株式会社地元カンパニーの「SDGsのギフト」により従業員へのSDGs浸透に活用

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社地元カンパニーの「SDGsのギフト」により従業員へのSDGs浸透に活用

従業員へのSDGs浸透に福利厚生やキャンペーンを活用

SDGsを考える物語と産品が地方から届くカタログギフトを利用

2022年4月の電通Team SDGsの調査(※1)によると、SDGsの理解や達成度についての認知率は8割を越えていますが、今後は「調達先・取引先といったビジネスパートナーの認知度を向上させていくことが今後の課題」とも言われています(※2)。こうした中、従業員や取引先へのSDGsの意識を浸透させようと、従来の研修形式に加えて福利厚生やキャンペーンを活用する企業が増えています。今回は、SDGsの意識浸透を目的に、つくり手の取り組みを想いと共に紹介する地域産品のカタログギフトを活用した3つの企業とその効果をご紹介します。

※1 第5回「SDGsに関する生活者調査」(電通Team SDGs)
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2022/0427-010518.html
※2 2022年3月10日朝日新聞デジタル「SDGsACTION!」
企業調査データの推移からわかる取り組みの進展と課題 ビジネスとSDGsの現在地【2】
https://www.asahi.com/sdgs/article/14566865

1.SDGs教育をめぐる企業の動向

NTTコム リサーチの調べ(※3)によると、SDGを意識した消費活動は不可欠と考える人はおよそ半数にのぼり、一方SDGsを意識した具体的な購入品目では食料品が65.8%とトップでした。このことから、食の消費活動に関わるコンテンツが消費者の意識に響きやすいということが考えられます。

また、積極的にSDGsに取り組むことは、社会的責任という文脈ではもちろんですが、採用や企業イメージ、顧客の購買行動など、様々な観点から非常に重要であるという認識が広まっています。
従来のSDGs教育は、社内の担当者が学習して社員教育をしたり、外部から講師を呼んだり動画視聴をしたりといった社内研修が一般的ですが、「担当者が他業務との兼務でリソースがさけない」、「研修を受けてもその場限りで浸透しない」といった課題もあります。そんな中、研修だけにとどまらず、福利厚生やキャンペーンでも意識を浸透させようと試行錯誤する企業が増えています。

※3 出典:NTTコム リサーチ「SDGs消費に関する調査結果」
https://research.nttcoms.com/database/data/002188/

2.SDGsのギフトとは

日本各地の地域産品を取り扱うカタログギフト「地元のギフト」を運営する株式会社地元カンパニー(本社:長野県上田市、代表取締役:児玉光史、以下地元カンパニー)が、2022年5月30日より販売を開始した「SDGsのギフト」。地元カンパニーが取引のある全国各地の約1000のつくり手にSDGsの取り組みについてアンケートを実施し、回答があったつくり手の中から、約70商品を掲載した地域産品のカタログギフトです。

受け取り手は、ギフトゆえに価格を気にせず純粋に商品の物語や取り組みを基準に選ぶことが出来ます。商品やものづくり、SDGsの取り組みについて知り、その中から注文商品を「選択」することで自分の中で大切にしたい価値を確かめ、商品が手元に届いて味わうことで、再度それを実感することができます。

 ▼販売ページ▼

特徴1

一つ一つの商品には、つくり手の人柄やものづくりにかける思いなど、取材に基づく物語や人物写真が掲載されています。受け取り手は商品そのものはもちろん、その背景にある物語や写真からも、考えるヒントや生き方のヒントを受け取ることができます。

特徴2

SDGsのギフトでは、「選ぶこともSDGs に繋がります」というメッセージのコンセプトペーパーがギフトと共に届きます。同ペーパーでは、SDGsに関するつくり手インタビューや、つくり手が実践する身近な活動について紹介し、親しみを持ってもらいやすい工夫があります。

特徴3

それぞれの商品カードには該当するSDGs項目のマークが掲載されている他、商品注文時の画面では、それぞれのつくり手の具体的な活動内容について知ることができる仕組みになっています。

強み

「SDGsのギフト」では、SDGsを意識した消費として最も注目されやすい食品を取り扱っているため、多くの人にとって親しみを感じてもらいやすく、考えるきっかけとして有効です

さらに、同ギフトにラインナップされているつくり手の活動項目は、企業が今後力を入れていきたいと考える項目【ゴール5、ゴール8、ゴール12】と合致しており(※2)、企業としてもSDGsに取り組むヒントや考えるきっかけに繋げやすいという強みがあります。

3.SDGsのギフトを導入した企業様

1)三井住友海上火災保険株式会社(創業1918年、従業員数13,453名(単体))

社内の表彰制度に毎年ご利用いただいている同社では、2022年に初めてSDGsのラインナップを導入されました。企業としてSDGsへの貢献を大きく掲げていることもあり、社員への意識浸透をより促進することを狙っての導入です。

ーSDGsラインナップを社員表彰に利用しました。

全社の模範となる活動で顕著な成果を表彰する、当社内最高位の表彰制度である「社員表彰」にて、利用しました。

ー社員間でも話題となり、改めて考える機会となりました。

会社としてSDGsに取組んでいることもあり、社員間でも話題となりました。受賞した社員にとっても、改めてSDGsについて考える良い機会となりました。今後も利用していきたいと思います。

2)エコワークス株式会社(創業2004年、本社:福岡県福岡市、社員数82名)

同社では、住宅を建築いただいたお施主様向けにホームオーナークラブエコの「わ」会を立ち上げました。うちアンバサダー活動(知人への紹介やSNS情報発信など)へポイントが加点されるサービスもあり、ポイントの交換商品の一つとして「SDGsのギフト」を採用して頂きました。

ーキャンペーンに「SDGsのギフト」を採用することで、担当社員のSDGs理解に新たな視点が加わりました。

当初、新しくSDGsカタログを作って頂きたいというご相談に快く応じて頂き、選ぶこともSDGs に繋がるという視点が加わりました。本当にありがとうございました。

ー「SDGsのギフト」の利用が、社内でSDGsを改めて考えるきっかけになりました。

カタログ配信は8月を予定しておりますが、ホームオーナーの皆様がカタログや受け取った商品をInstagramなどへ挙げてくださいますので更に考えるきっかけになると思います。

3)デザイン会社(東京都千代田区、社員数:50名)

取引先へのお中元を毎年有志社員からのコンペ形式で決定する同社では、アイディアが採用された社員にも同じお中元が贈られるという仕組みを導入しています。自分ももらえるというモチベーションから、本気度の高い提案ばかり。今年は20程度のアイディアの中から、「SDGsのギフト」が選ばれました。

ーみんなが幸せになれる商品だと思い、「SDGsのギフト」を提案しました。

お贈りした方やそのご家族が「地元の品を知るきっかけになる」「SDGsに貢献できて嬉しい気持ちになれる」=みんなが幸せになれるとても良い品だと思いました。「選べて楽しい」贈り物にも多様性があった方が宜しいかと提案しました。

ーSDGsのギフトを贈ったことで、取引先との間でSDGsについて話題になりました。

お中元の内容が子供にも面白味があるものであり、贈り先の家族間でSDGsについて学びを得ることが出来たとのことでした。その話を商談の中で聞き、社内間でも改めてSDGsの重要性に気づくことができました。

4.詳細情報

商品概要

  • 商品名:SDGsのギフト
  • 販売価格:4,730円(税込)
    (※今後別の価格帯も追加予定)
  • 販売元:株式会社地元カンパニー
  • 販売方法:専用ウェブサイト経由、営業経由( https://gift.jimo.co.jp/contents/sdgs/ 
  • 販売開始:2022年5月30日

会社概要

  • 株式会社地元カンパニー ( https://www.jimo.co.jp )
  • 事業内容:地元のギフト事業
  • 代表取締役:児玉 光史
  • 本社:長野県上田市蒼久保1049-10
  • 設立:2012年4月6日

カタログギフト購入についてのお問い合わせ

  • 担当:営業班
  • 電話:050-3200-0824
  • Mail:sales@jimo.co.jp

プレスリリースや取材に関するお問い合わせ

  • 担当:広報 座光寺
  • 電話:090-5664-8544
  • Mail:pr@jimo.co.jp

<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ