RISE & WIN Brewing Co.が「reRiseビール」の受付販売を10月より開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
RISE & WIN Brewing Co.が「reRiseビール」の受付販売を10月より開始

ごみゼロの町『徳島県上勝町』からサーキュラーエコノミーを目指す第一歩。『reRiseビール』受付販売を10月より開始

ごみを資源化するサステナ・ブルワリーからの完全循環型クラフトビール誕生

RISE & WIN Brewing Co.(株式会社スペック)は2021年9月より導入した資源循環システム『reRise(リライズ)』を活用した初の完全循環型クラフトビールの製造に成功しました。この完全循環型クラフトビールを『reRise beer (リライズビール)』と名付け、2022年10月より新たなラインナップとして正式販売を開始いたします。今後この『reRise beer (リライズビール)』は当社クラフトビール製造におけるプラットフォームとなり、サーキュラーエコノミーを実現する為にKAMIKATZビールの全てのラインナップでの採用を目指します。

reRise PALE ALEreRise PALE ALE

reRise(リライズ)とは

reRiseの語源は「再起・再興」。私たち「RISE & WIN」が造った言葉で、上勝で実現したい循環型社会の世界を表す名称です。今回は、ビール工場の廃棄物を液肥にして原料(麦)の栽培をするという循環を作りましたが、上勝町には生ごみの課題以外にも、オムツ問題、ごみの回収問題、リサイクルできていない残り20%のごみなど、他にも解決していきたい課題が多くあります。私たちは課題を解決するテクノロジーを持つ企業や団体と協働し、上勝に魅力的な循環型社会(サーキュラーエコノミー)を作っていきたいと考えております。

完全循環型クラフトビール reRise beer (リライズビール)について

第一弾として、工場から出てくる「モルトかす」「濃度の高い排水」等を乳酸菌とアミノ酸を主体とした液体肥料に微生物分解することで、これまで廃棄されていた生ごみ残渣を資源化することが可能になりました。2021年よりその液肥を使ってビール原料である麦の栽培を同社醸造所の位置する徳島県上勝町にてスタート。町内において栽培・醸造・販売・廃棄物利活用のサイクルを実現しました。製造過程から出る廃棄物の課題は、ゼロ・ウェイストを理念とする「RISE & WIN Brewing Co.」にとって避けては通れない課題であり、自分たちが排出する廃棄物を無駄にすることなく有効活用し、ごみを資源化するサステナ・ブルワリーとして、サーキュラーエコノミー実現に向けた活動をこれからも広く展開する予定です。

2022年10月 メタバースを活用した受付販売開始

reRise beer のリリースに際し、この度『メタバース』空間(企画制作:株式会社alphaspace,シンビオシス株式会社)を新たな販売手段として採用することとなりました。このメタバース空間でメンバーシッププログラムの実施をはじめ、様々なサービスを展開していく予定です。

メタバース空間内のRISE&WINメタバース空間内のRISE&WIN

徳島県上勝町で2003年より始まった上勝ゼロ・ウェイスト宣言のもと作りあげられた資源循環型システム(reRise)を、メタバースを活用した体験型HPで日本国内外多くの方々に体感いただくことを目指します。今後Web3.0による限界集落からの地域活性化計画も取り入れ、DAOなどの新しいコミュニケーション手段の活用、ゼロ・ウェイスト、サーキュラーエコノミーの未来像などをメタバースを通して、”見て学ぶから体感して楽しみながら学び取り組む”を広めていきます。

関連会社情報

RISE & WIN Brewing Co.
(株式会社スペック)
株式会社alphaspace
シンビオシス 株式会社

<以上>

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ