株式会社PIDがCO2・エネルギー削減業務システム「Cyanoba (シアノバ)」をリリース

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社PIDがCO2・エネルギー削減業務システム「Cyanoba (シアノバ)」をリリース

CO2及びエネルギー削減に関する業務システムを新たにリリース。サービス名称は「Cyanoba (シアノバ)」

 見える化・報告・削減に関する業務を、誰でも「かんたん」かつ「らくらく」に実践が可能に

ESGテックの株式会社PID(ピーアイディー/本社:東京都港区、代表取締役:嶋田 史郎、以下 「PID」)は、REIT向けとして日本最大級のコンサルティング会社の環境専門チームに利用され続けたカーボンニュートラル実現グリーントランスフォーメーション(以下、GX)ツールを提供していました。今後、誰でもどの企業でも「かんたん」かつ「らくらく」にCO2及びエネルギー削減にむけた業務を統合的に見える化・削減・報告の業務を実践できるようにすべく、本サービス名を「Cyanoba (シアノバ)」として新たにリリースいたします。

これにより、専門家が行う温室効果ガス領域の業務を、誰でも実践出来る業務になります。

 ▼Cyanobaサービスサイト

サービス提供の背景

私たちは、経済合理性の追求により世界を発展させ、素晴らしい世界を作って来ました。一方で、世界に対して様々な「歪み」も同時に産み出しました。

人為的なCO2の排出によって加速する気候変動による地球温暖化も「歪み」のひとつです。気候の変動を最小限におさえる脱炭素経済への移行は、人類全ての命運がかかった社会課題の一つと言えます。

しかし、「脱炭素経済への移行をする」と一言に言ってもまだ、専門的に行っているプレイヤーにしか、具体的に何をするのかが分からないのが実情です。また、経済合理性を考えないで脱炭素化の施策を進めてしまう事は、企業経営の圧迫をする一要因になると考えられます。これらのことから今後、脱炭素施策化を成功させるには、経済合理性を保ちつつ、CO2を減少させる二律背反する事象を両立させることが持続可能な脱炭素施策化を進めるにあたって不可欠になると考えられます。

「Cyanoba」の前身のSaaSは、アビームコンサルティングの環境エネルギー専門家チームを始め様々なコンサルタント会社に今も利用されております。特にREIT業界では多くのシェアを占めておりEUのESGスコアリング会社のシステムとAPI連携しております。

今後は専門家だけでなく、誰でもどの企業でもCO2及びエネルギー削減にむけた業務のうち、CO2の排出量及びそれらに不随するコストを統合的に見える化・削減・報告の業務を「かんたん」かつ「らくらく」に実践できることを実現します。

サービス概要

Cyanoba(シアノバ)は、脱炭素社会実現に向けた全企業及びその取引先、プライム上場企業並びにCO2削減支援業務を行うコンサルティング会社向けグリーントランスフォーメーション(GX)SaaSです。2050年の脱炭素社会の実現に向けて、GXへの取り組みが求められる中、「経済性」と「CO2排出量をゼロ」の両立を実現するために必要な機能を備えております。CO2の見える化だけでなく、CO2のサプライチェーン排出量の算定・削減に向けた対策の検討・GX戦略ロードマップの作成等を支援するGXマネジメントツールです。

 ▼Cyanobaサービスサイト

「Cyanoba (シアノバ)」の由来

現在、温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出により地球が温暖化することにより、地球環境が変化してしまい、人類にとって住みにくくなると言う人類の共通課題があります。そのため、カーボンニュートラルを促進することで地球環境を守ることが、本サービスの存在意義です。Cyanobaは、25億年以上前に地球上を生物が住めるような環境を作った微生物であるCyano Bacteria(シアノバクテリア)をリスペクトして名付けました。

株式会社PIDについて

PIDは「人々の時間をつくる」をビジョンに掲げ、はたらく人の業務を効率化すべく、カーボンニュートラル実現に向けたグリーン・トランスフォーメーション(GX)の推進を支援するクラウドサービス「Cyanoba」と、アプリ不要のチャットコミュニケーションツール「Dicon」の2つのSaaSを展開しております。

会社概要

  • 社名:株式会社PID
  • 所在地:〒105-0004 東京都港区新橋3丁目16-12 第一横山ビル2階
  • 代表者:代表取締役 嶋田 史郎
  • 設立年月日:2017年7月6日
  • 事業内容:ESGテック事業、Dicon事業、システム開発事業他
  • 公式サイト:https://pid-corp.jp/

本件に関するお問い合わせ


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
年会費無料 法人カード
中小企業におすすめの法人カードはビジネスカード
史上最強の法人カード、究極の3枚はこれだ!
副業におすすめのクレジットカード
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
楽天など個人カードも使える”請求書カード払い”は即日OK
初心者におすすめクレジットカード 特集
年会費無料の最強クレジットカードはどれ?
おすすめのナンバーレスクレジットカード 特集
カードレス クレジットカードのおすすめランキング
特選、即日発行してすぐ使えるクレジットカードアプリ
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードのお得な作り方 特集
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
ウエルシアカードのメリットとは
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPay 入会キャンペーン
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
審査なし、最新 後払い電子マネーアプリ
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
楽天モバイルのデメリットとは

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ