サボテンレザーの「「CACTUS TOKYO」がさくらんぼジェラートのプレゼントキャンペーンを開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
サボテンレザーの「「CACTUS TOKYO」がさくらんぼジェラートのプレゼントキャンペーンを開催

サボテンレザーを使用したサステナブルブランドの新秋特別企画|「贅沢さくらんぼジェラート」のプレゼントキャンペーン

2022/9/11まで、無料プレゼントキャンペーンを実施中!

サボテンレザーのサステナブルブランド「CACTUS TOKYO(カクタス トーキョー)」(運営:CACTUS)は、山形県のさくらんぼのロス削減と、エシカル消費への啓蒙を目的に、さくらんぼジェラートのプレゼントキャンペーンをリリースしました。ジェラートの生産は、山形県のさくらんぼ農家と、横浜で人気のスイーツショップとのコラボレーションによって実現しました。

プレゼント対象のさくらんぼのジェラートプレゼント対象のさくらんぼのジェラート

「ジェラート4個セット」をプレゼント!

  • 応募期間   :2022/9/1(木)~11(日)
  • プレゼント内容:
    さくらんぼジェラート 4個セット
    (佐藤錦 2個、ナポレオン&紅秀峰ミックス 2個)
    ※動物性の原料不使用のヴィーガン対応です
    ※送料弊社負担
  • 応募方法:
    CACTUS TOKYO 公式LINE@メニュー上の「応募ボタン」をタップするだけ
    (下記リンク先より可能)
    https://page.line.me/574uxklz?oat__id=733321&openQrModal=true

背景

野菜やフルーツは収穫時期が一定の期間に限られますが、その中でもさくらんぼの王様「佐藤錦」は6月中旬から下旬の約2週間に限られます。そのため、生で食べられなかったものはそのまま販売することができず、廃棄されてしまいます。

今回、そんなさくらんぼのロスを減らすため、余ったさくらんぼをジェラートにする本プロジェクトが立ち上がりました。さくらんぼは、「佐藤錦」の生産量で全国ナンバー1を誇る山形県の農家さんに対価をお支払いして買い取り、ジェラートの原料にしております。(他に、「ナポレオン」「紅秀峰」も含みます)

なぜ私たちが取り組むのか

CACTUS TOKYOは、「サボテン由来のレザー素材」×「日本の職人の最高峰の技術」をコンセプトにアクセシブルな高品質アイテムを提供し、ファッション産業の「環境問題」と「低賃金問題」を解決することを目指すファッションブランドです。

私たちは、ユーザーと最も近い接点を持ちうる「ファッションブランド」の可能性を信じています。そのため、ファッション産業の課題解決の先には、社会全体の課題解決を見据えて、普段から活動しております。

今回、CACTUS TOKYOと繋がりのある農家さんにおいてこのようなフードロスの問題が発生しているということを知り、急遽特別企画を実施させて頂きました。

生産においては、横浜に店舗を構えるスイーツショップ様に全面的にご協力いただきました。普段から様々なフルーツや野菜を原料にアイスを生産している技術を生かし、ヴィーガン対応でありながら、クリーミーかつさくらんぼをゴロゴロ贅沢に使ったジェラートを実現しました。

CACTUS TOKYOについて

CACTUS TOKYOは、「サボテン由来のレザー素材」×「日本の職人の最高峰の技術」をコンセプトにアクセシブルな高品質アイテムを提供し、ファッション産業の「環境問題」と「低賃金問題」を解決することを目指すファッションブランドです。

サボテンレザーはメキシコで開発され、「柔らかく、気持ちよい手触り」「傷や水汚れが付きにくい」「軽い」という優れた特徴を持ち、2020年のLVMHイノベーションアワードを受賞するなどファッション業界でもその品質を認められた素材です。また、レザー素材の少なくとも61%がバイオベース(=石油を原料としない)であることをUSDA(U.S. Department of Agriculture)に認証されています。既存の動物由来の本革や、石油由来の人工レザーとは異なる、環境負荷の低い「第3のレザー」として広まりつつあります。

また日本の皮革産業では、就労人口が1980年代以降の3分の1程度まで縮小する一方、国内外の低賃金労働者との価格競争により今後の更なる衰退が危惧されています。
私たちは、消費者、生産者、地球環境にとってより魅力的なブランドとなり、サステナブルな未来を実現していきます。


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ