AGRIST(アグリスト)が投資家賞を受賞、SDGs、脱炭素の実現を目指すビニールハウスの構想が高く評価

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
AGRIST(アグリスト)が投資家賞を受賞、SDGs、脱炭素の実現を目指すビニールハウスの構想が高く評価

AGRIST(アグリスト)株式会社 のSDGsへの取り組み、地域貢献スタートアップイノベーションアワードで投資家賞を獲得

CAMPFIRE Startups主催の「地域貢献スタートアップイノベーションアワード2021」で投資家賞を受賞

AGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 代表取締役:齋藤潤一、以下 アグリスト)は農家の人手不足と高齢化の課題解決のため、ピーマン自動収穫ロボット「L」を開発しました。また、自動収穫ロボットに最適化された自社圃場(AIロボット農場)を建設し、再現性・収益性の高い次世代農業を全国に展開していきます。今回、このアイデアが株式会社CAMPFIRE Startups主催の「地域貢献スタートアップイノベーションアワード2021」で評価され、投資家賞を受賞しました。
【地域貢献スタートアップイノベーションアワードとは】

地域経済への貢献につながる革新的なアイディア、技術、ノウハウを生かした新規事業で全国展開し、各地における地域経済への貢献につながるスタートアップ企業や新規事業のビジネスプランを全国から募り、その地域貢献性、実現性、収益性、継続性、発展性について審査し、優秀なビジネスプランを表彰することにより、事業成長の機会とビジネス創出を目指すオンラインピッチイベントです。
また、オンラインで開催する二次審査は当社の運営する株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」にご登録頂いている個人投資家限定でリアルタイム配信を行い、個人投資家目線で投資をしたい、と思う企業に対する投票、及びその表彰も行ないました。

出典元:株式会社CAMPFIRE Startups プレスリリース 2021年12月16日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000027509.html

AGRIST株式会社について

アグリストはテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。2017年から宮崎県新富町の農家らと開催している「儲かる農業研究会」で自動収穫ロボット開発の要望を受け、2019年に設立されました。農業の収穫の労働力不足を解決する自動収穫ロボットを、地元農家と一緒に開発をしています。

ピーマン自動収穫ロボット「L」

「人をサポートするロボットが必要だ。」という農家の声を受け、開発されたのがアグリストのピーマン自動収穫ロボット「L」です。より多くの農家にロボットを使ってもらおうと、機能をシンプルにし手の届きやす価格のロボットがコンセプトです。アグリストのロボットを導入することで、人が取り切れなかったピーマンを収穫し、農業の人材不足という課題を解決します。人をロボットがサポートすることで100年先も続く持続可能な農業を実現目指して事業を展開しています。
(詳しい自動収穫ロボットの詳細:https://agrist.com/products/robot

【今後の展開】
本賞を受賞したことで、CAMPFIREグループ様並びに特別協賛のSBプレイヤーズ株式会社様の支援を最大限活かして、100年先も持続可能な農業の実現に向けた取り組みを更に加速して行きます。

【AGRIST株式会社 概要】
商号             : AGRIST株式会社
代表者            : 代表取締役兼最高経営責任者 齋藤 潤一
所在地            : 〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
設立             : 2019年10月
事業内容           : 農業ロボット開発事業・AI開発事業・ソフトウェア開発事業
ホームページ   : https://agrist.com
FaceBookhttps://www.facebook.com/teamAGRIST/
Twitter :https://twitter.com/agrist_inc
Youtube :https://www.youtube.com/channel/UCNsTwf0BvBXA-L17potl5MA
ロゴやアグリストの写真はこちらからご自由にご使用くださいhttps://agrist.com/media 

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ