話題のSDGsアイテムの1Lサイズが新登場、株式会社ハバリーズ のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
話題のSDGsアイテムの1Lサイズが新登場、株式会社ハバリーズ のSDGsへの取り組み

発売から1年、話題のSDGsアイテム、ハバリーズから1Lサイズが新登場

紙パックナチュラルウォーター「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER 330mL」1本の水から世界が変わる

株式会社ハバリーズ (本社: 京都市、代表取締役社長: 矢野玲美) は販売好調の昨年夏に参加型SDGsアイテムとして発売した紙パックナチュラルウォーター「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER 330mL」、多くのお客様の声により生まれた新しい1000mLサイズを発売いたします。
SDGsや脱プラスチックのムーブメントを背景にコロナ禍にも関わらず、大きく支持が広がっているハバリーズ330mLの発売開始から1年。「1本の水から世界が変わる」という想いのもと、ハバリーズは参加型SDGsアイテムとしてメッセージを発信してきました。SDGsに取り組む大企業や行政機関、サステナビリティを目標に掲げるブランドやホテルを中心に展開しているハバリーズですが、多くのお客様からのリクエストに応えて家庭でもオフィスでも楽しめる大きいサイズ「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER 1000mL」の販売を10月7日よりスタートします。

企業・行政・個人と世界中で環境保護意識が高まってきている昨今ですが、コロナ禍によって消費者の商品を選ぶ価値観にもこれまでにない速さで変化をもたらしました。在宅時間が増加した結果、これまで気づかなかったペットボトルごみの消費量の多さに向き合い、「脱プラ」や「プラごみ」への意識が高まったお客様が増えました。ハバリーズの価値観や取り組みに共感してくださった多くのお客様のリクエストによって、家庭でも楽しめる大容量1000mLが新登場です。

ハバリーズについて

①気候変動への対策
通常のペットボトルと比較してプラスチック使用量が約56%削減され、二酸化炭素排出量削減に貢献できます。(*1) また、地球温暖化リスクは約40%低減されることが証明されてます。(*2)
②FSC認証取得
ハバリーズに使用されている紙包材は全てFSC認証(*3)を取得。
ボトル側面にもFSCラベルを印字し普及に努めています。
③寄付
ハバリーズ330mL同様に、1000mLも1本につき1円を世界自然保護基金に寄付されます。
世界自然保護基金はFSCの設立当初より、その普及に力を入れています。
④リサイクル
飲み終えた後は送料無料のリサイクル回収を提案しています。(詳細は公式LPへ)
紙から紙への具体的な循環型社会に参画しませんか。
⑤SDGs
気候変動への対策のほか、国内の水源保全や女性のエンパワーメントなど包括的にSDGsを推進しています。

水を持ち歩くことは自然を持ち歩くこと、お客様に持続可能なライフスタイルへの一歩を踏み出していただきたい。その願いを込めてハバリーズ330mLに続き、1000mL大容量サイズにて日本のおいしいお水をお届けします。公式オンラインストアwww.havarys.comやAmazonにて販売します。

2020 年10月7日販売開始
1000ml 小売価格260 円(税別/参考価格)
1 本につき1 円を世界自然保護基金に寄付

公式オンラインストア: https://havarys.com/
公式ウェブサイト:https://havarys.jp/
公式インスタグラム: havarys_official
公式フェイスブック: havarys

【製品に関するお問い合わせ】
info@havarys.com

(*1)デンマークのLCA調査より(330mLボトル)
(*2)ノルウェーのLCA調査より(330mLボトル)
LCA(Life Cycle Assessment)とは製品やサービスのライフサイクル全体(原料の採取から生産、流通、消費、廃棄・リサイクル)における環境負荷を定量的に評価する手法。
(*3)FSC 認証は国際機関である森林管理協議会(FSC / Forest Stewardship Council)により、紙の原料となる木材が森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産されていること。またFSC CoC 認証はその木材を使用した製品が消費者の手に届くまでの加工・流通過程を認証するもの。

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ