メディコムジャパンが生分解性&アレルギー抑制ゴム手袋「セーフクリーンゴーグリーン」を新発売

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
メディコムジャパンが生分解性&アレルギー抑制ゴム手袋「セーフクリーンゴーグリーン」を新発売

生分解性&アレルギー抑制ゴム手袋「セーフクリーンゴーグリーン」新発売

「We have a choice.」私達は選択します。人と地球に優しい手袋を。

A.R.メディコム・インク・アジア・リミテッド(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:藤原慎一、以下、メディコムジャパン)は、生分解性、かつゴム手袋によるアレルギーリスクを低減した人と地球に優しいニトリル手袋「セーフクリーンゴーグリーン」を発売いたしました。

製品開発の背景:ゴム手袋の問題点(廃棄の増加とアレルギーリスク)

世界のゴム手袋の流通量は感染意識の高まりから年々増え続け2021年では約4,200億枚に達しています。
そしてその内の約1/3程度は埋め立て地に廃棄されています。
大量生産、大量消費による世界的なゴミ問題は自然環境に大きな負荷をかけ、SDGsにも大きく関連しています。
さらに、ゴム手袋の使用機会が増えるにつれてゴム手袋の成分によるアレルギーを発症する方も増加し続けています。その中でもゴム手袋によるアレルギーで最も多いのが、天然ゴム、合成ゴム手袋の製造に使用されている「加硫促進剤によるTypeⅣアレルギー」と言われています。
今回発売された「セーフクリーン ゴーグリーン」はゴム手袋の使用における問題点となっている、廃棄の増加と使用者のアレルギーリスクを軽減する手袋として開発されました。

環境への配慮:通常の10倍以上の生分解性

一般的なニトリル手袋が生分解されるのには数十年の月日を要します。
「セーフクリーン ゴーグリーン」は酸素が少ない嫌気性の環境においても1~5年で生分解されます。埋立地での生分解は、微生物による自然なプロセスで行われ、土壌中の微生物が手袋を消化します。国際的に認知されているASTM D5511標準試験で測定されています。

世界中でゴミは増え続けています

私達はこの美しい自然を未来に残していきたいと考えています。

アレルギーを抑制する:天然ゴムラテックス&加硫促進剤不使用

近年ゴム手袋の使用によるアレルギーが増加していますが、アレルギーに関しては天然ゴムラテックス蛋白によるTypeⅠ即時型アレルギーとゴム手袋の製造過程で使われる加硫促進剤によるTypeⅣ遅延型アレルギーが主な要因となっています。

実際に、ゴム手袋を大量に消費する医療従事者の手袋による接触皮膚炎の80%が「加硫促進剤」に起因すると言われおります。アレルギーはいつ発症するかわからず、発症すると根治させるのはとても困難です。
アレルギーを発症しないためにはアレルゲンと接触しない事が重要です。

「セーフクリーン ゴーグリーン」天然ゴムラテックスフリーかつ加硫促進剤フリーのため、一般的なゴム手袋よりアレルギー発症リスクが少ないゴム手袋となっております。

「We have a choice.」 人と地球に優しい手袋を。

メディコムジャパンの「セーフクリーン ゴーグリーン」は従来の伸縮性やフィット感、強度、耐久性といった機能を損なわずに、生分解性と低アレルギー性という機能を付加した次世代型ニトリルグローブとなっております。自分自身だけではなく、世界と未来の地球の為に役立つゴム手袋です。
手袋をご検討の際は是非、選択肢のひとつとして加えて頂ければ幸いです。

メディコムグループについて

私達Medicomグループは1988年の創業以来、世界中の⽅々を感染症から守る事を⽬的に感染管理に真摯に取り組んでまいりました。今では世界95ケ国以上の何百万⼈という医療従事者をはじめとする多くのプロフフェッショナルの⽅々に製品を愛⽤して頂いています。また、その製品群は8,500品⽬にのぼり、納⼊先は政府、病院、⻭科医院、研究機関、産業分野等10,000施設以上の実績となっております。

販売拠点はカナダモントリオール本社を中⼼に北⽶、アジア、欧州、中東、オーストラリア等18拠点。製造⼯場は北⽶、アジア、欧州に11箇所。⽇本は2003年に現代表の藤原慎⼀によって設⽴され、国内でも多くの基幹病院、⻭科医院、⼯場、研究機関、ドラッグストア等に私達の製品を納⼊しています。


<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ