「ヘンリーロンドン」がSDGsの観点から開発した腕時計、ウエニ貿易 のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
「ヘンリーロンドン」がSDGsの観点から開発した腕時計、ウエニ貿易 のSDGsへの取り組み

英国の腕時計ブランド「ヘンリーロンドン」がSDGsの観点から開発した腕時計4種の予約開始

「ヘンリーロンドン」公式オンラインストアにて予約受付開始

株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上昌弘)が日本総代理店を務める英国の腕時計ブランド「HENRY LONDON(ヘンリーロンドン)」は、サステナビリティや多様性への意識が高まり、SDGsなどの様々な取り組みがなされるようになった中、使い捨て電池を不要とし、男女ともに着用しやすい自動巻きの腕時計4種を、10月13日(水)より「ヘンリーロンドン」公式オンラインストアにて予約受付開始、10月20日(水)に一般発売します。

豊富なカラーバリエーションとヴィンテージ・ルックなデザインに定評のある英国の腕時計ブランド「ヘンリーロンドン」は、ブランド初となる機械式のペアウォッチを10月13日(水)よりブランド公式オンラインストアにて予約受付開始、10月20日(水)に発売します。

機械式ペアウォッチ発売までの背景

環境保護のため幅広い分野でSDGsへの取り組みが求められる昨今、時計業界も使い捨て電池を不要とする機械式時計に注目が集まっています。
使い捨ての電池に依存することなく、さらには”機械式は男性が着用する時計”というイメージを払拭すべく、SDGsの「つくる責任 つかう責任(=持続可能な生産と消費)」と「ジェンダー平等の実現(=男女平等)」の観点から、「ヘンリーロンドン」は機械式時計のペアウォッチを発売することとなりました。

家族や友人、恋人など大切な人とサイズ違いでお楽しみいただける「ヘンリーロンドン」のペアウォッチは、ヴィンテージ・ルックでユニセックスなデザインが特徴的です。女性が39mmの大きいサイズを、男性が34mmの小さめのサイズを着用いただいても、様々な腕のサイズに自然に馴染みます。今期の「ヘンリーロンドン」は、自由にファッションを楽しんでほしいという願いから計4種の機械式時計を発売します。

新作概要

色ごとに分けられたシリーズ名にロンドンの地下鉄の駅名が付けられている「ヘンリーロンドン」。
今回発売する新作は、ロンドン西部に位置する緑豊かな『CHISWICK(チズウィック)』、イギリス最大の老舗高級百貨店やブランドブティックが建ち並ぶロンドン屈指のショッピングエリア『KNIGHTSBRIDGE(ナイツブリッジ)』シリーズから登場します。

CHISWICK(チズウィック)

ロンドン西部に位置する緑豊かなチズウィック地区。その歴史は深く、1700年代に完成し故ダイアナ妃の祖先が住んだとされる貴族の館「チズウィック ハウス」もこの街に構えています。
文字盤にはフォレストグリーンを、レザーベルトにはライトブラウンを施すことでチズウィックの街並みを表現しました。

HL39-AS-0454 ¥36,300(税込)HL39-AS-0454 ¥36,300(税込)

HL34-AS-0456 ¥36,300(税込)HL34-AS-0456 ¥36,300(税込)

KNIGHTSBRIDGE(ナイツブリッジ)

イギリス最大の老舗高級百貨店ハロッズやブランドブティックが建ち並ぶロンドン屈指のショッピングエリア。その他にも高級レストランや博物館もあり、ショッピングと観光両方を楽しめるスポットです。
そんなナイツブリッジの華やかさと優雅さを、時計全体に再現しました。

HL39-AS-0457 ¥33,000(税込)HL39-AS-0457 ¥33,000(税込)

HL34-AS-0458 ¥36,300(税込)HL34-AS-0458 ¥36,300(税込)

ディテール

7時位置に施したオープンハート。ムーブメントの心臓部である“テンプ”の動きが堪能できます。

裏ぶたもスケルトン仕様になっており、ムーブメントの内部を楽しめます。

スペック
・ムーヴメント:自動巻き(MIYOTA 82S0)
・ケース素材:ステンレススチール
・防水:5気圧防水
・ベルト素材:レザー
・ベルトカラー:
ライトブラウン(HL39-AS-0454、HL34-AS-0456)
ミッドナイトブルー(HL39-AS-0457、HL34-AS-0458)
・その他:オープンハート、裏スケルトン

ヘンリーロンドンとは

1:ヴィンテージルックなデザイン  「ヘンリーロンドン」の第一の特徴は、アンティークウォッチのようなデザインを楽しめること。ドーム型のガラスやメッシュブレスといった、アンティーク時計のようなデザインが1万円台から手に入るのがブランドの魅力の1つです。

2:多彩なカラーバリエーション
「ヘンリーロンドン」はカラーバリエ―ションが豊富です。現在、日本国内では22色のバリエーションを展開。デザイナーがロンドンの街から着想した色を使っている為、カラーごとに分けられたシリーズには、ロンドンの地下鉄の駅名が付けられているのもユニークな点です。

3:最大60文字まで刻印できるメッセージ
「ヘンリーロンドン」の腕時計は、裏ぶたにお好きな言葉を最大で60文字まで刻印できます。日付やイニシャルなどではなく、メッセージを刻印できるので、大切にしている気持ちを相手に伝えることができます。心に残る贈り物にもぴったりなブランドです。

株式会社ウエニ貿易

時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※)を持っています。輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。ヴェルサーチェウォッチやヘンリーロンドンの日本総代理店を務める一方、メーカーとしてエンジェルハートやペッレ・モルビダを開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。※自社調べ

<公式ムービー>

  <以上>

【SDGs について】

SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。

2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGs目標としてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。

SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。

SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。

各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先の銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。


広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ