ハンディテクノ株式会社が持続可能な再生木材デッキ材「プレジィウッド ライトデッキ材」を発売

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
ハンディテクノ株式会社が持続可能な再生木材デッキ材「プレジィウッド ライトデッキ材」を発売

夏でも熱くなりにくい快適な再生木材デッキ材「プレジィウッド ライトデッキ材」を発売

独自の「独立気泡構造」により蓄熱しにくく、「熱容量・熱伝導率が低い素材」により熱さを感じにくい

再生木材専業メーカーのハンディテクノ株式会社(本社:東京都渋谷区南平台町15-8、以下ハンディテクノ)は、夏の直射日光でデッキ材が熱くなりやすいという点に着目し、夏も熱くなりにくい快適な再生木材デッキ材「プレジィウッド ライトデッキ材」を2022年7月に発売しました。

「プレジィウッド ライトデッキ材」は天然木材のような自然な風合いを持ちながら、耐候性が高く、メンテナンス性に優れた再生木材デッキ材です。

特徴

デッキも足も「熱くなりにくい」

独自の新技術である「独立気泡構造」でデッキ材自体が蓄熱しにくく、「熱容量・熱伝導率が低い素材」を採用したことで熱さを感じにくいデッキ材を実現しました。

施工負担軽減

独立気泡構造としたことで、当社従来品に比べて重量比72%と軽くなり、施工時の負担も軽減します。

環境性能

さらに、主原料である木(家具ボード廃材など)、プラスチック(ポリスチレン)は国内で回収されたリサイクル素材を使用しており、地球資源の循環利用を実現し、SDGsに貢献する製品です。

製品概要

新カタログ『ハンディテクノ再生木材総合カタログ2022』発刊のご案内

ハンディテクノが企画製造販売する再生木材「ハンディウッド」「エンヴィウッド」と新製品の「プレジィウッド」の全ての製品を掲載した再生木材総合カタログを2022年7月に発刊いたしました。

 ▼WEBカタログ

ハンディテクノ株式会社について

2004年の創業以来、再生木材専業メーカーとして「燃やさない、捨てない」を理念に、環境素材があたりまえの時代を目指し、再生木材製品の企画・開発・製造を行っています。

かけがえのない地球資源を有効活用した再生木材事業は、持続可能な社会を目指すSDGsの目標と多くの点で合致しています。

創業以来の製品である「100%リサイクル再生木材 ハンディウッド」はその環境性能や製品性能が評価され、ウッドデッキ、ルーバー、ベンチ等の用途において数多くの納入実績を重ねています。

  • 会社名:ハンディテクノ株式会社
  • 所在地:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-8
  • URL:https://www.handy-wood.com

<以上>

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ