化粧品廃棄ロスをなくす、メイク道具「ザ パレット」、えそらフォレスト株式会社 のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
化粧品廃棄ロスをなくす、メイク道具「ザ パレット」、えそらフォレスト株式会社 のSDGsへの取り組み

【業界初 新商品】化粧品廃棄ロスをなくす、サステナブルなメイクの提案。天然100%の原色から、自由に色を作り出せるメイク道具「ザ パレット」

2021年11月24日発売予定。9月17日10月25日まで「Kibidango」にて、クラウドファンディング実施中

えそらフォレスト株式会社(本社:福岡市中央区)は、大地から生まれた赤・青・黄・白のマザーカラー(原色)から、その日の気分で混ぜ合わせて自由に色を作り出し、アイカラー・チーク・口紅・コンシーラー等、様々なカラーメイクに利用できる【天然100%のフェイスカラーパレット:ザ パレット】を11月24日に発売いたします。

また発売に先駆けて「Kibidango」にてクラウドファンディングをスタート、10月7日(木)時点で達成率208%、10月25日(月)20時59分まで引き続き支援を受け付け中です。
https://kibidango.com/1945

自粛生活で色を失いがちな毎日に、誰かに見せるためではなく、わたしの魂が欲する色を載せる、心が弾む新しいメイク。えそらフォレストが手掛けるHolistic Careブランド・HANA ORGANICから、新色をもう買う必要なく、化粧品廃棄ロスにも貢献できるサステナブルなメイク習慣を提案します。

【製品特徴】

このパレット1つで無数の色が作り出すことができ、アイカラー、チーク、口紅、ハイライト、コンシーラー、手持ちのメイクの色調整にもお使いいただけるマルチユースパレットです。

筆と混ぜ皿もセットされて自由に色を作れるパレット筆と混ぜ皿もセットされて自由に色を作れるパレット

【色へのこだわり】
●すべての色の元となる色の3原色+白を、古来から日本で使われ日本人の肌になじみやすい赤(紅殻)、青(群青)、黄(黄土)で表現。そのままでも美しく鮮やかな色が楽しめ、さらに混ぜ合わせれば様々な自然なアースカラーが作れる、オーガニックコスメ研究室で厳選され用いられてきたマザーカラーです。
●白(白土)とシアーアップで濃度やツヤ感をコントロールすることで、彩度や明度、質感も自由自在に。

アイカラーはもちろん、リップ、チーク、マルチに使えます。アイカラーはもちろん、リップ、チーク、マルチに使えます。

【やさしさ・環境へのこだわり】
●天然100%、抗炎症作用のある植物エキスや白檀パウダー、精油を練りこんだスキンケアバームがベース。肌に優しく、石鹸でオフでき、落とすときも負担になりません。
●マイクロプラスチック無添加
感触改良のためにメイク用品に用いられることの多いナイロン-12などのマイクロプラスチックに当たる成分(直径5㎜以下のポリエチレンから作られたもの)は、環境への影響が懸念されているため配合していません。
●ナノ化成分無添加、タール色素無添加、カルミン(虫から抽出したコチニール色素)無添加

【詳細情報】

◆ブランド名:HANA ORGANIC
https://www.hana-organic.jp/
◆製品名:ザ パレット(フェイス用マザーカラー)
◆カラー:赤(紅殻)、青(群青)、黄(黄土)、白(白土)、シアーアップ
◆価格:5,830円(税込)
◆発売日:2021年11月24日

Kibidangoクラウドファンディング 実施概要

・プロジェクト期間:2021年9月17日~10月25日20時59分
・目標金額50万円 10月7日(木)時点で支援総額104万円 208%
・お届け時期:2021年11月下旬
・URL
https://kibidango.com/1945

HANA ORGANIC について

HANA ORGANIC は「本当のわたしに還るHolistic Care 」を提唱するブランドです。肌と心は表裏一体、宇宙と魂の境界線。その境界線が透き通っていれば、宇宙と繋がり響き合える。 HANA ORGANIC は、女性の肌と心が透明でいられることを願い、製品を提供しています。
https://www.hana-organic.jp/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ