株式会社Plalaがソーシャルプロダクトに特化した売らない小売店「söt」をオープン

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社Plalaがソーシャルプロダクトに特化した売らない小売店「söt」をオープン

日本初!エシカル商品を盛り上げるために、Social Goodな商品に特化した売らない小売店「söt」が、9月にOPENします。

株式会社Plala(所在地:大阪府大阪市、代表原田瑞穂、以下:Plala)は、サステナビリティやSDGsを推進する教育事業だけでなく、一般消費者に対してエシカルな行動促進をすべく、ソーシャルプロダクトに特化した売らない小売店「söt」を、9月13日よりOPENいたします。

売らない小売店「söt」について

地球にいいことするのって、ちょっと難しい。
社会にいいことをするのって、ちょっとハードルが高い。
でも、社会に悪いことをしたいわけではなくて、方法がわからないだけ。
方法さえわかれば、地球にいいことをしたいと思っています。
「エシカル」や「社会貢献」、「サステナビリティ」が少しでも日常に取り入れるハードルが下がる場所が、売らない小売店「söt – 地球にそっといいこと- 」です。
小さなアクションと選択の積み重ねで、世界は変えられると信じているからこそ、その選択肢を増やしたいと思いました。

売らない小売店とは?

昨今注目を浴びている売らない店とは、「売ること」を主目的としないショールーム型の店舗をさします。商品・サービス、ブランドの特徴やストーリーを伝えたり、実際に商品を触って品質などを確かめてもらったりすることを目的としています。

来店者は陳列されている商品の説明を受けても購入の選択を迫られることがないため、気軽に立ち寄って興味のある商品を体験することができます。常駐スタッフも売ることに切迫感を抱かずに接客ができるため、お客様とのコミュニケーションを大切にでき、心から「欲しい」「素敵」と思ったものに出会うことができます。

結果的に来店者は本当に欲しい商品を吟味して、後からネットなどで購入できるため、優れた購買体験につながるという発想の下で生まれました。

店舗について

売らない小売店「söt」は、大阪府和泉市にある商業施設のエコール・いずみ(所在:泉北高速鉄道「和泉中央駅」前)の中に新しくオープンする『INNOVATION PARK OSAKA IZUMI』に常設店舗としてオープンいたします。ここでは、全国のソーシャルプロダクトの中から、D to Cブランドの商品を中心に展示しており、Social Goodな商品に出会えるだけではなく、社会問題に関する新たな気づきも得られる場所です。

展示企業の情報について

※出展企業様を一部紹介しております。

(1)ジョッゴ株式会社 様

JOGGOは14色の革からカラーカスタマイズができ、世界にひとつだけのオリジナル本革製品がつくれるブランドです。

ジョッゴはバングラデシュにおいて安定した職に就くことが難しい人々を一流の革職人へ育成し、安定的な雇用と自身の仕事に誇りを持ってもらうことを目指し事業を運営しています。

  • 出展商品:革小物(財布/キーケース/ステーションナリー)
  • 販売サイト: https://joggo.jp

※出展企業様を一部紹介しております。

ブランド背景

ジョッゴ株式会社様はバングラデシュの貧困を皮革関連産業の雇用で解決することを目的に「JOGGO」ブランドを運営しています。
バングラデシュには、学校に行くお金がなく文字の読み書きができないことから、就労困難・貧困状況から抜け出せない人が多く存在しています。
そのような人たちを一流の革職人へと育成することで、経済的自立支援と「誇り」を持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

(2)株式会社三栄コーポレーション 様

iiriser

riser-イリゼ-は東日本大震災から8年経った2019年に福島で立ち上がったブランドです。震災から5年間、誰も住んではいけなかった街、南相馬市小高区にアトリエがあります。「あしたのじぶんをつくる」をコンセプトに、震災や避難を乗り越え前を向く女性たちがランプワーカーとして輝きながら、商品を通し、身に着ける方の暮らしやチャレンジを後押しするブランドとして、日々活動しています。

  • 出展商品:ガラス製品(Genseki ピアス / Genseki ピアス / ガラスストロー「ドット」20cm / ガラスストロー「チェック」15cm)
  • 販売サイト: https://iriser.owb.jp/shopping/

ガラスストロー「チェック」15cm

どんなにモノがあふれていても、本当に気に入った1つのものを大切に使い続けたい。そんな想いで、1本ずつ手加工で製作しました。化学物質が入っていない天然の素材ですので、口に入れても安心。口当たりもなめらかです。汚れも見えやすく、付属の洗浄ブラシで洗浄できるので衛生的です。食洗器や電子レンジでのご使用も可能です。

(3)WAcKA 

アップサイクルTシャツヤーンiTTo

人と人が手を繋ぎ、「できる小さな輪」が広がっていき、やがて大きなムーブメントが起こります。WAcKAは共感と環境循環の輪を繋げ、その思いを広げ、未来へ繋げていくことを掲げたアップサイクル事業を行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステナブルな社会実現を目指します。

  • 出展商品:アップサイクルTシャツヤーンiTTo / アップサイクルTシャツヤーンiTTo mini / 土にかえる❝ECO TAWASHi❞ 2枚セット
  • 販売サイト: https://itto0113.shop/

土にかえる❝ECO TAWASHi❞ 2枚セット

CORR-The Jute Worksは、WFTO世界フェアトレード連盟認証のフェアトレード生産団体です。バングラデシュの特産品であるジュートを中心に手工芸品を製作しています。農村部の女性たちの生活向上を目的に設立され、現在では全土に5000人以上の生産者とともに活動しています。 材料には二酸化炭素の吸収量が高く、温室効果ガス抑制に効果があるジュートを使用。使用中はマイクロプラスチックの発生を抑え、使用後は、土に還る素材であることも特徴的。縁取りにはインドやバングラデシュの民族衣装であるサリーをアップサイクルし、WAcKAらしさを演出、ポップな色合いが、洗い物を楽しませてくれます。

INNOVATIN PARK OSAKA IZUMIについて

『INNOVATION PARK OSAKA IZUMI』(以下、当施設)は、大阪府和泉市にある商業施設のエコール・いずみ(所在:泉北高速鉄道「和泉中央駅」前)の中で、若者からお年寄りまで全ての年代の方が集まれるイノベーションラボです。さまざまなコンテンツが含まれる当施設では、地域課題に対して企業様や学生が共になって解決し、様々な年齢層の個人や団体を問わず、人とのつながりや活動のwサポートするコンテンツや場所の提供を行います。

運営会社について

売らない小売店「söt – 地球にそっといいこと- 」を運営するのは、株式会社Plala。
当社は、「次世代に誇れる世界を創る」をミッションに掲げ、社会課題に本気で向き合うソーシャルカンパニーです。主に、企業向けに教育事業やソーシャルブランディング事業を行いながら、小学生から大学生に対しSDGsや社会課題の講義を行なっています。他にも、ワークショップやイベントなどを通して若者の社会課題意識の促進や社会貢献活動の支援などを行なっています。

会社概要

  • 会社名:株式会社Plala
  • 所在地(本社):〒531-0041 大阪府大阪市北区天神橋7丁目15-5好きやねん大阪ビル5F
  • 代表:原田 瑞穂
  • 設立:2021年
  • 事業内容:サステナビリティ関連の教育事業、ソーシャルブランディング事業、教材開発、サステナブルブランド事業
  • HP:https://plala-inc.com
  • 「今日からできるSDGs」ダイアリー:https://sdgs-diary.com/
 ▼問い合わせ先
  • 株式会社Plala 広報担当 千原由莉
  • Mail:chihara.plala@gmail.com
  • TEL:080-4707-6484

<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
年会費無料 法人カード
中小企業におすすめの法人カードはビジネスカード
史上最強の法人カード、究極の3枚はこれだ!
副業におすすめのクレジットカード
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
楽天など個人カードも使える”請求書カード払い”は即日OK
初心者におすすめクレジットカード 特集
年会費無料の最強クレジットカードはどれ?
おすすめのナンバーレスクレジットカード 特集
カードレス クレジットカードのおすすめランキング
特選、即日発行してすぐ使えるクレジットカードアプリ
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードのお得な作り方 特集
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
ウエルシアカードのメリットとは
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPay 入会キャンペーン
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
審査なし、最新 後払い電子マネーアプリ
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
楽天モバイルのデメリットとは

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ