親子で学ぶSDGs、株式会社三栄建築設計が「メルディアの森」にて植樹体験型イベントを開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
親子で学ぶSDGs、株式会社三栄建築設計が「メルディアの森」にて植樹体験型イベントを開催

親子で学ぶSDGs!メルディアの森 植樹体験&鈴廣かまぼこの里ツアー

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ 株式会社三栄建築設計(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三、以下「当社」)は、鈴廣かまぼこ株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:鈴木博晶、以下「鈴廣かまぼこ」)、神田交通株式会社(本社:神奈川県平塚市、代表取締役:井上雅己、以下「神田交通」)、株式会社湘南ベルマーレ(本社:神奈川県平塚市、代表取締役社長:水谷尚人、以下「湘南ベルマーレ」)、静東森林経営協同組合(本社:静岡県駿東郡、代表理事:小寺孝信)と共に、箱根と御殿場の山間に位置する「メルディアの森」において植樹を行う体験型イベントを開催いたします。

本イベントは、植樹の体験だけでなく、湘南ベルマーレトップチームの選手たちが使用するバスに乗り、「鈴廣かまぼこの里」にも訪れ、親子でSDGsを学びながら楽しめる盛りだくさんの一日イベントになっております。

開催趣旨

本イベントは当社主催の下、当社がオフィシャルクラブパートナーである湘南ベルマーレを通じ、同じくオフィシャルクラブパートナーである鈴廣かまぼこ、神田交通と共にSDGsを学ぶ体験型イベントとして開催します。

⽊造分譲住宅における国産⽊材の使⽤割合は低く、そのほとんどを海外からの輸⼊⽊材に頼っています。⽊造分譲住宅において、この国産⽊材の利⽤を促進することは、伐期を迎えた⽊々を伐採し、そこに新たに植林を⾏うことによって⼭の若返りを図り、国内の森林が持つ多⾯的機能(温室効果ガス削減、⽔源涵養及び⽣物多様性の保全)の維持回復につながります。戦後から植え、育てた森林から収穫(伐採)し、建築用材等として利用し、その跡地にまた植林を行い、育てる。この「伐る・使う・植える・育てる」というサイクル(森林資源の循環利用)を実現することで、適切な森林整備が確保されるとともに、森林の有する多面的機能が持続的に発揮されます。

今回の植樹にあたり伐採した木は、現在当社建築物件にて使用しており、間もなく完成いたします。本物件をご契約のお客様に関しましては、木材の故郷である「メルディアの森」の植樹にご招待をさせていただきます。木々が成長した後は、循環サイクルに則りまた当社の建築に使用する予定です。

湘南ベルマーレは、SDGs活動を推進するための“地域協創型デジタルプラットフォーム”の構築を開始し、パートナー企業同士による湘南地域へのSDGs活動を強化するための「SDGsプラットフォーム構想”SDGs engine”」として実施。今回は、SDGs項目のうち3つのゴールに各種体験型イベントを通じてアプローチしております。

当日は「鈴廣かまぼこの里」で森や川、大地の恵みをたっぷり含んだ魚を食べるだけでなく、鈴廣かまぼこの海と森や大地の循環型の産業モデルの取り組みに触れながら、具材を選んで練って、その場でアツアツの揚げかまぼこを堪能できるプログラムや、間伐材を利用した小田原の伝統工芸の寄木細工を体験するなど、豊かな自然を感じ、親子で楽しめるイベントが盛りだくさんの内容になっています。

昼食の後は、植樹エリア「メルディアの森」に移動し、参加者一人ひとりに苗木を植樹いただきます。

これらの取り組みについて知見を深めつつ、ぜひ体験プログラムを通し、親子で森と海の循環型社会を考えるきっかけになっていただけますと幸いです。

当社は日本の森林問題・環境問題を国産材の利用を通じて解決する目的として、木を植え、住宅用木材として利用することで循環型の森をつくり、今後も脱炭素社会を目指すために貢献してまいります。

木々の循環サイクル

「メルディアの森」の森にて伐採された木々。当社建築物件にて使用中。

イベント概要

  • 日  時:2022年10月23日(日)9:15~18:00(予定)
  • 参 加 費:こども(4歳以上、小学生以下)3,000円/1人、おとな(中学生以上)6,000円/1人

※参加費には、バス代、昼食代、各種体験費用が含まれます。平塚駅南口までの交通費は含まれません。
※小学生のお子さま以外に未就学児のお子さまが参加される場合は参加費が発生します。
※3歳以下のお子さまは無料ですが、バスは保護者の方のお膝の上でのご着席となります。
※3歳以下のお子さまで、鈴廣かまぼこの里での体験イベントをご希望される場合は別途、
体験費が発生いたします。お申し込みフォームにその旨ご記入ください。
参加対象:小学生とそのご家族、40組(予定)
※参加にあたっては、保護者様(1名以上)の同伴が必須となります。
※兄弟などお子さま複数名での参加については、保護者1名様以上のご参加で大丈夫です。
持 ち 物:作業用手袋(軍手など)、汚れても良い服装、運動靴
※植樹エリアまではバスを降車して20分ほど山道を歩いて移動します。
動きやすい服装、歩きやすい靴でご参加いただきますようお願いいたします。
※山道を歩いてのご移動が困難な場合は、スタッフが植樹エリア近くまで自家用車で輸送いたします。
お申し込みフォームにその旨ご記入ください。
申  込:https://form.jleague.jp/members/auth/index/BM/20163_nvdb_679?cid=nmkdbRpFull&mode=default&favopp=BM_20221023_sdgs
※お申し込み集計やご当選連絡などスムーズに行うため、お申し込みにはJリーグID
https://www.jleague.jp/special/jleague_id/)を取得(無料)する必要がございますので、未登録の方はまずJリーグIDを取得してからお申し込みをお願いいたします。
申込〆切:10月10日(月祝)20:00まで

当日のタイムスケジュール(予定)

  • 09:15        平塚駅南口 集合・出発
  • 10:15        鈴廣かまぼこの里 到着・各種体験(https://www.kamaboko.com/sato/
  • 12:00        昼食バイキング「えれんなごっそ」(https://www.elennagosso.com/
  • 13:00        鈴廣かまぼこの里 出発
  • 14:30        林道入口到着・徒歩移動〜
  • 15:00        「メルディアの森」植樹体験
  • 16:50        林道入口出発
  • 18:00        平塚駅南口 到着・解散

当落結果について

10月11日(火)以降に当落の結果をお申し込みいただいたメールアドレス宛にお送りいたします。meldia_forest@san-a.comから当選メールをお送りします。メールが受けられるように設定をお願いいたします。当選者の皆さまへは、本イベントの詳細情報及び参加費のお支払いご案内などをメールにてご案内いたします。なお、落選された方へおかれましては、キャンセルが発生した場合は優先的にご案内させていただきます。

その他、ご確認事項

雨天の場合

前々日の天気予報で催行日の予報が荒天予報である場合は中止となります。
中止の場合は、前日22日(土)の朝にメールにてご連絡をいたします。

参加費決済方法

参加費は、フォームを使用したオンライン決済となります。決済完了をもってイベント参加確定となります。
詳細は当選者の皆さまへ改めてご案内いたします。

参加の変更・取消について

予約後又は決済後に変更・キャンセルする場合は、事務局へお電話もしくはメールにてお知らせ下さい。

ご入金後の取消・返金について

お支払方法により返金方法が異なります。
クレジット精算をされた方は、お手続き頂いたクレジットカードへご返金させて頂きます。(名義:「親子で学ぶSDGs!メルディアの森 植樹体験&鈴廣かまぼこの里ツアー」運営事務局)
※当日のキャンセル(ご欠席)につきましては、参加費のご返金は致しかねます。

ツアー参加規約

本ツアーにご参加いただくにあたり、下記項目1~5の全てにご同意いただく必要がございます。

  1.  新型コロナ感染症対策の取り組みについて理解し、十分な対策をした上で参加いたします。また体調不良や平熱を超える発熱がある場合には参加いたしません。
  2.  ツアー開催中、主催者が設けた全ての規約、規制、指示に従います。
  3.  事故などが発生した場合、参加者の保障はツアーにかけられた傷害保険の範囲内であることを承諾します。
    また、他の参加者、主催者、会場管理者ならびにツアー関係者に一切の責任を問わないことを承諾します。
  4.  ツアー内で主催者ならびにメディア関係者が行った撮影における画像・動画については広報・広告物等への自由使用を認め、肖像権などを請求しません。
  5.  天災、事件、事故、疾病等により、ツアーの中止または変更が生じても異存が無いことを承諾します。
    ※中止の場合、参加費は返金致します

本イベントに関するお問い合わせ

「親子で学ぶSDGs!メルディアの森 植樹体験&鈴廣かまぼこの里ツアー」運営事務局

  • TEL: 03-5847-6288 Mail: meldia_forest@san-a.com
  • 営業時間:月曜日~金曜日 9:30~17:30 ※土・日・祝祭日休み

三栄建築設計とは

当社は、住宅とは公共の芸術であるとともに、建築主の人生における最大の夢の1つだと考えております。

当社の家づくりは、物件ごとに仕入・販売・設計・工事の各担当者が集まり、プロジェクトチームをつくります。全員で現地を確認しそれぞれがその場所を直に感じ、未来の住まい手のライフスタイルをチーム一丸となって思い描き、家づくりを行っています。

当社は「同じ家は、つくらない。」のポリシーのもと、社会的芸術性と個人的生活空間のプロデューサーとして、分譲住宅ひいては美しい街並みをつくり続けています。

会社概要

  • 会社名:株式会社三栄建築設計(コード番号:3228 東証プライム)
  • 代表者:代表取締役社長 小池信三
  • 本社所在:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32F
  • 事業内容:戸建分譲事業、注文住宅・請負事業、賃貸収入事業
  • 会社HP:https://san-a.com/

【協賛】

【協力】


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ