箱根小涌園 のSDGsな地元名産品コラボ 第3弾 八重桜の「桜の湯」を開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
箱根小涌園 のSDGsな地元名産品コラボ 第3弾 八重桜の「桜の湯」を開催

SDGsな地元名産品コラボ 第3弾 八重桜の「桜の湯」 桜コーデで最大半額になるキャンペーンも開催!

箱根小涌園×小田原の梅の老舗 神尾食品工業㈱ 4/1(金)4/30(土)

箱根の小涌谷に位置する箱根最大級の本格日帰り温泉 箱根小涌園 元湯 森の湯(所在地:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297、支配人:松山元信、以下:元湯 森の湯)では、SDGsの取り組みの一環として、季節毎に神奈川の旬とコラボした変わり風呂を開催しております。この度は、神尾食品工業株式会社(所在地:神奈川県小田原市飯泉1102、代表取締役社長:神尾 賢次、以下:神尾食品)協力のもと、神奈川県西部の名産品八重桜を使用した「桜の湯」を4月1日(金)より開催いたします。

「桜の湯」で使用する八重桜は、神奈川県西部で栽培された名産品として名高い「関山」という品種で、鑑賞用だけでなく食用としても重宝されており、神尾食品では、加工して「桜茶」「八重桜の梅干し」「祝い花御膳」などの商品に使用されています。

八重桜「関山」

八重桜「関山」

この度は、元湯 森の湯で季節ごとに開催している、「SDGsな地元名産品コラボ」企画に、ご賛同いただいた神尾食品のご厚意で上記の商品を製造する過程で生まれる一般流通しない「つぼみの桜」を再利用してお客様に楽しんでいただきます。八重桜は、鮮度が重要な為、収穫後真っ先に塩漬け加工を行い、その後に選定する事から、製品化出来ない「つぼみの桜」が生まれてしまいます。

本企画の趣旨である「SDGsの観点から食品ロスを少しでも減らし、市場に出回らないものを最後まで有効活用するとともに、旬の地元特産品を広く知っていただく」をまさに実現した「桜の湯」では、桜のほのかな春の香りを感じながら温泉で体の芯から温まり、館内でも桜の装飾や桜にまつわる商品で春をよりお楽しみいただく事ができます。

SDGsなさくらのつぼみを使用した桜の湯

SDGsなさくらのつぼみを使用した桜の湯

隣接する箱根小涌園ユネッサンでは、「お花見温泉2022」と題して全館が「桜色」に染まるイベントを同時  開催しており元湯 森の湯でも「桜色」(ピンク)の小物を身に付けてご来園頂いたお客様は入場料が約50%OFFのお一人様800円でご利用いただけるキャンペーンも実施いたします。

元湯 森の湯では、お客様の心身の健康促進と地元の旬の恵みを身近に感じる機会としながら、ご来場いただく全てのお客様に安心してお過ごしいただけるよう、継続して新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底してお迎えいたします。

桜の湯 概要

  • 開催場所: 箱根小涌園 元湯 森の湯 陶器風呂
  • 開催期間: 2022年4月1日(金)~4月30日(木)
  • 営業時間: 終日  11:00~22:00(最終入館21:30)
  • 休 館 日: なし
  • 料金: 大人1,500円 / こども(3歳~小学生) 1,000円 (税込)

SDGsなさくらのつぼみを使用した桜の湯

SDGsなさくらのつぼみを使用した桜の湯

桜コーデキャンペーン 概要

衣服や靴・バッグにピンクが基調となるものを身に着けてご来園で最大50%off!

神尾食品工業株式会社 概要

梅干・桜花漬を中心とした漬けもののトップメーカー
梅の里かみおは数多いメーカーの中でも、優秀な技術と設備によって、常にトップメーカーとして躍進しております。
販売網は地元小田原を中心に東京・横浜はもとより、北海道から沖縄まで出荷し、 特に国内最高の観光地、箱根・熱海・伊豆地区の各販売店の店頭を彩り、旅の土産品として広く愛用されています。

公式HP

桜茶 化粧箱 540円(税込)

桜茶 化粧箱 540円(税込)

八重桜の梅干 540円(税込)

八重桜の梅干 540円(税込)


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ