バイザー株式会社と神奈川県松田町がSDGsソリューション「グッドシティ」を正式契約

VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
バイザー株式会社と神奈川県松田町がSDGsソリューション「グッドシティ」を正式契約

【バイザー株式会社】地域課題の解決を支援するSDGsソリューション「グッドシティ」を松田町と正式契約

概要

自治体向けの情報発信ソリューションを開発・販売するバイザー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:井上 正巳 以下「バイザー株式会社」)及び、松田町(神奈川県)は、2022年3月22日(火)に締結した包括連携協定の活動を推進するため、地域課題の解決を支援するSDGsソリューション「グッドシティ」を2022年5月11日付で正式契約いたしました。
  ▼包括連携協定に関してはこちら▼

グッドシティ 商品概要

グッドシティは、 SDGs取組推進を通じて地域課題の解決を支援するプラットフォームです。​自治体、住民、企業、団体がそれぞれSDGs活動への興味関心を持ってもらい、SDGsを自分事化して考えるきっかけを提供するツールで、SDGs宣言制度の運営、情報発信を通して地域SDGs活動の見える化と参加しやすい環境を支援するために、下記の機能を有しております。

  1.  手続きの簡素化(SDGs宣言の実施)
    制度の導入・運営経験がない自治体様に、運営時の負担が少ないデジタル申請および管理ができる機能を提供します。
  2.  情報発信サポート①(専用WEBサイトによる発信)
    サイトへの情報発信は、自治体職員だけでは負担が大きくリアルタイムの情報更新が難しいので、自治体職員だけではなく住民、企業、団体等の活動する人が、自ら情報発信できる機能を提供します。
  3.  情報発信サポート②(利用者間のマッチング)
    利用者間のマッチングができる機能でパートナーシップを促進し、自治体職員は、利用者への情報発信や利用者間のマッチングを一括で管理できます。
  4.  改善、活性化サポート(ローカル指標による管理、協働のまちづくりのための体制づくり)
    どのような活動に関心が高いかわからない。翌年度の活動をさらに強化したい。など、住民ニーズにあったまちづくりを行うために、住民の関心度が測れるローカル指標設定管理や利用者に対するアンケート調査ができる機能を提供します。優良活動、改善点の発見、各種計画、ビジョン作りに活用できます。

※SDGs宣言
企業や組織、団体などがSDGsへの取り組み方針を定め、持続可能な開発目標の実現・達成に向けた具体的な行動計画を宣言することに加え、SDGsへの関心を高めるための住民によるSDGs宣言が実施されている。

松田町の取り組み予定

松田町では今後、グッドシティを活用し地域創生を達成するため下記のような計画をバイザーとともに検討中です。

  • 町民、職員によるSDGs宣言を実施し、SDGsへの関心を高める。
  • 自治会活動を見える化し、若い世代の地域コミニティへの参加を促す。
  • 松田町と一緒に地域課題に取り組む企業・団体を募集し、SDGs宣言、活動の発信、マッチングによるパートナーシップで目標達成を促す。

バイザー会社概要

会社名 バイザー株式会社
代表者名 代表取締役社長 井上 正巳
所在地 名古屋市中村区名駅南2丁目14-19 住友生命名古屋ビル5F
設立年月日 2007年1月16日
事業内容 情報発信ソリューション開発・販売
ホームページ https://www.visor.co.jp/

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ優待とは
ミニオンカードを即日発行して映画を当日に安く見る方法
ネット銀行・ネットバンクの法人口座開設おすすめ、即日開設ができ審査通りやすいのはどこ?K
年会費無料のおすすめ法人カード
中小企業におすすめの法人カード・ビジネスカード
副業におすすめのクレジットカード 特集
初心者に人気のおすすめのクレジットカード
ナンバーレスクレジットカード おすすめ
アプリに即時発行してすぐ使えるデジタルクレジットカード
コンビニで還元率が最強のおすすめクレジットカード
三井住友カード(NL) とナンバーレスカードのデメリット
イオンカードキャンペーン 2023
三井住友カード(NL)キャンペーン2023
JCBカードW キャンペーン2023
楽天カード入会キャンペーン2023年
キャンペーン開催中、イオンカードミニオンとセレクトの違いとデメリット

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ