日本フォトガラスアート協会が「SDGSリサイクルガラスアートコンテスト2022」を開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
日本フォトガラスアート協会が「SDGSリサイクルガラスアートコンテスト2022」を開催

第1回SDGSリサイクルガラスアートコンテスト2022開催

SDGSの決定版!リサイクルガラスで作るガラスアート。参加すればするほど地球がきれいに!

設立10周年を迎える2022年。
SDGSの桑分け的存在である一般社団法人日本フォトガラスアート協会が、初のリサイクルガラスアートコンテストを開催します。全国から応募作品を募集、9月2日(金)~4日(日)の間優秀作品を展示します(東京都中央区京橋にて)。

一般社団法人日本フォトガラスアート協会は、2013年から10年間、廃材ガラスを再利用し、リサイクルガラスビーズにしたものを使って、全国の小学校や行政施設において環境学習授業を実施しています。

リサイクルガラスの再利用したワークショップ通して、環境の大切さ、リサイクルの心、そしてSDGSの意味を多くの子供たちに伝えてきました。

大型ショッピングモールや商業施設、ホテルや百貨店などでは、「リサイクルガラスアート体験イベント」を実施し、このリサイクル活動に多くの方が参加しています。どこでも大変人気が高く、どこでも長蛇の列ができるほど、多くの子供たちが「もっとやりたい」「楽しい」と言われている学び型イベントです。

この事業は、参加してくださる方が増えれば増えるほど、地球からガラスごみが削減され、子どもたちも楽しい、そしてSDGSの学びになるということで、大変好評を得ています。

 

そんな活動を地道に積み重ねてきた、一般社団法人日本フォトガラスアート協会が、今年10周年記念ということで、設立当初から計画していた「リサイクルガラスアートコンテスト」を開催いたします。

コンテストは「一般部門」「Kids部門」に分かれており、それぞれ優秀賞を決定。
優秀書のほか、準優勝、奨励賞を選出。優秀賞には賞金および賞状を授与。

審査の基準は、「うまさ」や「瀬光さ」だけではなく、楽しんで描いているかどうかも高ポイント!
どんな作品が決定したのか、ぜひ現地でご覧いただきたいと思います。

🏆ガラスアートコンテスト展示会場

  • NEWS京橋
  • 東京都中央区京橋3-10-1
  • 9月2日(金)~9月4日(日) 10時~17時

★取材及び報道関係の皆様へ
ぜひこの活動を応援していただけたら嬉しいです。


<以上>

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ