サンコール株式会社が「竹炭サステナブル・オブジェ」を京都府庁へ進呈

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
サンコール株式会社が「竹炭サステナブル・オブジェ」を京都府庁へ進呈

サンコール、京都府へ自社竹炭事業よりサステナブル・オブジェ進呈 宮津市の竹害をクリーンに生かす

京都の自動車部品メーカー・サンコール(本社:京都市、社長:大谷忠雄)は2022年7月、同社にて製作した「竹炭サステナブル・オブジェ」を京都府庁へ進呈しました。(写真1)里山・竹害問題を周知するため、京都府のイベントなどで使用頂くことが期待されています。

写真1:(右)京都府農林水産部林業振興課長 塚脇様 (左)サンコール(株)金田業務執行取締役写真1:(右)京都府農林水産部林業振興課長 塚脇様 (左)サンコール(株)金田業務執行取締役

「竹炭事業」は、サンコールが京都府宮津市の放置竹林問題の解決をコンセプトに展開している地域貢献型サステナブル事業です。このたび進呈した「竹炭サステナブル・オブジェ」は、当社製品「竹炭」を配合して自作したオリジナル水性塗料を、京都府の誇る伝統産業「北山丸太」へ塗布した、PR用オブジェです。炭のもつマットな風合いを馴染ませ、北山杉の美しい木目を浮かび上がらせ、その美しさを引き立てています。

当社の取り組む放置竹林問題、里山資源の価値を広く世の中に顕揚することを目的として、竹炭事業チームの手により、企画・製作されました。今回の進呈先である京都府農林水産部林業振興課では、今後このオブジェを林業振興イベントなどで展示し、 府民の皆様への里山問題の啓発に活用することを予定されています。

展示される竹炭オブジェ 8月6日-7日京都市内「京都の木」イベントにて展示される竹炭オブジェ 8月6日-7日京都市内「京都の木」イベントにて

「困りごと」放置竹林をクリーンに生かす

宮津市は京都北端に位置し、天橋立で有名な自然豊かなまちです。京都府の竹林面積の約10%を有する同市は、荒廃した放置竹林が古来の生態系を侵食し、災害・獣害などを引き起こす「竹害」に悩まされており、竹資源の有効活用が市全体の課題となっています。

天橋立飛龍観(宮津市提供)天橋立飛龍観(宮津市提供)

 当社は2013年から宮津市の協力のもと、こうした放置竹林を伐採した竹を工場で炭化し、粉砕・分級した工業製品「竹炭」として販売するという新しいビジネスに取り組んできました。環境にやさしい製品化プロセスをモットーに、過熱水蒸気を用いた炭化装置により、竹を燃やさずに炭化しています。この方法により、通常野焼きなどでは大量に発生するCO2排出量を大幅に抑制しています。
このように作られた竹炭は独特なマットな風合い(漆黒性)・遮光性・高抵抗性をもつことから、他には無い機能材料として注目され、2018年から自動車のインパネ(インストゥルメンタル・パネル)用のインクの材料として採用されています。

かぐやひめの竹で蓄電事業

竹害エリアから伐採され乾燥された竹 宮津市にて竹害エリアから伐採され乾燥された竹 宮津市にて

 サンコールの竹炭は、京都の企業が京都/宮津産の竹のみを使用して京都で作った、まさに京都原産の炭です。かぐや姫伝説発祥の地である京都の竹林の竹であるという意味を込めて「京かぐや炭Ⓡ(読み:きょうかぐやすみ)」というブランドを打ち立て、さまざまな用途への拡販に取り組んでいます。平均3μ mという粒の細かさを生かして、建材塗料や、不織布に混ぜてスリッパ、衣類、鞄の材料へとバラエティ豊かな活用方法を編み出してきました。
近年注力しているのが、電極のキャパシタ用活性炭の開発です。高齢化社会への貢献を中期目標のひとつに掲げる当社は、メディカルデバイス事業として、脳卒中患者のリハビリ用歩行学習支援ロボットを製造しています。一般的に30分以内の限られた時間で、足の蹴りだしサポート等を行うリハビリ用途は、短時間で瞬間的な出力を得意とするキャパシタの特性に適しています。まずは竹炭キャパシタを自社のロボットへの搭載し、蓄電用途での実用化をすすめたいと考えています。

ロボットへのキャパシタ用途が期待されるロボットへのキャパシタ用途が期待される

サンコール株式会社 会社概要


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ