日立ソリューションズが「PRIDE指標」で「ゴールド」を3年連続受賞

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
日立ソリューションズが「PRIDE指標」で「ゴールド」を3年連続受賞

LGBTQに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」で「ゴールド」を3年連続受賞、株式会社日立ソリューションズ のSDGsへの取り組み

グループ会社2社も「ゴールド」を初受賞

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、LGBTQ*1等性的マイノリティ(以下、LGBTQ)に関する職場における取り組みの評価指標「PRIDE指標」の「ゴールド」を3年連続で受賞しました。さらに、グループ会社である株式会社日立ソリューションズ・クリエイトと、株式会社日立ソリューションズ東日本も「ゴールド」を初受賞しています。
 日立ソリューションズは、将来にわたり価値を創造し、持続的に成長するために、従業員の多様な価値観や経験を活かし(ダイバーシティ&インクルージョン)、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みを通じたイノベーションの創出をめざしています。一人ひとりが個々の能力を存分に発揮できる環境の実現に向けて、全従業員がLGBTQについて正しく理解し、受容する風土の醸成と、LGBTQ当事者が働きやすい制度・環境面の整備に取り組んできました。
日立ソリューションズは今後も、ダイバーシティやワーク・ライフ・マネジメントの実現を経営方針の一つとして、グループ一丸となって積極的に取り組んでいきます。

*1:Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender、Queer/Questioningの各語の頭文字をとった表現

関連記事: LGBTQに関する企業の取り組みを測る「PRIDE指標2021」の結果発表

 

 「PRIDE指標」について

LGBTQにとって働きやすい職場づくりを実現することを目的に、任意団体のwork with Prideが2016年に策定した指標です。Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つの指標から採点され、5点獲得企業・団体はゴールド、4点獲得企業・団体はシルバー、3点獲得企業・団体はブロンズとして表彰されます。
URL:https://workwithpride.jp/pride-i/

日立ソリューションズにおける取り組み

Policy(行動宣言)
取締役社長が「Myじんけん宣言」の中で、人権尊重の方針と、「性別、性的指向、性自認」等による差別や個人の尊厳を傷つける行為を行わない事などを宣言しています。
URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/csr/labor/diversity.html
Representation(当事者コミュニティ)
2017年に発足した社員有志によるAlly(自分事として捉え、共感して寄り添い、行動する人)のコミュニティは、勉強会や社外イベントへの参加など、積極的な活動を継続しています。本年度は、株式会社アウト・ジャパン主催の「LGBT-Allyサミット#10」や「FocusCore」、 U.S.-Japan Council主催のLGBTQセミナーに参加し、積極的に他社との意見交換の場を設けています。
Inspiration(啓発活動)
LGBTQに対する理解を促進し、従業員自ら考える機会として、「ダイバーシティ講演会」を毎年実施しています。本年度は、「LGBTとハラスメント~多様な性のあり方をめぐる『よくある勘違い』から~」というテーマで、11月30日に「LGBTとハラスメント」の著者・松岡 宗嗣氏による講演を予定しています。
Development(人事制度・プログラム)
家族の定義に「同性パートナー」を新設し、配偶者と同じ扱いとする福利制度を整備しています。また、社員や社外からの訪問者が誰でも利用できるオールジェンダートイレを整備しています。
Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)
「職場におけるLGBTハンドブック」やeラーニングを、NPO法人虹色ダイバーシティ監修の元で作成し、社内に展開しています。

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社日立ソリューションズ 人事総務本部 ダイバーシティ推進センタ[担当:須加、阪口]
E-mail:diversity-suishin@hitachi-solutions.com

※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

 

関連記事: 同性パートナーや同性事実婚カップル向け住宅ローン。LGBT住宅ローン 特集

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ