル度が高いとは限りません。つまり、いま稼ぐ力があっても、それが将来的に持続する、つまりサステナブルとは限らないのです。

AIによる解析に使用した要素は、CO2排出量、エネルギー消費量、女性従業員・役員の比率、労災事故検出、残業、従業員満足度、労働分配率、廃棄物排出量、水消費量、研究開発費、取締役の任期、取締役の出席率といったものから、ESG/SDGsのグローバル指標など多岐にわたります。さらにForbes JAPANオリジナルの発言一貫度などのスコアも加味しています。

各ランキングに共通するのは、「長期視点」と「ステークホルダーの拡大」。すぐに取り組むことはできても、結果が出るのには時間がかかる。企業が先を見据えた視点で今を取り組めているかが重要なのです。決算書や株価ではなかなか見えにくい部分を読み取る試みとなっています。

「全方位よし」企業はどこだ!総合ランキング1位は?

総合ランキング10位までは以下の通りとなっています。

1位 セイコーエプソン
2位 日立製作所
3位 リコー
4位 野村ホールディングス
5位 富士フイルムホールディングス
6位 東芝テック
7位 大和証券グループ本社
8位 サトーホールディングス
9位 三菱UFJフィナンシャル・グループ
10位 ホーチキ

9月25日発売の『Forbes JAPAN』11月号では全ランキングの発表と共に、ランキング上位企業代表へのインタビュー記事も掲載しています。

先行きが見えない世界で、勝ち残るのは持続可能性への戦略です。日本が目指すべき道を再確認するうえでも注目のランキングとなっています。

※Forbes JAPAN Web 特集「インクルーシブ・キャピタリズムへの道」
https://forbesjapan.com/feat/inclusive-capitalism/

Forbes JAPAN編集長 藤吉 雅春 コメント

「言うだけ番長」は、時々、永田町で政治家を揶揄する際に使う言葉ですが、政界だけではありません。経営者や企業が、口だけSDGs、口だけサステナブルで企業価値を上げようとすることを「グリーンウォッシュ」と呼ぶようになり、厳しい視線が集まっています。そこで今月のForbes JAPANはその逆をランキング化しました。名づけて「最強のサステナブル企業100」。総合ランキングと6つの部門別ランキングで、サステナブル、つまり未来も持続可能な存在意義を発揮する「強い企業」をAIでランキング化しました。なぜ強いのか?その理由をぜひ参考にしてください。

■ Forbes JAPAN について(https://forbesjapan.com/

フォーブス ジャパンは『Forbes』の日本版として2014年6月に新創刊。グローバルな視点を持つ読者たちに向け、『Forbes』US版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。毎号ライフスタイル記事を同載し、読者へオンとオフの情報を発信しています。そのWeb版forbesjapan.comではForbes.comが日々配信する多彩な記事をキュレーション。本誌記事、専門性のあるオフィシャルコラムニストによるオリジナル記事と合わせ、読み応えのあるコンテンツを毎日配信しています。

フォーブス ジャパン 媒体概要

媒体名 :フォーブス ジャパン
刊行形態:月刊(毎月25日発売)
発行部数:80,000部
判型  :A4変形/無線綴じ
総ページ:150ページ前後
定価  :1200円(税込)
発行元 :リンクタイズ株式会社
発売元 :株式会社プレジデント社
編集長 :藤吉 雅春
発行人 :上野 研統
媒体資料:https://bit.ly/3gMPWI1

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット


※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ