伊藤忠商事が「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」を開設

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
伊藤忠商事が「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」を開設

「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」は、こどもたちが「遊び」を通して、自分なりのSDGsと出会える場所

ボーネルンドが協力し、伊藤忠商事が7月22日よりオープン

 ITOCHU SDGs STUDIO(東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden)は、未来を担う世代であるこどもたちが「遊び」を通して、SDGsの考え方を体験できる施設「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」(協力:株式会社ボーネルンド)を7月22日よりオープンします。

「ITOCHU SDGs STUDIO」はSDGsの取り組みの発信拠点として開設

 「ITOCHU SDGs STUDIO」は、2021年4月に「わたしが夢中のSDGs、はじまる。」をコンセプトに、あらゆるSDGsの取り組みの発信拠点として開設されました。本スタジオでは、伊藤忠商事だけではなく、外部の団体・個人の取り組みにも幅広くスポットを当て、企画展示/ラジオ番組など、様々なかたちで「自分に合ったSDGsに出会うきっかけ」を提供してまいりました。企画展へは幅広い年齢層の方にご来場いただき、来場者は延べ2万人を超え、紹介した取り組みも40以上にのぼります。

この度、開設から1年を迎え、大人だけでなく「未来をつくっていく“こども”たちにも夢中のきっかけを提供したい」という想いから、新施設「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」を開設いたします。

「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」の概要

  • 名称      : ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK(協力:株式会社ボーネルンド)
  • オープン日   : 7月22日(金)
  • 営業時間    : 09:30-17:30(最終入場 17:00)
  • 休館日     : 毎週月曜日(月曜日が休日の場合、翌営業日が休館)
  • 場所      : 東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden 2階
  • 入場料     : 無料(事前予約制)
  • 対象年齢    : 乳幼児~小学校低学年向け(小学校高学年も入場可)
  • 公式サイトURL : https://www.itochu.co.jp/ja/kidspark/

こどもの視点から、「遊び・PLAY」の中にSDGsに通じる学びや体験を設計

ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK。そこは、未来を生きるこどもたちが、それぞれのSDGsとの関わり方に出会える場です。企画設計にあたってはこどもたちの視点に立ち、「自然とやってみたくなる“遊び・PLAY”がある。その中にSDGsに通じる学びや体験がある。」ということを心がけました。SDGsをテーマにした4つのオリジナルエリア、SDGsを通じる玩具や絵本。
それらで遊ぶことを通してふと見つかる自由なアイデアや工夫が、生活の中でも活かせるSDGsのアクションになる。そう信じて、こどもたちにとってより良い機会を提供します。

協力パートナーとして「ボーネルンド」が参画

こどもたちに質の高い遊びと学び、そして安心安全な施設を提供するためのパートナーとして、株式会社ボーネルンドに協力をいただきました。同社は「遊ぶことは、生きること」をコンセプトに掲げ、これまで多くの遊び場プロデュースや多彩な知育玩具の販売事業等をしてきた実績があります。同社の培ってきたノウハウをお借りし、施設の企画・運営設計のサポートをいただきました。

こどもたちが「社会」と繋がり、共創するワークショップも開催

「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」では、SDGsをテーマにしたワークショップも開催します。常設遊具を用いた簡単な内容のものから、外部ゲストを招いたものまで、大小さまざまなワークショップを開催予定です。企画・運営には、伊藤忠商事だけでなく、SDGsに取り組む団体・個人の方々にも是非参画いただきたいと考えています。大人たちの取り組みに触れることはこどもたちを育てる機会となり、未来を生きる当事者であるこどもたちの発想に触れることもまた、大人たちの発見になります。大人とこどもという垣根を越えて、SDGsな未来を目指すコミュニティを共創するパートナーの皆さまのご参画をお待ちしています。

「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」の施設概要

ヒラメキオーシャン

“ヒラメキ”で、ゴミを新しい命に変える海。

プラスチックゴミが漂う海が映し出されたスクリーン。こどもたちが様々な種類のブロックを自由に組み合わせてつくった「海の生きもの」をスキャンすると、浮いていたプラスチックゴミが一つ消えて、きれいになった海へ生きものが泳ぎ出す。そんな体験ができるデジタルコンテンツです。実際にビーチクリーンで回収されたゴミをアップサイクルして作られたテーブルの上で、無限に広がるこどもたちのヒラメキと創造力が、海をキレイにするだけでなく、海で暮らす様々な生きものたちへ豊かさを与えてくれます。こどもたちは、ゴミ拾いをはじめとした自分たちのアクションが、多様な命が宿る海の保全に繋がることを学べます。

ステナイアトリエ

廃材を“ステナイ”で、アートに変える工房。

廃材には、こどもたちが見たことも触ったこともないものがたくさん。いろんな色や形を組み合わせて、文字や絵、立体などで「大切にしたい・好きなモノやコト」を表現する廃材アート体験を楽しむことができます。こどもたちの自由なアイデアで、捨てられるはずだった廃材にも無限の可能性が生まれるはず。身の回りで、“ステナイ”アイデアを活かせる場面があることに気づくきっかけを提供します。

キコエルフォレスト

動物たちの声が“キコエル”、自然豊かな森。

様々な動物たちがシルエットで描かれた壁に近づくと、その動物たちの鳴き声が自分だけに聞こえてくる不思議な森です。動物たちの声に耳をすまし、何の動物かを思い浮かべてみると、鳴き声を聞いたことがない動物が多いことに気づくはずです。多種多様な動物たちが共存する自然豊かな森の楽しさを体験し、動物たちを大切にする気持ちを思い出していただけます。

ナナイロスカイ

“ナナイロ”のボールで、虹をかけられる空。

7色のボールプールや白い雲のトランポリンで遊んだり、色分けされたカゴにボールを投げ入れてみんなで虹をつくったりすることができます。「分別することで、いい未来になること」を楽しく体験し、身近にできる分別の大切さや、協力することの楽しさへの気づきを与えます。

来場予約・SNS投稿でもらえる、オープン記念特典をご用意

「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」のオープンを記念して、2つの特典をご用意させていただきました。皆さまのご来場・ご参加をお待ちしております。

①オリジナルタンブラー プレゼント

7月22日(金)のオープン日にご予約いただいた方に、「ITOCHU SDGs STUDIOオリジナルタンブラー」をプレゼント。ご来場時に、お客様1組につき1個をお渡しさせていただきます。

②お好きな1ドリンクをプレゼント

オープンから8月末までの期間限定で、ITOCHU SDGs STUDIO公式Instagramアカウントを フォローいただき「KIDS PARK」の写真や感想を投稿いただいたお客様のご家族全員にお好きな1ドリンクをプレゼント。

「ITOCHU SDGs STUDIO」とは?

  • 「ITOCHU SDGs STUDIO」は、伊藤忠商事が運営するSDGsを様々な角度から切り取った情報発信・体験の場をつくり、「人と商いと地球」をつなぐカルチャープラットフォーム。
  • SDGsに関わる活動をされている団体等への展示スペース・SNS発信等の撮影スペース無償提供。
  • ラジオブース設置及び当社冠番組『J-WAVE SELECTION ITOCHU DEAR LIFE, DEAR FUTURE』における世の中の「SDGs」の取り組みを発信。
    (番組ナビゲーター:SHELLY氏)

「ITOCHU SDGs STUDIO」の場所

伊藤忠商事 東京本社敷地内 Itochu Garden

 ▼オフィシャルサイトURL:

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ