株式会社ウォーターマークがサスティナブル瓶ケーキ「Cakes in a Jar」を販売開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社ウォーターマークがサスティナブル瓶ケーキ「Cakes in a Jar」を販売開始

環境に配慮した『リターナブル瓶ケーキ』でスイーツからもSDGsを!東京えんとつ大手町カフェにて8月15日(月)より瓶ケーキ販売開始

地球や人に優しい循環型スイーツを続々販売開始!瓶返却でスイーツを割引きしお客様にも還元

株式会社ウォーターマーク(所在地:東京都港区赤坂、代表取締役:山下春幸、以下、ウォーターマーク)は、自社が運営する「東京えんとつ大手町café」にて、リターナブル瓶を使用し環境に配慮したサスティナブル瓶ケーキ『Cakes in a Jar』の販売を8月15日(月)より開始致します。Cakes in a Jar第一弾は“抹茶”、その後ヴィーガンなども続々と販売し、お客様と共に歩むSDGsを目指します。

Cakes in a JarCakes in a Jar

 ▼公式Instagram

これまでも社会貢献やSDGsに積極的に取り組んできたウォーターマークの食品ロスや脱プラスチックの新たな取り組みとして、リターナブル瓶を使った瓶スイーツを展開いたします。

スイーツ瓶を返却していただいた際に店頭商品を「1瓶につき¥50」割引きにてご購入いただけます。

瓶にケーキを入れることで一度に食べきれなかった場合もご自身の責任において冷蔵保管していただくことで、「食べ残したものは再度おいしく捨てずに食べられるように」と食品ロスの啓発も図ります。

また、美味しいケーキをたっぷり味わっていただきたいと、瓶は少し大きめサイズに、見ためも可愛く華やかにお召し上がりいただけるようお作りしています。

そんなリターナブル瓶ケーキの第一弾として、抹茶をラインナップ。
今後ヴィーガンなども続々販売し、スイーツから環境問題を身近に感じていただくきっかけづくりを目指します。

Cakes in a Jar 抹茶

Cakes in a Jar 抹茶

瓶スイーツで目指すSDGs
瓶スイーツで目指すSDGs

実はガラス瓶のリユースの歴史は古く、ガラスが普及し始めた明治時代には再利用するシステムが確立されていました。 繰り返し使用できるガラス瓶は“リターナブル瓶”と呼ばれ、最も環境に優しい容器と言われています。
年代によっては、駄菓子屋さんで瓶ジュースを買い、飲み終わった瓶を持っていくと瓶代が戻ってくる。という経験もあるのではないでしょうか。

意識せずとも昔から行っていた習慣的なSDGsがそこにはありました。
最近では「エシカル」という言葉に代わり、自分以外の他者や地域社会、自然環境などを思いやる、「思いやり消費」というライフスタイルとして注目を集めています。

童心にかえり大人が少しワクワクするようなエシカル体験をすることで、楽しみながら環境問題を子どもたちへ伝えていくことも大切にしていきたいですね。

リターナブル瓶

リターナブル瓶

株式会社ウォーターマークはこれまでも運営各店舗にて様々な「食」に関連するSDGsの取り組みを行なってきました。

今後も環境にも人にもやさしく、地球とくつろげる食生活作りに取り組んでまいります。

子どもたちへの味覚授業、WFP給食支援チャリティーの様子子どもたちへの味覚授業、WFP給食支援チャリティーの様子

 

店舗概要

  • 店舗名:東京えんとつCAFE大手町
  • 所在地:東京都千代田区大手町1−5−5大手町タワー地下2階
  • 営業時間:11:00~20:00 (土日祝日は19:00まで)
  • 電話番号:03−6273−4286
  • 定休日:OOTEMORIに準ずる

株式会社ウォーターマーク 会社概要

  • 会社名:株式会社ウォーターマーク
  • 所在地:東京都港区赤坂9-7-2東京レジデンシィズ1413
  • 代表者:代表取締役 山下 春幸
  • 設立:2005年12月
  • URL:http://www.wmk.co.jp/
  • 事業内容:飲食店の経営 食品の販売 飲食コンサルティング

HAL YAMASHITA
山下春幸
株式会社ウォーターマーク代表取締役
HAL YAMASHITA東京本店
オーナー兼エグゼクティブシェフ

1969年 兵庫県神戸市出身 大阪藝術大学藝術学部卒
WFP国連世界食料計画顧問。ひょうご食担当参与。
料理の見聞や技術、国境のない感覚を養うため世界各国で修業を積み、
素材の持ち味を最大に引き出す「新和食」を確立。
そのパイオニアとして国内外にて活動中。
その範囲はテレビ・雑誌等、各メディア、ホテルと幅が広い。

2010年シンガポール、2012年アラブ首長国連邦にて2大会連続して世界グルメサミットに 日本代表として出場し、2010年にはその年の最も優れたシェフとして称された。
現在は、国内外で和食からスイーツ業態など 9店舗展開しており、国際食品や国内外輸出入政府関係のアドバイザー、全国各地での指導・講演など、「新和食」や日本酒を広める活動を行っている。
今後も国内外に新和食の新たな店舗展開を計画中。


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ