ストレッチ専門店「Dr.stretch」がウォーターサーバー利用でSDGsへの取り組みができるサービスを導入開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
ストレッチ専門店「Dr.stretch」がウォーターサーバー利用でSDGsへの取り組みができるサービスを導入開始

ウォーターサーバーの設置で、SDGsに貢献 『Dr.stretch』を展開する株式会社nobitelへの導入が決定

法人向け『カラダノートウォーターサステナブルプラン』

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をビジョンとし、家族と向き合う全ての人のアシスタントとして心身ともに健康な生活を支援する事業会社である株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)が運営する宅配水サービス「カラダノートウォーター」は、法人向け『カラダノートウォーターサステナブルプラン』を2021年6月より開始し、この度株式会社nobitel(東京都新宿区 代表取締役 黒川将大 以下、nobitel社)が運営するストレッチ専門店『Dr.stretch』全国約100店舗への導入が決定いたしましたのでお知らせいたします。

nobitel社の導入背景

株式会社nobitelは、「健康を通し多くの人の未来を大きくする」をビジョンとし、健康を維持するための要素を軸とし、総合的な健康増進産業の中でWEBやサービスの分野で事業を運営し、事業を通じて、日本の社会課題である少子高齢化および高齢化による社会保障費の増大の問題を解消に取り組んでおります。

この度『カラダノートウォーターサステナブルプラン』の、ウォーターサーバー導入企業がお水1ボトルを消費するごとに、子ども一人の約1日分のお米(※1)の支援に繋がるという取組に賛同いただくととともに、多くの人の健康を支え日本の社会課題を、事業を通じて解決するというnobitel社と当社の共通の企業理念に深く共感していただいたことから、同プランの導入に至りました。

導入概要

  • 導入店舗:業界店舗数No.1 ストレッチ専門店 『Dr.stretch』約100店舗
  • 導入時期:2022年7月31日以降

nobitel社 代表取締役 黒川将大氏コメント

「家族の健康を支え 笑顔を増やす」というビジョンを掲げESG活動を推進していらっしゃるカラダノート様と今回新しく「1ドリンクfor 1スマイル」を実現することができて大変光栄に思っています。
1人でも多くの家族に笑顔が広がるようにDr.stretchの店舗でストレッチの後はお客様にしっかり水分を摂っていただきたいですね。

今後のnobitel社と当社の展開

両社は、企業理念や事業を通じて解決したい社会課題等、多くの共通の志を持つことから、今後も本プランの枠組みを超えた2社共同での取組を展開したいと考えております。

詳細につきましては、現在協議中であるため、改めてご案内させていただきます。
両社は様々な取組を通じて、持続可能な社会に貢献し、企業活動および社会貢献活動を通じて日本社会、そして地球全体の一構成員として、サステナブルな社会の実現を目指してまいります。

『カラダノートウォーターサステナブルプラン』取組概要

『カラダノートウォーターサステナブルプラン』は、認定NPO法人フローレンス(東京都千代田区/代表理事:駒崎弘樹/以下フローレンス)と連携し、「カラダノートウォーター」のウォーターサーバー導入企業がお水1ボトルを消費するごとに、子ども一人の約1日分のお米(※1)の支援に繋がる取り組みです。(※2)

昨今、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済的打撃は、経済的な困難を抱える家族をさらに深刻な状況に追い込んでいます。令和元年の「国民生活基礎調査」によると「子どもの貧困率」は平成30年時点で13.5%と、7人に1人の子どもが貧困状態にあります。このような社会情勢ならびに企業活動におけるSDGsの重要性の高まりから、日頃消費しているものが社会課題の解消に寄与するとともに、食の支援を通じて子どもの笑顔に繋がる『カラダノートウォーターサステナブルプラン』を開始しております。

※1:文部科学省の定める学校給食基準を参考に、こども1人あたり1日に必要なお米を平均値化した216gを目安としています。
※2:寄付はお米などのお届けをきっかけに様々な課題を抱えた子育て家庭と”つながる”活動に活用されます。お届けする内容実際にお送りする場合はご家庭の状況等に応じて、食品・学用品・金券などから選択します。活動に付随する人件費、送料や手配料などにも使用させていただきます。

株式会社nobitelについて

  • 社名:株式会社nobitel
  • 代表者:代表取締役社長 黒川 将大
  • 所在地:東京都新宿区大京町22−1 グランファースト新宿御苑2F
  • 設立:1993年10月
  • 資本金(資本準備金を含む):4億8千15万6595円
  • 社員数:1308名(アルバイト含)
  • 事業内容:フィジカルフィットネス(Dr.stretch/WECLE)/EC・スポーツメディア/トラベル・ホテル/トレーナー育成スクール/デジタルソリューション/マーケティング
  • 公式サイトURL:https://corporate.nobitel.jp/

株式会社カラダノート 会社概要

  • 企業名 :株式会社カラダノート(東証グロース:4014)
  • 本社  :東京都港区芝浦3-8-10 MA芝浦ビル6階
  • 代表  :佐藤竜也
  • 事業内容:家族サポート事業 / DBマーケティング事業 / DX推進事業
  • URL    :https://corp.karadanote.jp/

<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
年会費無料 法人カード
中小企業におすすめの法人カードはビジネスカード
史上最強の法人カード、究極の3枚はこれだ!
副業におすすめのクレジットカード
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
楽天など個人カードも使える”請求書カード払い”は即日OK
初心者におすすめクレジットカード 特集
年会費無料の最強クレジットカードはどれ?
おすすめのナンバーレスクレジットカード 特集
カードレス クレジットカードのおすすめランキング
特選、即日発行してすぐ使えるクレジットカードアプリ
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードのお得な作り方 特集
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
ウエルシアカードのメリットとは
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPay 入会キャンペーン
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
審査なし、最新 後払い電子マネーアプリ
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
楽天モバイルのデメリットとは

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ