クローバーホールディングスの保育事業を柱としたESG経営

VOIX編集部 小川望海 更新 公開 SDGs
クローバーホールディングスの保育事業を柱としたESG経営

クローバーホールディングスのSDGsに関する取り組み/約25年ぶりの鳥取県発のIPOを目指す!

保育を柱に待機児童・保育士不足等の社会課題に挑む「クローバーホールディングス」株式投資型クラウドファンディングを開始

鳥取県を中心に17園を運営し、従業員約350人、売上高10億円を突破し、社会問題となっている待機児童問題の解決に尽力する保育事業を柱としたESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)経営を推進することで、25年以上果たせていない鳥取県発のIPOを目指すベンチャー企業 株式会社クローバーホールディングス (鳥取県 代表取締役:内田 隆嗣)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年8月29日(日)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/263

地域の課題を自らの力で解決する

株式会社クローバーホールディングスは、ESG経営の実現において保育事業を大きな柱と位置づけておりますが、そこで財産として蓄積した育成ノウハウを活用した人材育成にも注力していき、保育士の育成だけでなく、アスリートや芸能界を目指す人々のセカンドキャリアに対する不安も解消していきたいと考えています。具体的には、保育士資格の取得をサポートすると同時に、アイドルなど現役を続けながら通える学校を作っていきます。そのために株式会社ノブカンと共同で株式会社クローバーアカデミーを設立しました。
この度、更なるESG経営実践のため、「Social(社会)」および「Environment(環境)」に焦点を当てた取り組みの活発化、具体的には人材教育や畜産およびバイオガスへの参入を目指し、2021年8月20日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年8月29日~2021年8月31日、上限とする募集額は 87,792,000円(1口99,200円、1人 5口まで)です。

クローバーホールディングスの強みは、7期連続増収、売上高10億円の既存保育事業による安定した収益体制を構築している点です。また、株式会社クローバーアカデミーを設立し、そこでデュアルキャリアを実現する新たな人材育成の場「クローバーアカデミー」を運営していきます。このアカデミーには国民的アイドルグループAKB48の元メンバーである島田晴香さんを代表取締役兼校長に迎え、有名講師を招致していく予定です。
今後は待機児童にとどまらず保育士不足、芸能やアスリートなど夢を求める人のセカンドキャリア問題、さらには脱炭素社会の実現に向けた環境保全にも貢献することで、企業の成長を目指します。また、弊社は地元鳥取県の企業がIPOすることに強いこだわりを持っており、IPOを目指すにあたって具体的に内部体制の整備および強化も進めております。

■会社概要

  • 会社名:株式会社クローバーホールディングス
  • 所在地:鳥取県米子市末広町311番地
  • 代 表:内田 隆嗣
  • 設 立:2013年3月
  • 事業内容:保育所(小規模認可、企業主導型、認証保育園、認可)の運営、保育所の企画、コンサルティング等・URL    : https://clover-hoikuen.jp/
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ