株式会社マスヒラガスがSDGs私募債の発行により資金調達を実施、中国銀行が引受け

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
株式会社マスヒラガスがSDGs私募債の発行により資金調達を実施、中国銀行が引受け

株式会社マスヒラガス発行のSDGs私募債「地域応援型」を中国銀行が引受け

中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取 加藤 貞則)では、私募債発行を通じ、地域社会に貢献する企業を応援しております。5月20日(金)に、株式会社マスヒラガスの『SDGs私募債「地域応援型」』の引受けと財務代理人を務めることとなり、その手数料の一部を社会福祉法人みたけ会へ同社と当行の連名にて寄附いたします。

SDGs私募債「地域応援型」の引受けについて

中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取 加藤 貞則)では、私募債発行を通じ、地域社会に貢献する企業を応援しております。5月20日(金)に、株式会社マスヒラガスの『SDGs私募債「地域応援型」』の引受けと財務代理人を務めることとなり、その手数料の一部を社会福祉法人みたけ会へ同社と当行の連名にて寄附いたします。

SDGs私募債「地域応援型」とは

SDGs私募債「地域応援型」は、SDGsに関連した地域社会への貢献を目的として、私募債発行企業からいただく手数料の一部で備品などを購入し、私募債発行企業が指定するSDGsに関連する先へ当行と発行企業の連名にて寄贈する私募債。

株式会社マスヒラガスと発行私募債の概要

  • 銘 柄 名 :株式会社マスヒラガス 第1回無担保社債(当行保証付および適格機関投資家限定)
  • 所 在 地 :岡山県笠岡市笠岡4918番地9
  • 代 表 者 :桝平 一郎
  • 業   種 :燃料・石油小売業
  • 売 上 高 :318百万円(令和3年9月期)
  • 発 行 額 :30百万円
  • 発 行 日 :令和4年5月20日(金)
  • 発 行 期 間 :5年
  • 返 済 方 法 :満期一括償還
  • 資 金 使 途 :運転資金
  • 寄 贈 先 :社会福祉法人みたけ会
  • コ メ ン ト :当社は、昭和36年5月に創業し、笠岡市内にてLPガスおよび燃料の販売をおこなっております。今般、SDGsへの取組みの一環として、地域の子どもたちの成長を願い寄附いたしました。今後も、生活のインフラを支える企業として地域の発展に寄与してまいります。

  <以上>  

【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、資金調達をすると同時にSDGsへの取り組みを簡単に実施できる新しく便利な融資商品です。
銀行に法人口座を開設すると利用でき、都市銀行から地方銀行が積極的に取扱っています。

私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。
VOIXでは他にも、資金繰りを楽にする「中小企業におすすめの法人カード」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ