サステナブル素材を使った国産ニットECモール「BLUEKNIT store」がオープン記念キャンペーンを開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
サステナブル素材を使った国産ニットECモール「BLUEKNIT store」がオープン記念キャンペーンを開催

サステナブル素材を使った国産ニットECモール「BLUEKNIT store」オープン記念キャンペーンとGOOD LIFEフェア2022出展のお知らせ

ご使用後のニットウェアはどんな状態でもストアで有償買戻しを行い、リセールかリサイクル原料としてサーキュラーエコノミーを回していきます。

株式会社島精機製作所(和歌山県和歌山市、以下「島精機」)は、国内のニットファクトリーが企画・生産する国産ニット製品専用オンラインショッピングサイト「BLUEKNIT store(ブルーニットストア)」では、2022年10月16日までの期間、お得なオープン記念キャンペーンを実施しております。

オープン記念キャンペーン

  • 会員登録いただくと1,000円分として利用できるポイントをプレゼント。
  • 更に10月16日までのご購入で1,000円分のオープン記念クーポンがご利用可能。

また、BLUEKNIT storeで販売している商品を実際にご確認いただくため、GOOD LIFEフェア2022に出展いたします。オンラインショップではお伝えしきれない、商品のクオリティを是非この機会にご確認ください。

展示会詳細

  • 展示会名:  GOOD LIFEフェア2022/SDGsマーケット
  • 期間:    2022年9月23日(金・祝)~ 25日(日)10:00~18:00(最終日 17:00まで)
  • 会場:    東京ビッグサイト(東3ホール)
  • ブース番号: F-05

ご来場者様ダブルプレゼント

GOOD LIFEフェア2022にご来場いただき、BLUEKNIT storeへの会員登録をしていただくと、バナナペーパー製のBLUEKNITロゴステッカーをプレゼント。更に、抽選で毎日10名様にリサイクルペーパー素材「Remateri」*1を使ったシークレット5本指ソックスをプレゼントします。*2

*1: Remateriとは牛乳パックなどからリサイクルされた古紙を含む環境負荷の少ない糸のブランドです。
https://camp-fire.jp/projects/view/357213
https://www.instagram.com/repayaprj/

*2: ソックスはサイズをご確認し、後日発送となります。当選の発表は発送を以って代えさせていただきます。

BLUEKNIT storeの取組み

BLUEKNIT storeは、繊維製品の国産化率を回復させ、島精機のお客様であるニットファクトリー各社のD2Cビジネスを応援すると共に、ファッションビジネスに関わる環境などの社会課題の解決をパートナー企業やクリエーターの皆様とおこなっていく取組みです。

BLUEKNITでは上記の取組みにより、サーキュラーエコノミーの実現に寄与します。

(1)サステナブル糸のこだわり
  • 土に還る糸、リサイクル繊維を主に活用します。
  • 天然素材:オーガニックコットン、獣毛、和紙、ジュート、生分解性再生セルロース、ポリ乳酸など
  • 再生素材:リサイクルウール、リサイクルコットン、リサイクル合繊など
(2)廃棄ロス削減に向けた取り組み

弊社独自のホールガーメント技術や成型編み技術を活用し、生産工程で生じる廃棄素材を極力減らします。現在のプロセスではどうしても少量の残糸が発生してしまいますが、それらを使った商品作りも積極的に発信していきます。余剰在庫を出さないように小ロット生産の体制、予約販売、受注生産を促進していきます。また、年間を通じて設備の稼働を安定させていくことを目指します。

(3)BLUEKNITの商品買戻し *3

BLUEKNITで取り扱っている商品を販売後、BLUEKNITのネームタグがついている商品はすべて買戻します。再び活用することが可能な商品は、洗濯や修繕後にリユース販売をします。また販売が難しい状態の商品は、資源としてリサイクル活用します。環境インパクト低減と経済活動を両立させるため、2〜3年での買戻し還元ポイントを最大にすることで、定期的な買い替えを提案していきます。

*3 : 商品買戻しは2022年末から開始予定

販売商品

横編みニット製品(プルオーバー、カーディガン、インナーウェア、ソックス、その他)

提供サービス

  • サステナブル素材を利用したニット製品販売
  • 不良在庫や廃棄素材を産まない生産方法、生産管理と販売方法
  • ご使用後のニット製品の買戻しと全量リセールあるいはリサイクル

参加ニットメーカー様(50音順)

  • 株式会社イノウエ
  • 有限会社佐藤ニット
  • 澤田株式会社
  • 株式会社寺田ニット

※参加ニットメーカー様募集中

協業パートナー

  • Kajihara Design Studio / テキスタイルデザインコンサルタント
  • BPLab / 繊維製品循環再生事業

ショッピングサイト

Instagram


<以上>

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ