株式会社IntersectionがサステナブルやSDGsをテーマにした新感覚ショップ「Sustainable Think.(サステナブルシンク)」をオープン

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
株式会社IntersectionがサステナブルやSDGsをテーマにした新感覚ショップ「Sustainable Think.(サステナブルシンク)」をオープン

サステナブルやSDGsをテーマにした新感覚ショップ「Sustainable Think.(サステナブルシンク)」が新宿ミロード5階にオープン

アパレル製品・服飾雑貨のOEM/ODM生産会社、株式会社Intersection(東京都渋谷区 代表取締役:高田寛人)、ファッションデザイナーのササキハルキ(株式会社ikurahdesign 代表: 佐々木春樹) 、株式会社ペーパーパレード(東京都渋谷区 代表:和田由里子)の3社がタッグを組んで立ち上げた、サステナブルやSDGsを感じ考え購入できる新感覚のコンセプトショップ「Sustainable Think.(サステナブルシンク)」が、2022年5月18日に新宿ミロード5階にオープンします。

「Sustainable Think.(サステナブルブルシンク)」とは

サステナブルな商品を通じて、SDGsや地球環境について考え学ぶことのできるコンセプトストア「Sustainable Think.」。考え学びながら「みんなに紹介したい」「買って応援したい」「好きな人にプレゼントしたい」と思える、社会や地球環境に配慮した商品を展開します。

サステナブル開発商品の発表の場に

多くの新進企業や素材メーカーが、サステナブル商品に取り組んでいます。それは今後、より活発化するでしょう。ただ、その開発商品を発表する場がありません。このショップは新しいサステナブル商品の発表の場になります。Sustainable Think.は、サステナブルな商品開発のエコシステムを体現するショップでもあり、サステナブルな素材を開発する工場/メーカーなどが、クリエイティブから商品ローンチ、店頭販売までを一括で行えるラボショップの機能も持ちます。

「Sustainable Think.」の商品開発は、ファッションデザイナーのササキハルキ氏と株式会社Intersectionが行い、株式会社ペーパーパレードがクリエイティブを担当します。商品開発から販売ローンチまでのエコシステムを体現する、新しいかたちのコンセプトストアをお楽しみください。

このほかにも多数のブランドが出店を予定しております。

  ▼公式サイト
  ▼商品開発はこちらからお問い合わせください
  • info@sustainablethink.com

《株式会社Intresection》について

  • 会社名:株式会社Intersection (インターセクション)
  • 所在地:東京都渋谷区猿楽町30-3
  • 代表者:高田 寛人
  • 設立:2016年4月
  • URL:https://in-sec.com/
  • 事業内容:アパレル製品・服飾雑貨のOEM/ODM生産

株式会社イクラデザイン

ファッションデザイナーのササキハルキが代表を務めるデザイン会社。
ササキハルキ1974年生まれ。文化服装学院アパレルデザイン科在籍中より、TSUMORI CHISATOでアシスタントデザイナーとして働く。2000年に同学院を卒業後、2001年に株式会社ビギに入社し、FRAPBOISの立ち上げからアシスタントデザイナーとして働く。その後、フリーのデザイナーを経て、2005年にFRAPBOISデザイナーに就任。その後、2018年に株式会社ヘラルボニーの顧問に就任、2019年に取締役(CCO)に就任し、同社のクリエイティブを統括。

株式会社ペーパーパレード

アーティスト・タイプデザイナーの和田由里子と、クリエイティブディレクター・プリンティングディレクターの守田篤史による「紙と印刷の《無限の可能性》を探究する」デザインチーム。紙と印刷・加工技術に関する幅広い知見とタイポグラフィ、造形表現、デジタル表現を横断しながら、フィジカルかつ立体的な体験設計を手がける。また、工場や職人といった「作り手」とユーザーのより良い関係をつなぐコミュニケーションデザイン、ブランドデザインを得意とする。

【お客様からのお問い合わせ先】
  • 株式会社Intersection (インターセクション)
  • 担当:高田 寛人(タカダヒロト)
  • TEL:03-5784-2696 (10:00-18:00)
  • e-mail:info@sustainablethink.com

  <以上>

【SDGs について】

SDGs について
SDGsとは簡単にいうと「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。

2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGs目標としてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。

SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。

SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。

各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先の銀行に相談してみるのも良い方法です。

【SDGs宣言の無料掲載を受付中】
また、「VOIX SDGs」では、多くの企業のSDGs宣言を掲載させていただいており、SDGs宣言を公表された場合、当方の「お問い合わせ 受付窓口」に”SDGs宣言掲載希望”とご連絡いただければ、ご覧の「VOIX SDGs」に無料で掲載させていただきます。(現在、広告掲載は承っていないので、純粋に無料紹介記事の掲載となります)

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ