プラスチック使用量30%*1を削減「ガム・デンタルリンス 本体+つけかえ用セット」

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
プラスチック使用量30%*1を削減「ガム・デンタルリンス 本体+つけかえ用セット」

サンスターグループ のSDGsへの取り組み、プラスチック使用量30%を削減「ガム・デンタルリンス 本体+つけかえ用セット」

10月20日(水)より、数量限定で従来品とのセット発売を開始

 サンスターグループ(以下サンスター)は「G・U・M(ガム)」ブランドより、歯周病菌を殺菌しハグキの炎症を抑えることで、効果的に歯周病と口臭を防ぐ液体ハミガキ「ガム・デンタルリンス960mL」の本体(ポンプタイプ)と、つけかえ用ボトルのセットを、2021年10月20日(水)より全国で数量限定発売します。
つけかえ用ボトルは、本体のポンプをつけかえて使用することで、従来品(ポンプタイプ)と比べ、プラスチックの使用量が重量比率で約30%削減できます。今回、本体とつけかえ用ボトルセットを販売するのは「レギュラータイプ」と「ノンアルコールタイプ」の2種類です。

【開発背景】
サンスターは、2021年3月にサステナビリティ活動を推進するための環境中長期目標を制定し、国内事業所70%への再生可能電力の導入や、他社と協業した容器回収リサイクル実証実験などの取り組みを行ってきました。この度発売する製品は、包装容器における環境負荷低減を目的としています。以前より、従来品に対して「ポンプを捨てるのがもったいない」との声をお客様から頂いていたことから、衛生面、耐久性、安全面に配慮しながらポンプタイプの従来品と比較してプラスチック量を約30%削減した、つけかえ用ボトル開発に至りました。さらに、セット包装についても従来のプラスチック製の袋から環境に優しいFSC認証紙の紙スリーブに変更し、21年度実績で合計3.4 tのプラスチック量削減を実現しています。
(参考:サンスター「サステナビリティ」ページ https://www.sunstar.com/jp/sustainability/

サンスターは、今後も環境に配慮し、省資源・省エネルギー・リサイクル・廃棄物削減に努め、環境にやさしい製品づくりを目指してまいります。

*1 ガム・デンタルリンス 960mL(本体)のポンプをつけかえて使用した場合(本体との重量比較)

【商品特長】
ガム・デンタルリンス レギュラータイプ/ノンアルコールタイプ (販売名:薬用G・U・Mデンタルリンスwa/wn)
液体ハミガキ 医薬部外品
お口のすみずみまで行きわたり、薬用成分CPC*2とBKC*3が歯周病菌を殺菌し、殺菌後の菌の破片(LPS*4)も吸着除去します。また、薬用成分GK₂*5がハグキの炎症を抑えて歯周病(歯肉炎・歯周炎)を予防します。また原因菌の殺菌により口臭を予防します。

*2 塩化セチルピリジニウム *3 塩化ベンザルコニウム *4 Lipopolysaccharide(リポ多糖) *5 グリチルリチン酸ジカリウム
※本品は液体ハミガキです。ブラッシング時にご使用ください。

【商品仕様】

【G・U・M(ガム)】
G・U・Mは、歯周病の原因菌の殺菌と原因菌のすみかである歯周プラーク(歯垢)の除去による歯周対策を目的としたオーラルケアブランドとしてサンスターから1989年に誕生しました。デンタルペースト、デンタルリンス、デンタルブラシ、歯間クリーナーをラインナップしている歯周病予防トータルケアブランドです。
G・U・Mブランドサイト http://www.sunstargum.com 

サンスターグループのSDGs重点目標

サンスターは事業を通して社会課題の解決に積極的に取り組んでいます。また、社会の一員としての責任を果たすべく、様々な活動を行っています。サンスターグループの長期ビジョン2032実現に向けた事業活動は国連が掲げるSDGs達成にも貢献できるものと考えています。


サンスターグループについて

サンスターグループは、持株会社サンスターSA(スイス・エトワ)を中心に、オーラルケア、健康食品、化粧品など消費者向けの製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・スイスSA(スイス)と、自動車や建築向けの接着剤・シーリング材、オートバイや自動車向け金属加工部品などの産業向け製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・シンガポールPte.Ltd.(シンガポール)を中核会社とする企業グループです。

<お客様からの商品のお問い合わせ先>
サンスターお客様相談室                          TEL:0120-008241(平日10:00~16:00土日祝除く)

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ